『子育てママの私が片づけに夢中になった理由(仮)』発売中
スポンサーリンク

ルンバ等と比較してエコバックス「DEEBOT OZMO T8」を選んだ理由

ECOVACS(エコバックス)の「DEEBOT OZMO T8」

私はロボット掃除機の購入を検討するにあたり、最初はアイロボットの「ルンバ」一択でした。ロボット掃除機ではルンバがもっとも売れており、信頼性が高いと考えていたからです。

しかしながら、調べていくうちにルンバは価格が高い割りに、今となっては先進的ではない気がしてきました。そのため、ほかの選択肢も検討して、よりコスパが高いものを探し始めました。結果的にECOVACS(エコバックス)の「DEEBOT OZMO T8」を選んだわけですが、今回はそれと比較検討した商品をご紹介したいと思います。

 

ロボット掃除機比較

メーカーブランドモデル税込価格吸引力充電池集塵容量水容量
iRobotRoombai7109,860円不明3300mA不明
PanasonicRULOMC-RSF1000154,000円不明不明※100分運転250ml
ECOVACSDEEBOTOZMO T848,600円1500Pa5200mA420ml240ml
AnkerEufyRoboVac L7054,800円2200Pa5200mA450ml不明
RoborockRoborockS5 Max59,800円2000Pa5200mA460ml290ml

※すべて2021/01/30購入時のamazonでの税込価格 ※上記「吸引力」は正しくは「真空度」

今回は概ね各社のハイエンド~2番目くらいの商品で比較しました。価格の安いモデルのほとんどが立体的に空間を把握する機能がなく、またバッテリー容量が小さくて1フロア全体(100平米強の4LDKS)を掃除するには不十分だと感じたからです。

結果的にはエコバックスを選びましたが、水拭きできるかどうかは重視していませんでした。アイロボットやパナソニックは水拭き専用のロボットを用意しているのですから、2in1タイプなんてどうせ中途半端なシロモノだろうとタカをくくっていたのです。

そういったことよりも重視したのはメーカーの信頼性です。たとえばKyvol(キーボル)の「Cybovac E31」などは価格的には魅力的だったんですけど、日本語での説明におかしなところが多すぎて信頼性に欠けると感じました(念のため、E31は3Dマッピングに対応していません)。

ちなみに、「ルンバi7+」「オズモT8+」などゴミ自動収集スタンドが付いたものは検討しませんでした。本体の耐久性だけでも不安なのに、ゴミ自動収集スタンドが先に壊れる可能性もあるうえ、家具の下に置ける大きさではなくなってしまうからです。おまけに、ゴミ自動収集の際はかなり音が大きいと聞きます。

結果的に、スタンドのメンテナンスをする必要もないし、毎回ゴミの量を確認するのはむしろ楽しみでもあるので、スタンド付きにしなくて良かったと思います。

アイロボット・ルンバi7

まず最初に検討したのはロボット掃除機の代名詞「ルンバ」の「i7」でした。スタンダードモデルの「e5」と比べると価格は倍以上ですが、吸引力がe5の2倍で、かつ複数の部屋を掃除するのに適していることからi7を最有力候補と考えました。また、髪の毛などが絡まりにくいゴム製デュアルアクションブラシも魅力的でした。

なお、旧型の「ルンバ980」なども検討したものの、バーチャールウォールを設置するなど今となっては機能的に古く感じたのでやめました(最近の上位モデルはスマホ上で清掃禁止エリアを設定するのが主流です)。

パナソニック・ルーロMC-RSF1000

「家じゅう何でもナショナル」の我が家としてはパナソニックの「ルーロ」も有力候補でした。三角形という形状も効率的で魅力に感じたものの、いかんせん「MC-RSF1000」は約15万円と高価すぎて、初めてロボット掃除機を買う身としては手が出ませんでした。

なお、その下のクラスの「MC-RSF700」は段差を越える機能がないので検討しませんでした。

アンカー・ユーフィ・ロボバックL70

アンカーの「ユーフィ・ロボバックL70」は価格的にも非常に有力な候補でした。モバイルバッテリーなどアンカー製品はこれまでも使っていたので信頼感もありました。

でも、結果的にこれは買わなくて正解でした。なぜなら、水拭きをする際はカーペットを手動で「水拭き禁止エリア」に指定しないといけないからです。我が家のオズモT8は自動でカーペットを認識してカーペットの上は水拭きしないようにしてくれます。なお、こちらは吸引清掃と水拭きも手動で切り替える必要があります。

ロボロック・S5 Max

ロボロックの「S5 Max」は価格的にも手頃で2番目くらいに有力な候補でした。ロボロックは中国のアップルと呼ばれるシャオミの出資を受けているという点も信頼感をアップさせてくれたように思います。オールホワイトでデザインがシンプルなところも私にとっては魅力的でした。

