洗濯ハンガー収納これで解決!山崎実業「マグネット ハンガーホルダー 」

洗濯ハンガーは洗濯機の上に突っ張り棒を取り付けてそこに掛けたり、洗濯機上ラックを設置してハンガーバーに掛けて収納するのが基本です。また、リビングダイニングなどベランダに近いところに洗濯ハンガーを置く場合は、ファイルボックスなどに収納することが多いですね。

しかしながら、洗濯機の上に突っ張り棒を取り付けられないということもあるでしょう。ハンガーパイプが欲しいがためだけに、洗濯機ラックを置きたくないという人もいると思います。また、テレビボードと壁のすき間にハンガー類を押し込んでいる現状がイヤだと感じている方もいらっしゃることと思います。

そんな方に朗報です!山崎実業が画期的な洗濯ハンガーホルダーを一気に複数販売開始しました。

山崎実業・マグネット ハンガー収納「プレート」

まずこちら。山崎実業の「マグネット ハンガー収納 プレートS 3918」です。山崎実業の「PLATE(プレート)」シリーズの新商品ですね。

この商品写真だけだと使い方がちょっと分かりにくいかもしれません。以下の写真をご覧いただいたほうが分かりやすいでしょう。

山崎実業・マグネット ハンガー収納 洗濯機横 洗濯ハンガー 収納フック プレート S ホワイト 3918

こんな風に、洗濯機の側面にマグネットで貼り付けて、洗濯ハンガーを上下2段に掛けて収納することができるのです。すごくシンプルなデザインながら、使い勝手が良さそうですね!

山崎実業・マグネット ハンガー収納「タワー」

山崎実業・マグネット ハンガー収納 洗濯機横 洗濯ハンガー 収納フック タワー ブラック 3624

3段タイプ、ホワイトだけでなくブラックもあります。こちらは「マグネット ハンガー収納 タワー 3624」。同じく山崎実業の定番の「TOWER(タワー)」シリーズの商品です。

まだ新商品として登場したばかりのためか、現状はタワーシリーズのほうが洗濯ハンガーのラインナップが多いです。また、この3段タイプはプレートにもタワーにもありますが、基本的には同じ商品のように見えます。プレートには突起部分にシリコン製キャップが付いているという違いだけでしょうか。

なお、スチール面へのマグネット設置のほか、付属の木ネジで壁に取り付けることもできます。

山崎実業・マグネット ハンガー収納 洗濯機横 洗濯ハンガー 収納フック タワー ブラック 3624

こんな風に横向きに取り付けることも可能で、小物などを掛けるためのフックも3つ付属しています。洗濯ハンガーを掛けるだけでなく、様々な用途に使えそうですね。



山崎実業・マグネット洗濯ネットハンガー「タワー」

山崎実業・マグネット 洗濯機横 洗濯ネットハンガー タワー ブラック 3622

こんなのもあります。「マグネット 洗濯機横 洗濯ネットハンガー タワー 3622」。写真ではこれまで紹介してきた2つの商品との違いが分かりにくいですけど、2つのハンガーはそれぞれ独立しており、自由に位置を調節して使うことができます。

また、こちらは洗濯ハンガーも掛けることができますが、一応は洗濯ネット用のようです。

山崎実業・マグネット ハンガーホルダー「トスカ」

山崎実業・洗濯ハンガー収納 洗濯機横 マグネット ハンガーホルダー トスカ ホワイト 3868

「使いやすそうなのは良いけど、丸見えはイヤだー」と思われる方には、こちらが良いかもしれません。「マグネット ハンガーホルダー トスカ 3868」。こちらも定番の「tosca(トスカ)」シリーズの新商品です。

ボックス状になっているので、洗濯ハンガーが丸見えになりません。また、下側にも掛ける部分があり、付属のS字フックを使えば、小物を掛けることもできます。

なお、こういうボックス形状のものは、タワーシリーズでも同時に発売されています。トスカは下側のバーが木製、タワーはスチール製という違いです。

山崎実業の洗濯ハンガー新商品一覧

シリーズ 商品名 カラー
プレート ハンガー収納S
ハンガー収納
タワー ハンガー収納S ○●
ハンガー収納 ○●
洗濯ネットハンガー ○●
ハンガーホルダー ○●
トスカ ハンガーホルダー

プレート、タワー、トスカ、このたび発売されたそれぞれの洗濯ハンガー収納は、どれもデザインが似ており、価格も微妙に違うだけなので、違いが分かりにくいと思います。まだ発売されたばかりなのでこれから追加されていくかもしれませんが、現状(2018/02/22)では上表の通りのラインナップとなっています。

今のところ、ホワイトとブラックの両方、全種類が揃うのはタワーシリーズのみ。プレートとタワーはほとんどデザインに違いがありませんから、特に問題はないと思います。

トスカはハンガーホルダーのみとなるかもしれませんが、木製パーツが必要なので生産が遅れているだけの可能性もありますね。

まだ発売されたばかりの商品を一気に3シリーズまとめて紹介したので、説明が分かりにくかったかもしれません。でも今回紹介した新商品は、いち早くご紹介したいほど画期的な商品だと思います。

洗濯機横だけでなく木質系壁にも取り付けできるし、縦にも横にも取り付けできるというのはすごく便利です。また、ハンガーが丸見えにならないボックスタイプも同時に発売してくれるなんて、気が利いていますよね!

【関連商品】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
スポンサーリンク