『子育てママの私が片づけに夢中になった理由(仮)』発売のお知らせ
スポンサーリンク

無印良品のDCモーター扇風機の中身は三菱電機の「シーズンズ」でした

ここ数日、にわかに暑くなってきたので、我が家でも扇風機を出しました。やっぱり、夏は扇風機の風を感じながら素麺を食べるのが最高ですねー。

それはさておき、無印良品のDCモーター内蔵の扇風機が知らない間に二代目になっていたんですね。三菱電機の「SEASONS(シーズンズ)」によく似たDC扇風機「MJ-EFDC2」です。

 

無印良品・DC扇風機「MJ-EFDC2」

無印良品の初代DC扇風機「MJ-EFDC1」は2016年4月頃に発売開始されました。二代目となる現行モデルの「MJ-EFDC2」は2018年5月頃に発売されたようですが、いずれもどういうわけかカタログには掲載されておらず、正確なところは分かりません。

製造元は三菱電機ライフネットワークということで、三菱電機の「SEASONS(シーズンズ)」によく似ています。2019年度モデルの品番は「R30J-DW-W」です。

 

基本スペックの比較

無印良品シーズンズ
羽根枚数7枚7枚
風量切替え5段階5段階
リズム風ありあり
左右首振り角度3段階(50°/90°/180°)3段階(50°/90°/180°)
上下首振り角度2段階(50°/100°)2段階(50°/100°)
入タイマー2/4/6時間2/4/6時間
切タイマー1/2/4/6時間1/2/4/6時間
チャイルドロックありあり
消灯&消音ありあり
メモリー機能ありあり
電圧100V100V
周波数50/60Hz50/60Hz
最大消費電力15W15W
最大運転音30db30db
コードの長さ1.9m1.9m
本体外寸370×370×580/1020mm370×370×580/1020mm
本体重量5.8kg5.8kg
製造国タイタイ
税込価格31,900円26,440円~

無印良品のDC扇風機「MJ-EFDC2」と三菱電機のシーズンズ「R30J-DW-W」について、主要な基本スペックを比較してみました。しかしながら、書き連ねるのも馬鹿馬鹿しくなるほどに同じ数字が並びます(苦笑)中身は基本的に同じものと言って差し支えないでしょう。

なお、価格は2019/06/07現在。シーズンズについては楽天市場での最安値を表示しています。ちなみに無印良品では2019/05/17から06/27まで24,900円(約22%引き)のキャンペーン価格となっていますので、その価格ならほとんど変わらないと言えるのではないでしょうか。



無印良品版とシーズンズの違い

シーズンズはブラックもあり

無印良品のDC扇風機と三菱電機のシーズンズは、機能、サイズ、重量に至るまで、ほぼ同じものと言えるほどです。しかしながら、違うところもいくつかあります。

まずパッと見てすぐ分かるのは、無印良品はホワイトだけなのに対し、シーズンズにはチャコールブラック(R30J-DW-K)が用意されているという点です。なお、シーズンズは正しくはピュアホワイトで、無印良品のホワイトとはまたちょっと違います。羽根の色も無印良品は不透明のホワイト、シーズンズは透明になります。

ちなみに、シーズンズの2018年度モデルはリネンアイボリー(R30J-DV-C)、チャコールブラック(R30J-DV-K)、テラコッタオレンジ(R30J-DZ-D)の3色でした。

デザインが微妙に違う

無印良品のDC扇風機と三菱電機のシーズンズはデザインが微妙に違います。一番違いが感じられるのはリモコンでしょうか。シーズンズのほうは日本の家電メーカーらしさを感じるデザインになっています。ちなみに、台座の操作パネルもちょっとデザインが違いますけど、大きくは変わらない感じです。

あと、送風部の前面カバーが無印良品は中心から放射状に線が伸びているのに対し、シーズンズは渦を巻いたような形状になっています。

 

というわけで、無印良品のDC扇風機と三菱電機のシーズンズを比較してみたところ、どっちを買ってもほとんど変わらないという結果になってしまいました。シーズンズも決してデザインが悪いというわけでもなく、また無印良品も購入時期によっては割高とは言えません。

ただ、無印良品もシーズンズも高さ調節は中間支柱の脱着を伴っての2段階しか無理なんですよね。個人的には、グワングワンと360°も送風部が回転する必要性は感じませんし、実際に3D立体首振り機能は故障が相次いだそうですから、高さ調節の自由度が高い日立のDC扇風機のほうが良いかなーと思いました。

関連記事

分解不能だけど収納面でもオススメ!日立のDCモーター扇風機HEF-DC4000
日立のDCモーター扇風機「HEF-DC4000」を購入しましたのでレビューします。分解不能なのでオフシーズンに収納しにくいという問題はありますが、完成品で組み立てる必要がないのがメリット。また、電源コードやリモコンは台座に収納可能。サーキュレーターとしても使えます。
敢えて廉価版!日立のDCモーター扇風機HEF-DC4000に続いてHEF-DC300を購入
日立のDCモーター扇風機「HEF-DC4000」に続いて「HEF-DC300」を購入しました。HEF-DC300のほうが廉価版という位置付けで、少し軽いだけでなく一部機能も省略されています。また、分解可能というのもメリットと言えるでしょう。
猛暑でエアコンが故障→三菱電機「霧ヶ峰MSZ-S2218-W」購入
猛暑でエアコンが故障したので三菱電機の「霧ヶ峰MSZ-S2218-W」に買い替えました。選んだ理由は日本製でリモコンのデザインが良いから。納期が半月も待たされることになるというトラブルもありましたが、マイルドな冷え心地で総じて満足しています。
無印良品「コードレススティッククリーナー」をアイリス「IC-SLDC4」と比較
無印良品の「コードレススティッククリーナーMJ-SC1」とアイリスオーヤマの「極細軽量スティッククリーナーIC-SLDC4」を比較してみました。無印良品はやはりデザインが魅力で、長時間連続使用でき、ダストパックを買い足す必要がないのもメリット。一方のアイリスオーヤマは使い勝手が良く、ゴミ捨てが楽な点が魅力。

コメント