『子育てママの私が片づけに夢中になった理由(仮)』発売中
スポンサーリンク

子供部屋はベッドの配置が最大の問題!家具レイアウトの基本に忠実にトライ

”オトコたちの家事を楽しくするwebマガジン”「家men」に収納マンの新しい記事が掲載されましたのでお知らせします。

子ども部屋の収納は親のサポートが必須!状況を見極めて対処しよう
“収納マン”こと収納スタイルコーディネーターの芝谷浩さんが、家庭の片づけの悩みを解決する人気連載。今回は、散らかりがちな子ども部屋の片づけを我が子に習慣づけさせるために必要な、親のサポートを解説します。

今回の記事は子供部屋の収納ということで、「いかにして子供に片づけさせるか」ではなく「子供が片づけやすいようにサポートする」方法を紹介しました。

実は記事執筆にあたっては、もうひとつの案もありました。それが表題のベッドの配置についてです。子供部屋の収納のご相談では、必ずと言って良いほどベッドの配置が関係してくることが多いからです。

というわけで今回は、家menの記事の裏テーマ、「子供部屋のベッドの配置」について説明したいと思います。

 

「大きな家具から配置」がレイアウトの基本

子供部屋の家具レイアウト

まず、ベッドに限らず、家具のレイアウトを考える場合はもっとも大きな家具から順番に配置するのが基本です。大きな家具は置く場所が限られるため、小さな家具を先に配置してしまうと、あとで修正を余儀なくされてしまうからです。

一般的に、子供部屋に置く家具と言ったら、ベッド、学習机、書棚、タンスなどでしょう。やはりベッドがもっとも大きな家具なので、この配置をまず決めなければなりません。



安全第一でベッドを配置する

ベッドを配置する際は、出入り口のドアやクローゼットの扉をふさぐ位置には置けません。また、腰窓はともかく、掃き出し窓の前にベッドを置くと、ベランダへ出入りできなくなったり、冬場は結露や冷気の影響を受ける可能性があります。そういう場合には窓際に配置することも避けるべきでしょう。

それだけでもなかなかレイアウトを考えるのが難しいですが、さらに悩ましいのが地震対策です。いくら背の高い家具に転倒防止具をセットしても、基本的には気休め程度にしかなりません。背の高い本棚などが倒れてきた場合も枕元が下敷きにならないように考える必要があります。

子供部屋には背の高い本棚などを置かないというのがもっとも安全と言えるのかもしれません。しかし、限られたスペースで効率良くモノを収納しようと考えるとなかなか現実的ではないことも事実です。倒れてきても足元だけで済むようにし、また出入り口をふさぐことがないようにレイアウトを考えたいものです。

 

小型のセミシングルベッドに買い替える

シングルベッドは一般的に幅は1m前後、長さは2m以上になります。特にマンションの5畳程度の部屋だと、この大きさのベッドを配置するのは基本的に難しいです。

しかし、最近はセミシングルというサイズも増えてきました。上写真の商品の場合、幅は80cm、長さは180cmです。ヘッドボードやフットボードもないので、これくらいなら5畳くらいの部屋でも問題なく置けることが多いです。

中高生にもなれば子供の身長が180cmを超えることもあろうかと思いますが、そもそも置けるサイズのベッドを探してこないとベッドは置けません。一般的なサイズのベッドを置く十分なスペースがなく、足がハミ出すのもイヤだと言う場合は、ベッドではなく布団を敷いて寝るというスタイルを検討すべきなのかもしれません。

 

そのほか、ハイベッドを配置するという方法もあります。ハイベッドなら下の空間に学習机やタンスを置くことができて効率が良さそうです。

しかしながら、学習机を置くと間接照明が届かず、タンスを置いても奥のほうまでスペースを活用するのは困難です。おまけに、布団の上げ下ろしが大変で、天井が低く感じられるという問題もあります。スチール製の場合はギシギシという音も気になります。よって、ハイベッドはあまりオススメできません。

たいていの場合、ベッドを置くことができる場所というのはかなり限定されます。北枕を避けるとなおさらです。そうすると、置けるサイズのベッドを選んで、枕元に家具が倒れてこないように他の家具の配置を考えるだけです。

