「DRAW A LINE」にめちゃ格好良いパーティション&ラック登場

メジャーな収納グッズのひとつに、つっぱり式パーテーションというものがあります。小物などを引っ掛けるのに便利なだけでなく、部屋の間仕切りとして使うこともできます。

ただ、ぶっちゃけダサイ(苦笑)そのため、私はほとんど使ったことがありません。

価格が手頃なのはありがたいんですけど、もうちょっとオシャレな感じのものがあればと常々思っておりました。

そんな私の思いが通じたのでしょうか。つっぱり棒の新しい境地を開いた「DRAW A LINE(ドロー・ア・ライン)」から、めちゃ格好良いパーティション用オプションパーツが登場しました!

DRAW A LINE・102 Partition A set

DRAW A LINE・102 Partition A set出典:サンワカンパニー

つっぱり棒の老舗メーカーでありトップブランドでもある「平安伸銅工業」とクリエイティブユニット「TENT」がコラボした「DRAW A LINE」。今回はさらに住宅設備機器のネット販売をおこなう「サンワカンパニー」がコラボして生まれたのが上写真の「102 Partition A set(パーティションAセット)」です。

ドローアラインは”「アイデアグッズ」として扱われがちだった突っ張り棒を暮らしを豊かにする「一本の線」として再定義”したもののはずだったんですけど、今回は禁断の2本使い(笑)

とは言え、そんな屁理屈も吹き飛ばしてしまうほどにこのパーティションは素敵ですねー。工事現場などで使うエキスパンドメタルを使っており、インダストリアル的な雰囲気がプンプンします。それでいて、アルミ製ですからサビる心配はありません。

なお、このパーティションはセット品だけでなく、パーツ単体での購入も可能です(101 Partition A)。セット品の価格は税込19,400円、パーツ単体は11,400円と高価ですけど、これは欲しくなってしまいますよねー。



DRAW A LINE・106 Rack A set

DRAW A LINE・106 Rack A set出典:サンワカンパニー

今回はパーティションだけでなく、「106 Rack A set(ラックAセット)」という突っ張り棚のセットも新発売。こちらのセット品は税込39,650円、棚板単品(105 Rack A)は同7,700円となっています。

こちらも改めて言うまでもなくインダストリアルですごく素敵!どんな部屋にでも合うという感じではないですけど、突っ張り棚と呼ぶには申し訳ないほどにスタイリッシュです。

耐荷重が気になるところですが、セット品の耐荷重は16kg、棚板1枚あたりは4kgまで耐えるということです。意外と頑張るなーと思ったものの、あくまでディスプレイ用として、あまり乗せすぎないように注意したほうが良さそうですね。

今回紹介したドローアラインのパーティションとラックはサンワカンパニーでの限定販売となりますが、4月にはまた新たなパーツが市販される予定です。「015 Hook B(フックB)」「017 Shoes Rack(シューズラック)」「019 Tray(トレイ)」の2色×3アイテムです。

よく見ると「016」と「018」が見当たらないんですけど、これはいったいどういうことでしょう?さらに追加パーツが発売されるんでしょうか。

よく分かりませんが、これからもドローアラインの展開からは目が離せそうにありませんね!

【関連記事】

スポンサーリンク
スポンサーリンク