『子育てママの私が片づけに夢中になった理由(仮)』発売のお知らせ
スポンサーリンク

DIYで洗濯機上のスペースを有効活用!洗面脱衣所に洗濯用洗剤やタオルなどを収納

洗面脱衣所の収納を使いやすくしたりスペースを有効活用したい場合、チェックすべきポイントは洗面化粧台の下と横、それと洗濯機の上と横であることは先に述べた通りです。ただ、洗面化粧台の下は工夫しても収納スペースが増えるわけではなく、また洗面化粧台や洗濯機の横に隙間すらないということも多いと思います。そう考えると、洗濯機の上のスペースは収納スペースを増やしたり使いやすくすることで改善が見込みやすい非常に重要な場所であることが分かります。

そんなわけで今回はまず、DIYで洗濯機上のスペースを活用する方法を紹介したいと思います。

 

かけまくりを使って洗濯機上に棚を取り付ける

洗濯機上のスペースに棚を取付

のっけから我が家の事例で恐縮ですが、かけまくりとカラーボード(化粧棚板)で棚を壁に取り付けるというのもひとつの方法です。

かけまくりとカラーボードを使った方法の最大のメリットは、賃貸住宅でもOKであること。また、棚板がフラットでモノが置きやすく、見た目もスッキリすること。比較的、低コストだということです。

耐荷重もそこそこは期待できると思います。幅にもよりますが、10kg以上はまったく問題ないはずなので、下着やタオル、バケツなど軽いモノなら全然OKです。一方、コンパクト洗剤をいくつもストックしたりすると耐荷重オーバーとなってしまう可能性がありますので注意が必要です。

ちなみに、この方法は壁美人にインスピレーションを得て試した方法ですが、壁美人で同様のことをやろうとすると5,000円くらい掛かってしまうのが難点です。



棚受け金具を使って洗濯機上に棚を取り付ける

玄関のところでも登場しましたが、ケージーワイ工業のプラスターブラケット。このような棚受け金具を使えば、前述のような難しいことを考えなくても、比較的容易に洗濯機上に棚を取り付けることができます。

プラスターブラケットは石膏ボード壁用なので耐荷重は大きくありませんが、木ネジで固定する一般的な棚受け金具であればもう少し耐荷重は期待できます。取り付け方などにもよりますけど、コンパクト洗剤をいくつか乗せることも可能だと思います。

現在のところ、石膏ボード壁用の棚受け金具は選択肢がほとんどないですが、木ネジで固定するタイプだとデザインは結構良いものがいくつかあります。そういうものをチョイスしてもらえば、見た目に野暮ったくなることもありません。

 

ガチャ棚を使って洗濯機上に可動棚を取り付ける

ガチャ棚(ダボレール、棚柱)を壁に固定して、カラーボードを上に乗せれば、可動式の棚を洗濯機上に作ることができます。一般的には木ネジで固定する必要がありますが、サヌキのCoconi・棚柱取付け用ピン固定パーツを使用すれば、石膏ボード壁に取り付けることも可能です。

可動棚なので、使い勝手は非常に良いです。また、ガチャ棚を用いると、点ではなく線で支えることになるため、耐荷重もそこそこ期待できます(耐荷重=30kg)。棚板を1枚だけ取り付ける場合はコストパフォーマンスは良くないですけど、2枚以上取り付ける場合は逆にコストパフォーマンスが良いと言えるでしょう。

 

以上、石膏ボード壁でも大丈夫な方法を中心に3つの方法をご紹介しました。洗濯機ラックなどを設置するのに比べると、DIYで棚を取り付けるのはちょっと面倒だったり、耐荷重の心配があったり、少なからずリスクはあります。でも見た目にスッキリさせることができるのがメリットなので、私はオススメしたいと思います。

コメント