いろいろと盛り込もうとすると難しくなりますが、シンプルに考えれば簡単です。基本的に収納というのはそういうものだと私は考えています。

関連記事

ニトリ、IKEA、シマホで!予算5万円で買えるベッドマットレス比較
ニトリ、IKEA、シマホで予算5万円で買えるシングルベッドのマットレスを比較してみました。総じて、5万円はIKEAでは最上級ランク、ニトリでは上級ランク、シマホではほぼ最低ランクと言えるだけで、決してIKEAやニトリが安いわけではないことが分かります。
収納に関する素朴な疑問。「小学生の教科書」の処分ってどうしてる?
収納に関する素朴な疑問。旧学年の「小学生の教科書」の処分ってどうしてますか?アンケートを取りたいと思います。ご協力のほどよろしくお願いします。
オモチャは1軍と2軍に分ければスッキリ!スペースを決めて収納するのもGOOD
今日はcataso(カタソ)主催のセミナー「園児ママ集まれ!!子どもが片付けたくなる仕組み作り」を受講してきました。平日の午前中の開催ということで受講者は少ないだろうと思っていたんですが、定員20名のところ40名近くが集まる大盛況!...
突っ張り式では地震対策にならない?倒れきてもOKな家具レイアウトを心掛けよう
今回の熊本地震のような激しい地震の場合、よほど耐震設計をしっかりと施した家でない限りひとたまりもないと思います。いくら家の中で対策をしても無意味とも言える状況だったのではないでしょうか。ただ、だからと言って何もしないというわけにもいきません...

コメント

  1. カープ女子 より:

    はじめまして。スペースの問題からロフトベッドを勝って下を有効活用しようと思いつつも、知り合いで購入したママ友は結局バラバラで使っている場合が多く、ならば普通の学習机にすべきか、と思い最寄りのイオンで買おうと下見してきたものの、どのtaタイプがよいのかもわからず色々検索していたところ、貴サイトにたどり着きました
    イオンデスクはおススメしない!とのコメント、、、慌ててかわずによかったです!
    4.5畳程度なためまだ迷いのあるロフトベッドですが、圧迫感という点では、梁をだしているため天井は高いので気にならないのですが、それでもやはり使いにくいでしょうかね、、、
    今はひと続きになっている変形10畳程度の部屋を二つの子供部屋に分けたく、それぞれ梁や吹き抜けがあったりで、圧迫感は感じないのですが、其々に掃き出し窓、腰高窓もあり、クローゼットなどの収納はゼロのため、配置に悩んでいます。仕切りもパーテションにするか、学習デスク背合わせか、、、
    収納マンさんのブログ4、5畳のレイアウトの仕方など熟読してあれこれかんがえてます。
    すいません、とりとめなく書いてしまって。貴サイトに出会い感動してしまいコメント欄にて失礼しました。
    当方さいたま市なので、エリア外ですよね。残念でなりません。

    • 収納マン より:

      カープ女子さま

      はじめまして^^

      別ブログの「4畳半の子供部屋にデスクとベッドとハンガーラックをレイアウトする方法」もご覧いただいたのですね。
      ありがとうございます♪

      個人的には子供にとって秘密基地のように使えるロフトベッドはキライではないのですが、どうしてもレイアウトが難しいという問題があります。
      また、収納面でのメリットはないと断言しても良いと思います。

      間取り図を画像としてコメント欄に添付していただいたら何かアドバイスできるかもしれません。
      またいつでもお気軽にご相談ください^^

  2. カープ女子 より:

    ようやく間取り図見つけました。2枚添付します(赤字でNが北向きです)。
    2階の洋室AとB、真上にあたるロフト部分(ご参考)

    現在小5と小1の息子二人、リビング学習していますが限界でして、早急に、まずは洋室Aを兄の部屋としてベッドとデスクなどを設置したいと思っています。

    ブログのレイアウト方法を参考に、まずは一番大きいベッド、次にデスクの配置を想定してみると、理想のI型は難しく、ベッドは入り口左手、デスクは正面のL型配置となってしまうのですが、収納マンさん的にはいかがでしょうか?唯一利用できそうな正面左手の大きな壁の前に低いベッドだけを置いてしまうのも勿体ないような気もしています。というのも4.5畳とはいえAは梁が見える勾配天井で、間仕切り予定の中央は頭上にロフトの格子柵も見えるほど高さがあり、窓も二面あり、圧迫感はあまり感じないからです。

