IKEA「SLIBBピンチハンガー」はオシャレだけど使い勝手が悪かった

当ブログは広告を掲載しています。詳細はこちら

グリーンオーナメント 「コンパクトピンチハンガー」4972822331142@セリア

我が家でこれまで購入した100円グッズの中でヒット商品と言えるもののひとつに、上写真のピンチハンガーがあります。閉じれば普通のハンガーのようにコンパクトになり、上写真のように十文字に広げればタオルや下着などを干しやすい形状になるというものです。

ダイソーでは「クローズハンガー」、セリアではグリーンオーナメントの「コンパクトピンチハンガー」が販売されていましたが、昨年の秋頃から店頭で見かけなくなりました。おそらくは100均で販売するには採算が合わなくなったのだと思います。

我が家では計3つを使っており、壊れたら買い替えていたので、手に入らないのは困ります。200円でも良いから販売して欲しいものです。

ともあれ、もう手に入らないのであれば、代わりを考えなければいけません。そう考えていた折り、IKEA(イケア)から素敵なピンチハンガーが発売されたので試してみることにしました。

※この記事は2023年2月2日時点の情報に基づいています

 

IKEA・SLIBB物干し用ハンガー 洗濯バサミ24個付き

IKEA・SLIBB(スリッブ)物干し用ハンガー 洗濯バサミ24個付き

このたびIKEAで購入したのは「SLIBB(スリッブ)物干し用ハンガー 洗濯バサミ24個付き」という商品です。価格は税込799円です。

ピンチは自分で取り付け

IKEA・SLIBB(スリッブ)物干し用ハンガー 洗濯バサミ24個付きのピンチは自分で取り付け

ピンチは自分で取り付けます。24個ありますが、ピンチを開いて差し込むだけなので、1分ほどで組み立て完了です。

フラットになるのがGood

IKEA・SLIBB(スリッブ)物干し用ハンガー 洗濯バサミ24個付きはフラットになるのがGood

スリッブのピンチハンガーのどこが気に入ったかと言うと、このようにフラットな感じになるところです。これなら他のピンチハンガーと絡まらず、スペースも取りません。

【盲点1】折り畳めないから場所を取る

IKEA・SLIBB(スリッブ)物干し用ハンガー 洗濯バサミ24個付き【盲点1】折り畳めないから場所を取る

…と思って買ったのですが、私の考えが浅はかでした。この商品は一般的なピンチハンガーと違って折り畳めないので、かえって場所を取ってしまうのです。フラットでコンパクトになるのは立て掛けたときだけなのですね。

【盲点2】ピンチを上からつまみにくい

IKEA・SLIBB(スリッブ)物干し用ハンガー 洗濯バサミ24個付き【盲点2】ピンチを上からつまみにくい

ほかにも盲点がありました。こちらのピンチはつまむ部分がフレームの上側に出ているので、上から手を回さないと洗濯物を挟めないのです。

一般的なピンチハンガーはピンチが吊り下がっているので、フレームの上まで手を伸ばす必要がないんですよね。これは背の低い妻にはちょっと使えそうにありません。

【盲点3】中途半端に大きいサイズ

IKEA・SLIBB(スリッブ)物干し用ハンガー 洗濯バサミ24個付き【盲点3】タオルを干すには中途半端に大きいサイズ

スリッブのピンチハンガーは約36cm角です。そのため、日本で一般的な短辺30cmくらいのタオルを干そうとすると、ご覧の通りピンチの間隔が合わないんです。

コストコで販売している短辺40cmのタオルならちょうど良いんでしょうね。サイズ設計が欧米向けでした。

【盲点4】ピンチの向きが変えられない

IKEA・SLIBB(スリッブ)物干し用ハンガー 洗濯バサミ24個付き【盲点4】ピンチの向きが変えられない

あとですね、タオルを全て同じ向きに揃えて干そうと思っても、ピンチの向きが変えられないので無理なんです。

一般的なピンチハンガーならピンチが吊り下がっているので自由にピンチの向きを変えられます。それが当たり前だと思い込んでいました。

【盲点5】バランスが悪い

IKEA・SLIBB(スリッブ)物干し用ハンガー 洗濯バサミ24個付き【盲点5】バランスが悪い

約36cm角と大きめで、ピンチの向きを変えられず、タオルの大きさにも合っていないということも相まって、洗濯物を掛けているとすごくバランスを取りづらいです。

洗濯物を引っ張って取り込めるのは便利

IKEA・SLIBB(スリッブ)物干し用ハンガー 洗濯バサミ24個付きは洗濯物を引っ張って取り込めるのは便利

スリッブのピンチはつまむのに力が要る割りに、挟む力は弱いです。ただ、挟む力が弱いことが幸いして、洗濯物を引っ張って取り込めるのは便利です。

 

というわけで、期待して購入したSLIBBピンチハンガーはデザインこそ良かったものの、意外と使い勝手が悪かったです。ちょっと考えれば分かることもありましたが、高いところだとピンチがつまみにくいとか、タオルの大きさに合わないというところは実際に使ってみないと分からなかったことだと思います。

これは普段の洗濯物には使えそうにないので、玄関横の土間収納で手袋などを干すときに使いたいと思います。

関連記事

404 NOT FOUND | New!収納教える.コム
収納マンこと、TVチャンピオン収納ダメ主婦しつけ王 芝谷浩のブログ。部屋別・モノ別収納法、オススメ収納グッズ・家具、主夫の家事にまつわる話などを紹介します。
これ200円は激安でしょ!ダイソーのステンレス製バスタオルハンガー
ダイソーの「バスタオルハンガー(ステンレス)」は税込220円ながら、セリアで販売中のエルオー「ステンレスバスタオルハンガー60cm」よりも長くて太くて硬い立派なものです。サビる心配が少なく、見た目も美しくて、一生モノと思えるほどです。
収納マン邸の洋服収納を大公開!LDKに面したWCLとドライルームが鍵
収納マンの新居の洋服収納を披露します。最大のポイントはリビングダイニングに面したウォークインクローゼットとドライルームと言えるでしょう。洋服はオールシーズン&家族全員分をWCLにまとめて収納。そのほぼ真向かいにあるドライルームは部屋干しはもちろん、取り入れた洗濯物を隠しておくにも最適です。
シュークロに森田アルミ工業「pid 4M」装着で室内干しスペースできた
玄関横の土間収納(シューズクローゼット)に森田アルミ工業の室内物干しワイヤー「pid 4M(ピッドヨンエム)」を取り付けて、雨合羽や傘などを干せる室内干しスペースを確保しました。耐荷重10kgで簡単にたわみますが、使わないときはワイヤーを格納できるのが便利です。

コメント