クローゼットの扉が邪魔!どんな風に収納したら良いかコツを伝授!

クローゼットの扉に隠れた部分の収納のコツ

クローゼットの扉(折れ戸)に隠れた部分をどのように収納すれば良いか・・・?確かにクローゼットの端は折り畳まれた扉の厚み分と壁に隠れた部分があり、引出式衣装ケースを置いても引き出せなくなってしまいます。今回はこのクローゼットの端の部分をどうやって収納に活用したら良いかについて紹介したいと思います。



上のほうは「ゆとり」と考える

上のほう・・・洋服を掛ける部分については「ゆとり」と考えたほうが良いでしょう。クローゼットの扉に隠れていない部分は目いっぱい洋服を掛けて、洋服を出し入れするときは掛けてある他の洋服を左右に押し分けます。その押し分けるための「ゆとり」と考えるのです。そう考えれば、クローゼットの扉に隠れた部分は決して無駄ではないですよね。

壁面を利用して小物掛けに


それでもクローゼットの端のスペースが無駄に感じるようであれば、ベルトやスカーフなどを掛ける収納スペースとすると良いでしょう。石膏ボード壁の場合はまずかけまくりを取り付けて、そこに上写真のようなベルトハンガーを引っ掛ければOK。かけまくりに直接ベルトなどを引っ掛けても良いですね。

下の隅は紙袋のストック場所にするのもグッド

クローゼットは床に引出式衣装ケースを積み重ねるのが基本ですから、引出式衣装ケースとクローゼットの端の壁に挟まれたスペースは何とも使い勝手の悪い場所です。でもだいたいどこのお宅でもストックしている紙袋を収納するにはピッタリな場所と言えます。狭いすき間ですが、紙袋なら上から引っ張り出しやすいからですね。

そのほか、紙袋に入るようなものなら同じように出し入れしやすいことが分かるはずです。スーツを持ち運ぶときに必要なスーツカバーや、革製のバッグを買ったときに入っていた布袋など。そういうものを紙袋に入れて収納すれば比較的使い勝手が良いと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
スポンサーリンク