    そのこともありロフトベッド案が浮上、AB共に収納が一切ないことも理由のひとつです。ブログには家族のクローゼットを共有するアイデアもご紹介されていましたが、別部屋のクローゼットは2畳ほどで夫婦のものでいっぱいです。浴室脱衣所に下着やパジャマくらいは収納可能です。今リビングにあるおもちゃ的なものも子供部屋に振り分けてしまいたいこともあり(特にプラレールは本格的でまだまだ使うことが予想され)、また今後部活が野球の予定でそうなると更にモノも増えるのでは、、、と、恐怖でいっぱいです。

    通信講座などのテキストも毎月溜まるので、ワゴンと本棚も必須かと思っています。幅さえクリアなら本棚は使い勝手のよい正面向きが希望です。

    あと、間口はAB共に76㎝で現在ドアなし開放。扉は何かしら欲しいのですが、暖簾やロールスクリーンかアコーディオンのようなものにすればその分部屋のスペースを広く使えるかと思うのですが、普通の開閉ドアや引き戸のほうがよいでしょうかね?

    将来的には図面中央の間仕切りラインで洋室Bを弟部屋にしたいと思っています。今書いていて思いつきましたが、中央に二人のクローゼットを間仕切りに使う、というのもありでしょうか? 将来的にクローゼットは必須ですが、今早急にではない案件なので。現在は浴室衣装ケースに子供の下着、パジャマ、普段の洋服もなんとか収納していますので暫くはいけそうです。

    因みにこのタイミングでAとB両方作ってしまったほうがよいでしょうか?数年ごとに家具の配置は見直すのが理想だとは思うのですが、正直度々の配置替えも大変なので、上の子が小5、下の子も小1になった今、ある程度の近い将来を見据えたレイアウトを考えて今回配置したいと思っています。できましたら、AとB両方のレイアウトを予想して頂けると嬉しいです。

    (ご参考:Bは入って正面壁右寄りに床から110㎝くらいの高さに障子戸が有り、その上は幅1メートルほどロフトてっぺんまで吹抜けです。右側は全面壁)

    希望ばかりつらつらとすみません。この部屋に合うデスクや本棚、ベッド(通常ベッドかロフトベッドか…)、理想のサイズ感なども、収納マンさんのご意見頂けると幸いです。

  3. カープ女子 より:

    ご参考、
    真上にあたるロフト部分です

    • 収納マン より:

      カープ女子さま

      すいません。こちらにご質問いただいていたのを失念しておりました。

      間取り図ありがとうございます。
      しかし、これはめちゃぐちゃ難しいですねー^^;
      洋室A、Bともに、開口部だらけで、どこまで塞いで良いものやら判断に苦しみます。

      ちょっとカープ女子さんのお眼鏡に適うかどうか分かりませんが、まずは添付の家具配置図をご覧ください。
      他にもいくつかの配置の仕方が考えられるとは思うのですけど、とりあえず「私だったら」こうするというレイアウトを考えてみました。

      実はこのレイアウトの仕方、これから私が売り出していこうと考えている「背面書棚レイアウト」というものです。

      最近は奥行の短いデスクが増えていますし、上棚を置かない人も多くなっています。
      デスクの横に書棚などを置くと、いったん椅子から降りないと書棚の本などに手が届きません。

      そこで、私が子供の頃から採用している背面書棚レイアウト。
      これなら椅子(回転チェア推奨)に座ったままで書棚に手が届きます。
      狭いスペースでも収納を分散する必要がありません。
      また、閉鎖的な空間なので勉強に集中できます。

      なお、添付のレイアウト図では机に上棚が付いていますが、この場合はむしろないほうが圧迫感が抑えられると思います。

      あと、お兄ちゃんのほうはやや北枕気味になるので、そこが気になる場合は枕を逆に持ってくる必要があります。

      ちなみに、洋室AとBの間にはハンガーラックのようなものを配置していますが、この位置にクローゼットのようなものを造り付けるのはちょっと無理があると思います。
      ご兄弟のプライバシーを確保する場合は、パーテーション付きのハンガーラックなどを置くのが良いでしょうね。

      以上、まずは一度ご検討ください^^

      • カープ女子 より:

        ありがとうございます!「背面書棚レイアウト」!初めて耳にしました。
        はじめ見たときは「えっ?」と思いましたが、よくよく見れば見るほど納得がいきはじめました。
        さすがはプロの方のレイアウト、視点も斬新だし、きちんと基本のI型レイアウトになっていますよね。
        さっそく夫に図面を見せてみます!