ただ、こちらもカーペットは手動で水拭き禁止エリアに指定しないといけないといけなかったんですね。買わなくて正解でした。

エコバックス・ディーボット・オズモT8

ぶっちゃけ、エコバックスの「ディーボット・オズモT8」は3番手候補でした。ただ、ウィキペディアによるとエコバックスは2013年までに中国のロボット市場の60%以上を占めていたそうですから、実績があって信頼性の高いメーカーだと感じていました。

しかしながら、スペックがよく分からないのがネックだったんです。先の比較表ではオズモT8の吸引力は1500Paと書いてありますが、実はこれはスペック表に記載がありません(FAQ内に記載)。

アイロボットもパナソニックも吸引力(真空度)の記載がありません。おそらく、吸引力が高いことが正義であるという誤解を生じさせないためだと思います。エコバックスも大手メーカーですから、同様の理由で記載を避けているのではないでしょうか(真空度(Pa)の値が高いからと言って集塵機能が高いとは言えない)。

オズモT8を選んだ最大の理由は、1分間に480回振動する「OZMO Pro電動クリーニングモップ」が使えるという点でした。ただ水で拭くだけじゃなくて、電動サンダーみたいにモップを小刻みに振動させることで拭くなら絶対にキレイになるに違いないと感じたからです。

実際、これは大正解でした。かなり汚れが落ちるし、フローリングの質感が変わりました。しかも、ただ水で拭いているだけのはずなのに、私だけでなく臭いフェチの妻も家の中が良いニオイがすると感じるようになりました。除菌率99.26%というのが影響しているのかもしれません。

そのほか、前述の通りオズモT8は自動でカーペットを識別してフローリングだけを水拭きしてくれますし、モップを取り付ければ自動的に水拭きモードになりますし、総じて賢いと思います。また、途中でヘルプを求められるような事態もほとんど発生しません。100平米強の1フロアでも掃除と水拭きをやってまだバッテリーに余裕がありますし、吸引力も非常に満足です。音も私自身はそんなに気にならないです。ヘアドライヤーの標準モードくらいの音じゃないでしょうか。

 

ちなみに私はオズモT8をamazonのタイムセールで税込48,600円で購入しました。また、その際は水拭きモップ3枚セットが無料、OZMO Pro電動クリーニングモップが20%オフとなり、3点で合計57,400円でした。

これはこれでお買い得だと思うのですが、あとで調べたら上位の「OZMO T8 AIVI」なら最初からOZMO Pro電動クリーニングモップが付いていたんですね。外出先などからペットや家族の様子を見たい人にはこちらのほうが良いのかもしれません。

続編

OZMO T8に「PROストロング電動クリーニングモップキット」は必要?
ロボット掃除機・ECOVACS(エコバックス)「DEEBOT OZMO T8(ディーボット・オズモ・ティーエイト)」を購入するにあたり、「OZMO PRO ストロング電動クリーニングモップキット」を買うべきか否か。ぶっちゃけ、私は買ったほうが良いと思います。もしくは最初からセットになっている「OZMO T8 AIVI」を選ぶのも良いでしょう。

関連記事

誤解してた!ロボット掃除機があればもう人間が掃除する必要ないじゃない
ECOVACS(エコバックス)の「DEEBOT OZMO T8(ディーボット・オズモ・ティーエイト)」というロボット掃除機を買いました。どうせそんなにキレイにならないし、何度もヘルプを求められると思っていたのですが、むしろ私が掃除するよりも上手でした。おまけに水拭きもできて、クイックルワイパーはもう必要ないとすら思いましたよ。
やっぱりコロナよりダイニチ!石油ファンヒーター「FW-72DX4-W」
ダイニチの石油ファンヒーター「FW-72DX4-W」を購入しました。家電量販店モデルの「FW-7220SDX-W」に比べて液晶画面が大きく、価格も1万円ほど安いです。コロナの「FH-VX7320BY」と比較すると燃焼時の消費電力は大きいですが、点火に必要な時間が1/3以下で済むのは大きなメリットです。
徹底比較!アイリスオーヤマの人感センサー付き小型LEDシーリングライト
アイリスオーヤマの人感センサー付き小型LEDシーリングライト6モデルを比較してみました。薄形、メタルサーキット、導光板の3シリーズはいずれも光束(ルーメン)に応じた照度(ルクス)となっており、明るさには大差ありません。デザイン面では薄形や導光板のほうが優れているかと思いましたが、ツヤなしのメタルサーキットのほうがコスパにも優れていて良いんじゃないかと思います。
ルーメンだけでは分からない!最適なLEDシーリングライトの選び方
先日、新居に取り付けるLEDシーリングライトをたくさん買いました。中でも人感センサー付きの小型シーリングライトを複数購入したので、その比較記事を書くことにしました。 しかしながら、ある程度の予備知識がないとご理解いただくことが...

コメント