『子育てママの私が片づけに夢中になった理由(仮)』発売のお知らせ
スポンサーリンク

あの「ラブリコ」がより倒れにくく!?「2×4アジャスターSTAPLER FIX」登場

先日、流行語大賞が発表されましたね。2017年の年間大賞は「インスタ映え」ということで、確かにインテリアの世界でも盛んにインスタ映えする写真が投稿されました。

手作りのお菓子を友達におすそ分けするような感覚で、DIYで模様替えした部屋の写真をインスタグラムに公開した人も多いと思います。逆に、インスタグラムの投稿写真からヒントを得て、DIYに挑戦した人も多かったことでしょう。

そんな時流にも乗って「LABRICO(ラブリコ)」は大ヒットしました。2×4(ツーバイフォー)材を使って手軽にDIYができるパーツです。

そのラブリコにまた新しいバージョンが発売されました!いったい何がどうなっているのでしょう?



ラブリコ・2×4アジャスター STAPLER FIX

このたび平安伸銅工業から装いも新たに発売されたのは「ラブリコ・2×4アジャスター STAPLER FIX(ステイプラー・フィックス)」という商品です。「journal standard Furniture(ジャーナル・スタンダード・ファニチャー)」の5店舗限定で2017年12月1日に先行発売され、年が明けて2018年2月1日に一般発売される予定だということです。

この新商品は「STAPLER FIX(ステイプラー・フィックス)」と命名されている通り、ラブリコを使って天井と床を突っ張ったときに、天井面に当たるパーツをホッチキスの針で固定するようになっています。これにより今までのラブリコよりも安定して突っ張ることができて、より倒れにくくなったというわけですね!

 

「ステープルで補強」がマイブーム?

少し前に発売された「ラブリコ・1×4アジャスターサポートDXO-25」(上写真)でもステープルで補強するという方法が採用されましたし、平安伸銅工業には従来品の突っ張り棒の補強に使える「突ぱり強力サポート板」という商品もあります。今回の「STAPLER FIX」もその延長線上にあると言えそうです。

一般的な住宅は吊り天井であることが多いため、天井と床を突っ張る場合はどうしても天井を持ち上げてしまいます。天井を持ち上げてしまうと突っ張った2×4材が倒れそうになってしまうため、あらかじめ滑り止めを天井にステープルで固定すれば、ズレにくくて安心と言えるでしょう。

なお、従来の2×4アジャスターは税別定価1,000円、新商品は同1,100円となっており、わずか100円の違いです。両方を品揃えする必要性は特に感じませんから、今後は新商品に切り替えていく可能性もあるでしょうね。

※2019/01/25追記:現在のところ、ステイプラー・フィックスは一部店舗での販売にとどまり、従来品と併売していくようです。

 

新色「マットブラック色」が登場

今までのラブリコは、オフホワイト、ブロンズ、ヴィンテージグリーンの3色でした。しかし、新商品はオフホワイト、ブロンズ、マットブラックの3色となっています。

今回は「2×4アジャスター STAPLER FIX」に加えて、「2×4棚受シングル」、「2×4棚受ダブル」(上写真)、「2×4ジョイント」も新パッケージで登場しており、いずれもマットブラックを含めた3色展開です。

ラブリコはネット限定ながらニトリでも取り扱いが始まっているので、競合回避のために店舗によって扱うカラーラインナップを変える戦略なのかもしれませんね。

 

個人的には、どうせラブリコを買うなら、より安定感の増した「2×4アジャスター STAPLER FIX」が絶対にオススメだと思います。ただ、これとて万全とは言えません。先ほども説明した通り、住宅の多くは吊り天井なので、そんなことを知らずに突っ張ると天井を持ち上げてしまうからです。

DIYが身近になることは良いことだと思います。ただし、自分でやるということは自己責任ということです。吊り天井かどうかも分からずに天井を持ち上げて、あげくメーカーにクレームを付けるようなことだけはしたくないものですね。

関連記事

衝撃の発売から1周年!あの「LABRICO(ラブリコ)」がワンバイ材にも対応
2×4(ツーバイオフォー)材を使って手軽に天地や壁間を突っ張れる「LABRICO(ラブリコ)」が平安伸銅工業から発売されて早くも1年が経ちました。若井産業の「ディアウォール 」よりも確実、そしてスマートに突っ張れるということで、ラブリコの人...
あの「LABRICO(ラブリコ)」が突っ張り式のテレビ壁掛けになっちゃった!
ディアウォールよりもシッカリと突っ張ることができ、オシャレでかわいくDIYができると評判の平安伸銅工業の「LABRICO(ラブリコ)」。床と天井の距離を測って最適な長さにカットした2×4(ツーバイフォー)材と組み合わせて設置するだけで、簡単...
ディアウォールよりいいぞ!2×4材を使って突っ張るDIYパーツ「LABRICO(ラブリコ)」
平安伸銅工業の「LABRICO(ラブリコ)」は、若井産業のディアウォールのように2×4(ツーバイフォー)材を使って天井と床の間を突っ張ることができるDIYパーツです。ネジでジャッキアップする仕組みなのでシッカリ安定します。
ディアウォールやラブリコとは違う!2×4材を束ねて板にする和気産業の「ウォリスト」
前回は和気産業にお邪魔したお話をしましたが、今回はその続きで新商品の「Walist(ウォリスト)」を紹介したいと思います。 上の写真はウォリストを使ってDIYした実例です。この壁面収納家具は、主に2×4材(ツーバイフォー材)と...

コメント