        私が気になる点は、上棚のないデスクだと、支えになる壁がないので、背後にモノが後ろに落っこちないか??背面に書棚があるとはいえ、デスクに本などたてられないのは不便ではないか?です。デスクの背後にベッドというイメージがまだつかめていなくて(^^;

        あとデスクと書棚の距離感。手が届くのはよいのですが、椅子との距離は狭すぎないのかな?とか。こればかりは実際座ってみないとわかりませんかね。。。ぶつからないとは思いますが。

        今晩夫にも図面見せてみます!

        それと、このレイアウトの場合、各家具の推奨サイズはどれくらいでベストでしょうか?
        具体的には、デスク奥行と幅、ベッド、書棚(奥行、幅、高さ)です。

        追伸:やはりロフトベッドは却下ですかね~(^^;名残惜しく。
        今回のレイアウトでは通常ベッドかと思いますが、横にデスクがあるので、ベッド下のわずかな収納も利用できないだろうな、と思いまして。

        • 収納マン より:

          カープ女子さま

          上棚については、圧迫感よりも使い勝手を重視するなら、あったほうが良いと思います。
          ベッド側へのこぼれ止めになりますし、よく使うモノをすぐ手に取ることができて便利です。

          一方で、サイズ感との兼ね合いも難しいところです。
          デスクを上棚付きにする場合は天板奥行は60cm以上が推奨です。
          ただ、お子さんの背中側に棚を置くときにゆったりとした空間を確保するなら、デスクの奥行は55cm程度のほうが良いかもしれません。

          また、棚を奥行30cm程度にするか、最大40cm程度にするか、という問題もあります。
          教科書やファイルなどを収納するなら奥行30cm程度で十分です。
          しかしながら、カバンや雑貨を収納したり、横に衣類用のリビングチェストも並べるということでしたら、奥行40cm程度のほうが便利です。
          ランドセルも収納するなら奥行35cm以上が理想です。

          ベッドは最小でセミシングル脚付きマットレスの800×1800mmです。
          標準的なシングルベッドだと1000×2100mmくらいになります。

          また、掃き出し窓とベッドのすき間は、カーテンの開閉が十分できる100mm以上は確保したほうが良いでしょう。
          それらトータルでバランスを取るように家具をチョイスする必要があります。

          棚 300mm~
          棚と机のスペース 700m~
          デスク 550mm~
          ベッド 800mm~
          ベッドと掃き出し窓のすき間 100mm~

          合計で2450mmとなります。

          ちなみに、棚と机の間のスペースは広ければ広いほど良いというわけではありません。
          システムキッチンと食器棚の距離と同様に、あまり離れていると手が届きにくくなるということも考えられます。

          なお、我が家も背面書棚レイアウトですが、バランスチェアを使用しているので振り向くときに背もたれが邪魔になりません。
          棚と机の間隔は、ワゴンがギリギリ引き出せる600mmです(デスクの奥行も600mmです)。

          また、このレイアウトならデスクの幅はいくらでもOKですが、あまり大きすぎないほうが横にワゴンを並べたり、ほかの家具を置くこともできて便利でしょう。
          棚の高さはこれからお子様が成長することを考えれば高いことに越したことはありませんが、地震を心配して腰高に収めるというのもひとつの方法だと思います。

          最後に、ロフトベッドも検討してみましたが、この間取りだと部屋の入り口をふさぎかねない圧迫感になりますよね^^;
          逆に、ベッドは置かずにロフト(上階)で寝るということはできないのでしょうか?
          ロフトに柵があるということですから、ハシゴを掛けるということもできないことはなさそうなのですが…。

          • カープ女子 より:

            サイズなど詳細に出して頂きありがとうございます!

