スポンサーリンク

コメリでも販売!「EZBO簡単組立ワイヤーシェルフ」が斬新&オシャレ

当ブログは広告を掲載しています。詳細はこちら

昨年暮れのことです。ネットで新しい収納家具を物色していたときに、今までに見たことがない構造のシェルフを見つけました。不二貿易の「EZBO(イジボ)ワイヤーラック」という商品です。

不二貿易 オープンラック ワイヤーラック 幅61×奥行31×高さ117cm アンティークブラウン 4段 組立商品 EZBO 67333 【Amazon.co.jp限定】 色:アンティークブラウン

私は最初、「〼」が連なったデザインのスチール製の帆立に棚板を乗せる構造だと思いました。しかし、そうじゃないんです。「]」もしくは「ヨ」の形をした短いスチールの棒をたくさん使って、棚板を繋げているのです。

「え!こんな構造じゃあグラグラなんじゃないの?ぜひ実物を見てみたい!」と思っていたところ、しばらくしてコメリからもオリジナル仕様が販売されたので見て参りました。

※この記事は2023年2月3日時点の情報に基づいています(2023年6月7日一部更新)

 

コメリ・EZBO簡単組立ワイヤーシェルフ

こちらがコメリ・オリジナルブランドの「アテーナライフ」から1月に発売された「EZBO簡単組立ワイヤーシェルフ」です。幅84cm×奥行30cmで、高さは上写真の5段(高さ140cm、税込5,980円)と4段(高さ108cm、同4,980円)の2サイズが用意されています。

対して、プロパーは幅40cmと60cmの2サイズ展開で、高さも2段から6段までラインナップされています。また、コメリはナチュラル1色ですが、プロパーはミドルブラウン色とアッシュグレー色もあります。

なお、コメリ版は幅が広いため、背面を留める棒の数が多くなっています。

コメリ版はアジャスター脚付き

また、コメリ版はアジャスター脚が付いています。プロパーはシリコンのキャップを被せているように見えます。

ちなみに、amazon限定仕様というのもあって、こちらは脚なしです。アイリスプラザ版も同様ですが、こちらは販売開始からしばらくして販売を中止してしています。

本当に組み立て簡単!

写真だと構造が分かりにくいと思うので、動画をご覧ください(組み立ては0:35から)。

厚さ12mm程度の棚板の側面にあけられた穴に棒を挿し込んでいくんですけど、結構キツめな感じです。でも、工具要らずで、すごく簡単ですね。

グラつき問題なし!

そして、実物を見てさらに驚いたのが、グラつきはほとんど感じられないということです。

そりゃあ、鉄の棒とカラーボードの組み合わせですから、まったく揺れないということはないですよ。しかしながら、こういうオープンシェルフとしては気にならないと言って問題ないレベルだと個人的には思いました。

木目調のプリント合板は安っぽくないし、スチールの棒もマットな質感で、インテリアとしては良い感じです。棚板は31cmピッチなので、A4サイズの雑誌なども収まるので使い勝手も良いでしょう。組立&分解も簡単なので、引越しをすることが多い方にもピッタリだと思います。

 

ちなみに、既にお気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、こちらのワイヤーシェルフは以前に紹介した画期的な構造のオープンラックと同じezboブランドです。アイリスオーヤマの「簡単組立CBボックスKKCB-3」もそうですね。

関家具だけでなく、不二貿易、アイリスオーヤマも手掛けるezboブランドの家具。いずれも画期的な構造なので、今後も驚くような新商品が発売されるのではないかと期待してしまいます。

関連記事

これ考えたヒト天才!画期的構造のシェルフ・関家具「ezbo(イジボ)」
関家具が販売する「ezbo(イジボ)」は実に画期的な構造のオープンシェルフです。二つ折りにされた背板を開き、そこに付いた両側のラダーフレームを起こして、棚板などをセットするだけ。しかもどのパーツも手頃な価格で、様々な部屋で使えます。
ニトリ「Nクリックボックス」vsアイリス「簡単組立CBボックス」比較
ニトリの「Nクリック・ボックス2段」とアイリスオーヤマの「簡単組立CBボックスKKCB-3」を実際に組み立てて比較してみました。前者のほうが高価ですが見た目に美しく可動棚で便利でグラつきもまったくありません。ですが、価格重視で後者というのもナシではないでしょう。
激安なのに頑丈!コメリ「組み立てやすいスチール棚」はソロ組み立て厳禁
コメリの「組み立てやすいスチール棚 棚板リバーシブル」を買って組み立ててみました。800×400×1830mmの5段タイプでなんと税込3,480円という激安価格。L型支柱はペラいのに頑丈でグラつきナシ。棚板はリバーシブルなうえにフラットで使い勝手も良し。ただし、二人じゃないと組み立ては難しいですし、ゴムハンマーで叩く際の金属音がスゴイです。
カバコ&カバゾコをパクリ!コメリ×サンカ「イニシオ」に引出しタイプ追加
コメリの「イニシオ」に引出しタイプが追加されました。まるで天馬のカバゾコのパクリ。カバコそっくりのほうもリニューアルされてフラップボックスタイプと命名。カラバリは5色から4色になり、同時に値上げもされています。製造はコメリと同じく新潟に本社を置くサンカ。

コメント