『子育てママの私が片づけに夢中になった理由(仮)』発売中
スポンサーリンク

無印良品「壁に付けられる家具」より秀逸!ベルメゾン「設置簡単壁掛けボックス」

カタログ通販で扱われているオリジナル商品は、普段なかなかお目にかかる機会がありません。そんなわけで、「ちょっと良いかも?」と思っても、二の足を踏んでしまう方も多いのではないでしょうか。

先日、ベルメゾンネットの商品を実際に見る機会に恵まれましたので、今回から数回に分けてご紹介してまいりたいと思います。

今回はまず、ウォールシェルフ好きの私にとってはたまらない「設置簡単壁掛けボックス」をご紹介しましょう。



ベルメゾン・設置簡単壁掛けボックス

iconicon

ベルメゾンDAYSの人気商品のひとつとなっている「設置簡単壁掛けボックス」は、その名の通り、石膏ボード壁に簡単に取り付けられるウォールボックスです。

同様の商品では、無印良品の「壁に付けられる家具」が有名ですよね。「壁に付けられる家具」のヒット以来、ニトリやホームセンターでも類似品が多く見られるようになりました。それ以前からウォールシェルフやウォールボックスに注目していた私としては、やっと時代が追いついてきたかという思いです(笑)

 

ウォールボックスをオススメする理由

片づけが難しいのは、ズバリ「小物」なんです。鍵とか、ペンとか。しまいこむと出し入れが面倒だし、どこに置いたか忘れてしまいがち。かと言ってそのために大きな家具を置くと、部屋は狭く見えてしまい、おまけに余計なモノを溜め込むことになってしまいます。電話台を置いたらその下に使いもしない古いタウンページが収まったままになってしまうなどというのはその典型的なパターンです。

ウォールシェルフやウォールボックスなどを壁に取り付ければ、小物を「チョイ置き」できる場所が確保できます。しかも、床に置く家具と違って部屋が狭く見えることはありませんし、コストもそれほど高くつきません。掃除も楽、模様替えも容易と、メリットがたくさんあるのです。

 

設置簡単壁掛けボックスが優れているポイント

それはさておき、ベルメゾンDAYSの設置簡単壁掛けボックスが優れているポイントを、無印良品の「壁に付けられる家具」と比較しながら説明してみましょう。主なポイントは以下の3つです。

  1. 安全性に優れている
  2. 壁にやさしい
  3. 価格が手頃

安全性に優れている

iconicon

無印良品の「壁に付けられる家具」は東洋工芸の「かけまくり」を使って石膏ボード壁に取付ける仕組みです。「かけまくり」ならワンプッシュで取り付けできますから、これよりも簡単に取り付けできる石膏ボード壁用の鋲は世の中に存在しません。

対して、ベルメゾンDAYSの設置簡単壁掛けボックスは小釘を何本も打つ必要があり、「壁に付けられる家具」に比べると全然簡単とは言えません。しかし、壁掛けパーツには仮止めピンが付いているので、他社類似品よりは取り付けが簡単です。

そんなことよりも、ベルメゾンDAYSの設置簡単壁掛けボックスはすごく安全にできているのです。無印良品の「壁に付けられる家具」は壁に取り付けたフックに本体を引っ掛けるだけの構造ですが、ベルメゾンDAYSの設置簡単壁掛けボックスは壁掛けパーツに本体を引っ掛けてから横にスライドすることで、下から押し上げても壁から外れることがないようになっているのです。

我が家では以前からレックのウォールボックス(現在は廃番)を使っているんですけど、時々、子供が頭を上げたときに頭をぶつけることがありました。レックのウォールボックスやベルメゾンDAYSの設置簡単壁掛けボックスは下から押し上げても壁から外れることはありませんが、構造上、無印良品の「壁に付けられる家具」は落ちる可能性があります。

あと、ベルメゾンDAYSの設置簡単壁掛けボックスは桐でできているため非常に軽く、無印良品の「壁に付けられる家具」の半分近い重量です。そのため、仮に落ちたとしてもケガをする心配が少ないと言えるでしょう。