            実寸図ってみたところ、実寸2570mmなので、収納マンさんの合計2450mmをクリア!ただし棚は300mm、デスクは550mm、ベッド800mmと、最小サイズですので、これを上回っていくと収納できなくなってしまうので、トータルバランス考えながら、まずはデスク→ベッド→書棚といった順に揃えていってもよいのかなぁ、

            と思い主人に図案を見せたところ、難色を示されてしまいましたTT

            一番の理由は、ベッドの位置です。掃出し窓をほとんど塞いでしまうのが、万一の時を考えると心配とのこと。
            試しに左右反対に配置してみようかとも思ったのですが、そうすると掃出し窓の真ん前に書棚は置けないので、角の壁にひとつだけとなってしまい、せっかくの大きい壁もベッドだけ、と勿体なく収納も全然足りなくなってしまいます。
            収納マンさんのお子様にも採用されているという背面書棚レイアウトが写ったブログが掲載されてましたよね??確かデスク背合わせでお子様が椅子に座ってらっしゃったような。。。違っていたらすみません。もしあればサイト教えて下さい)

            まだこれからも話し合っていくつもりですが、もし他にも可能な配置案があるようでしたら、教えて頂けると嬉しいです。

            また、この配置に限ったことではないのですが、天井が高い(梁が露出している場合や吹抜け天井)部屋の書棚の耐震対策はどのようにすればよいのでしょうか?つっぱり棒はできないなと。

            それと、今回ABとも同じレイアウトですが、これはBもこのレイアウトがベストとお考えたっだからなのか、他にもよい配置があったけれども兄弟ABを同じに合わせて頂いたのでしょうか?
            これから子供部屋を作るにあたって、まずは優先順位の高いAから、その後使い勝手を見ながら、という具合に進めたほうが無難でしょうかね?

            あと、確か家具配置のシュミレーションサイトをご紹介されていたブログがあったかと思いますが、教えて頂けますか?

  4. カープ女子 より:

    追伸。
    ロフトはかなり上(3階部分)で、柵もあって、寝ることはできないのです(;_;)

    • 収納マン より:

      カープ女子さま

      ご主人様的にはNGでしたかー。

      他のレイアウトとしては、主に2通りが考えられると思います。

      まずひとつは下図のように、腰窓側にベッドを置くというレイアウトです。

      ただ、普通ならベッドの足元にでも洋服掛けを設けることも可能ですが、エアコンがあるので背の高いものは無理です。
      また、書棚は洋室Bとの境目に置くしかないかなと思います。

    • 収納マン より:

      カープ女子さま

      もうひとつ可能なレイアウトは下図の通りです。

      ただ、これは廊下からの出入り口がかなり狭く感じられるはずです。
      背の高いロフトベッドを置こうものなら、ほとんど壁でふさがれているような感じに見えるでしょう。
      また、書棚を置く場所を確保するのも難しいように思います。

      ロフト式を含め、ベッドの位置はここまで紹介した3パターンしかありません。
      掃き出し窓の半分を塞ぐか、収納スペースに困るか、出入り口を塞ぐか、これらのうちどれが許容範囲と考えるかという感じですね。

    • 収納マン より:

      カープ女子さま

      我が家の学習家具のレイアウトについて紹介した記事は、たぶんこれですね。
      もう5年も前の状態ですが、基本的には今も変わっていません。

      子供部屋の模様替え・・・長女が片づけに開眼!?(@_@)

      天井が高くて突っ張り式の転倒防止具が使えない場合は、スーパータックフィットなどがオススメです。

      家具用耐震ストッパーBEST3比較(2)北川工業「スーパータックフィット」

      背の高い家具はやっぱり地震がコワイ?家具転倒防止・耐震グッズまとめ

      洋室Bのレイアウトについては、洋室Aとのバランスを考えながら進めるのが良いでしょう。
      あまり極端に違う感じになってしまっても困りますからね。
      ただ、いずれもウルトラC級に難解であることは間違いありません。

      家具レイアウトのシミュレーションができるサイトのまとめというのは、こちらですね。

      無印良品&カリモク&大塚家具で!子供部屋のシミュレーションをしてみよう

      ポリプロピレン収納ケースなどもレイアウト可能な無印良品のものが比較的使いやすいと思います。