『子育てママの私が片づけに夢中になった理由(仮)』発売中
スポンサーリンク

リクシル・システムキッチン「AS」のポケットに仕切り板を自作してみた

リクシルのシステムキッチン「AS」のアシストポケットは仕切り板がなくて使いにくい

我が家のシステムキッチンはリクシルの「AS(エーエス)」です。特筆すべき機能はないものの、シンプルで使い勝手には十分満足しています。

しかし、ひとつだけ使いにくいところがあります。シンク下の引出し手前にキッチンツールを収納するポケットが付いているのですが、仕切り板がないためキッチンツールが斜めになってしまうのです。ご覧の通り、めん棒なんて底に横たわってしまっています。

イノマタ化学の「ドアポケット用仕切り2P」をセリアで買ってきて、カットしてポケットを仕切ってみたりもしたのですが、ポケットが深いのであまり役に立っていません。フライ返しなどを手に取るたびにプチストレスを感じていたので改善することにしました。

 

ポケットの仕切り板の作り方

主な材料は100均のPPシート

セリア・PPシート半透明

いろいろな方法を検討したのですが、今回はPPシートを使うことにしました。セリアのほか、ダイソーなどでも購入できます。

PPシートをカットする

PPシートをカッターナイフで切る

PPシートをカッターナイフで切ります。ただ切断するだけでなく、のりしろの部分を折り曲げられるようにうっすらと折れ線を入れないといけません。カッター付き定規が滑りやすいだけでなく、老眼が入ってきた私にはやや難易度が高い作業です(苦笑)

カットして両面テープを貼る

PPシートをカットして両面テープを貼る

先ほどカット&折り目を付けたPPシートを上写真のように折り曲げます。底に行くほど狭くなっているので斜めにカットしないといけないんですね。おまけに、折り目は片面ずつ入れないといけないので、これが微妙に難しいんです。

上写真のように折り曲げたら、のりしろに両面テープを貼ります。今回は手元にあったニトムズの「はがせる両面テープ(T3830)」を使用しました。100均のものでもまったく問題ないと思います。

ポケットに仕切り板を貼り付ける

ポケットに仕切り板を貼り付ける

そうして出来上がった仕切り板をポケットの内側に貼り付けます。底のほうは手が届かないので、キッチンツールの柄の部分を押し当てるなどして接着します。

ポケットに仕切り板を設置完了

ポケットに仕切り板を設置完了

同様にして仕切り板を4枚作り、3つのポケットに貼り付けました。その様子が上のBefore→After写真なんですが、めん棒が立っている以外はほとんど違いが分かりませんよね(苦笑)

でも、使い勝手は格段に良くなりました。キッチンツールがそれぞれちゃんと立っていて、ごちゃ混ぜにならず、必要なモノがサッと手に取ることができるからです。

 

ちなみに、左側の変形アシストポケットには純正の仕切り板(NAPタテシキリX)が用意されています。しかしながら、1枚あたり1千円以上ととても高価です。おまけに、ポケットの内側に凸部があるところにしか設置できません。小さいほうのポケットには取付不能です。

その点、100均のPPシートで仕切り板を作ればコスパは良いです。手間は掛かるし、意外と難易度が高いものの、材料や手順自体はシンプルです。

なお、我が家のリクシル「AS」は同社「アレスタ」をベースに開発されたビルダー(工務店)専売モデルです。アレスタのほか、「シエラ」も標準仕様は同じポケットを採用しているようなので、同じ方法で仕切り板を設けることができると思います。是非お試しください。

関連記事

システムキッチン比較!リクシル「AS」vsクリナップ「ステディア」
リクシルのシステムキッチン「AS(エーエス)」とクリナップ「ステディア」を比較してみました。ASはキレイシンクや卓上型の食洗機を置いたときに水栓がスッキリするのが魅力。一方、ステディアは耐久性の高いステンレスキャビネットやカセットガス缶が収まるフロアコンテナが良いところです。
100円ショップの「桐の板」を使ってお手軽DIY!キッチンの引出しの仕切り方
前回は100均セリアの「桐の木板」を使った引出しの仕切り板の作り方を紹介しました。 【前回】100均セリアの「桐の木板」が引出しの仕切りにGOOD!その作り方も紹介 とは言え、実際に引出しを仕切るところまではやらなかったので、ピ...
引出しを仕切るにはイノマタ化学の「キッチントレー」が最強だと改めて思う
100均のイノマタ化学の「キッチントレー」スリムとワイドを使って食器棚の引出しのカトラリーを収納しました。ホワイト色はダイソーでも売ってますが、クリアー色はセリアだけ。それを積み重ねて上段に使うことで下段が透けて見えます。
山崎実業「マグネット&シンク扉ゴミ箱TOWER」に上手にポリ袋をセットする方法
山崎実業の「マグネット&シンク扉ゴミ箱TOWER(タワー)」(ホワイト:4268、ブラック:4269)は洗面脱衣所やキッチンの扉に引っ掛けて使えるので便利です。しかし、ポリ袋を上手にセットするのが難しく、フタを開けると袋が外れてしまう欠陥品でもあります。私はセリアでPPシートを買ってきてひと工夫することで解決しました。

コメント