壁にやさしい

ウォールボックスはMDF合板や桐の無垢材でできていることが一般的です。MDF合板でできているものは表面にプリント紙を貼ったりラッカー塗装を施したものが多いのですが、無印良品の「壁に付けられる家具」はタモやオークやウォールナットの突板(ウレタン塗装)を使っているので見た目が良いことが大きな特徴となっています。

一方、桐の無垢材でできたウォールボックスは多くがラッカー塗装です。ラッカー塗装は短時間で仕上げられるというメリットがありますが、変質しやすいのがデメリットです。そのため、壁紙を傷めたり、上に置いた小物が変質してしまう可能性があります。

対して、ベルメゾンDAYSの設置簡単壁掛けボックスはウレタン塗装です。ウレタン塗装は手間とコストが掛かりますが、塗膜が非常に安定しているため変質が少ないことが大きなメリットです。さらに、ベルメゾンDAYSの設置簡単壁掛けボックスは背面の角部にフェルトが貼ってあるため、壁を傷める心配がほとんどありません。

価格が手頃

無印良品ベルメゾン
約20cm2,290~2,490円
約45cm3,490~4,490円2,990円
約60cm3,490円
約75cm3,990円
約90cm5,490~6,490円4,590円
※価格は2019/01/25現在、すべて税込

無印良品の「壁に付けられる家具」は色によって材質が異なるため価格も変わりますが、ベルメゾンDAYSの設置簡単壁掛けボックスは材質はすべて桐の無垢材で3色いずれも同じ価格となっています。

それほど大差ない価格とは言え、ベルメゾンDAYSのほうが少し手頃です。しかし、材質のコストを考えれば妥当な違い、もしくは無印良品のほうが割安と言えるかもしれません。

 

もちろん、材質もデザインもサイズも異なりますので、単純にどちらがお得かということで買うことはないと思います。ベルメゾンDAYSのほうが一回り大きいサイズであることも、モノが収めやすい半面、圧迫感が強くなる可能性もあります。

ともあれ、ベルメゾンDAYSの設置簡単壁掛けボックスが、安全性に優れ、壁にやさしく、価格も手頃であるということは間違いありません。ウォールボックスの購入を検討されている方には候補のひとつに加えていただきたい逸品だと思います。

関連記事

無印良品「壁に付けられる家具」など石膏ボード壁に取付可能なウォールラック3選
お片づけブログメディア”cataso(カタソ)”に収納マンの新しい記事が公開されましたのでお知らせします。 ⇒ ”「チョイ置き」のススメ!壁に棚を取り付ける3つのメリット” ”ウォールラックが注目”だなんて、「何を今さら...
ニトリ版「壁に付けられる家具」はドウシシャの壁掛け飾り棚だった!
無印良品の「壁に付けられる家具」に似ているニトリの「ピンで取り付ける壁掛け飾り棚」は実はドウシシャの商品でした。「壁掛け飾り棚シリーズ」という商品で、無印良品に比べて取り付けに手間が掛かるのが難点です。
無印良品の類似品!?オスマック「壁に付けられるすのこ」&「すのこに掛けられる家具」
無印良品の「壁に付けられる家具」の登場以来、石膏ボード壁用のウォールラックが様々なメーカーから続々と登場しています。 そんな中、新たに登場した商品のネーミングが実に紛らわしいのです。オスマックという大阪のメーカーが作っている「壁に付け...
【石膏ボード壁用フック6選】100均で手に入るものから壁にまったく穴を開けないものまで
100均で買えるものも含めて賃貸でも気軽に使える石膏ボード壁用フックを6つセレクトして紹介します。ワンプッシュで使える100円ショップのプッシュピンや東洋工芸のかけまくり、3プッシュの和気産業・Jフック、ホッチキスを使う若林製作所の壁美人、ウェルスジャパンのキズが超小さいフック、接着タイプの清和産業・くりぴた。

コメント