スポンサーリンク

ニトリ「フィッツプラスNT2」はプロパーより価格が安くて天板2色展開

ニトリがエディオンと資本業務提携することを発表しました。建材大手のリクシルが保有していたエディオン株8.6%を102億円で取得し、相互に商品を供給したり、物流、リフォーム業などでシナジー効果を狙うということです。

同業では2019年12月にヤマダ電機が大塚家具を傘下に収め、ヤマダ電機の売場に大塚家具の家具が並び、大塚家具にも家電が並びましたが、エディオンにニトリのホームファッション品群が並んだり、エディオンとニトリでオリジナル家電の共同開発がされるのでしょうか。もともとエディオン傘下のミドリ電化では家具も扱っていたので違和感は少ないと思います。

それにしてもまあ、ニトリはスゴイ。M&Aもそうですが、メーカーに対するバイイングパワーがますます強くなっていると感じます。

今年に入ったあたりから天馬の「フィッツプラス」のニトリ版である「NT」が「NT2」になりましたが、これもニトリのスゴさを実感させるものでした。

※価格および仕様はすべて2022/04/28現在

 

ニトリ×天馬・フィッツプラスNT2

天馬×ニトリ・リビングチェスト フィッツプラスNT(55幅5段 F5505 ミドルブラウン)

出典:ニトリネット

ニトリの「フィッツプラスNT」が「フィッツプラスNT2」になったことは少し前から気付いていました。しかしながら、天馬も値上げしているのでその影響だろうとか、また値下げを連呼しながらシレッと値上げしているのだろうとか思ってたんです。

ところがこれが「下剋上」と言って良いほどの大きな変化だったんですね!

ニトリ版はここが違う!

  • 引出し前板のデザイン
  • 天板カラー2色展開
  • プロパーよりも安い
  • サイバリが少ない

もともとプロパーのフィッツプラスに対してニトリのフィッツプラスNTは、(1)引出し前板のデザインが少し違う、(2)幅35cmタイプがないという、主に2点の違いでした。2016年の発売当初は価格もほとんど変わらず、メーカーによる競合店対策という色合いが強かったように思います。

しかし、知らない間にプロパーのフィッツプラスからダーク系の天板カラーがなくなりメープル1色に。その一方で、NT2は2色展開を維持しつつホワイトウォッシュとミドルブラウンとなりました。

また、天馬のフィッツプラスが値上げされた一方で、NT2はNTと比べてもほとんど変わらず。相対的にニトリのほうが割安感が出ています。

サイズバリエーションと価格

段数型番ニトリ天馬公式DCM楽天
55cm3段F55038,990円13,800円11,900円
4段F55049,990円14,800円12,500円
5段F550511,900円15,800円13,700円
7段F550715,900円22,800円16,800円
65cm3段F650310,900円14,800円12,900円
4段F650411,900円15,800円12,800円
5段F650513,900円17,800円14,500円
7段F650717,900円25,800円18,800円
75cm3段F750312,900円15,800円13,500円
4段F750413,900円16,800円14,600円
5段F750515,900円19,800円16,800円
7段F750720,900円26,800円21,800円

上表はニトリのフィッツプラスNT2の税込価格をプロパーのフィッツプラスと比較したものです。プロパーのほうは天馬公式のテンマフィッツワールドと、ホームセンター大手のDCMオンライン楽天市場店の価格を一覧にしました。

こうして比較してみると、すべてのサイズに於いてニトリのほうが安いことが分かります。DCMと比較した場合、概ね600円から2,000円、およそ5~25%程度安いと言えるでしょう。

ただし、ほとんどは1,000円も違いません。なので、楽天市場で購入した場合は実質的にDCMオンラインのほうが安いことも少なくないと思います。ちなみに、残念ながら現在のところニトリ楽天市場店ではフィッツプラスNT2の取り扱いはありません。Yahoo!店も同様です。

 

インテリア業界でオリジナル商品と言えば、プロパーとほとんど違いが分からない程度の仕様変更で、価格もほとんど変わらないどころかむしろ割高というのが相場です。フィッツプラスNTも当初はそんな感じでした。

しかし、プロパーのフィッツプラスが値上げされ、カラーバリエーションも1色だけになってしまったのに対し、フィッツプラスNT2は価格がほとんど据え置きで相対的にプロパーよりも安くなり、カラーバリエーションも2色を維持しています。サイズバリエーションこそプロパーのほうが多いものの、オリジナルを超えた下剋上と言える状況だと思います。

ぶっちゃけ、フィッツプラスのような高級品がニトリで売れるのかと懐疑的に見ていた人も少なくなかったでしょうけど、実際に売れているようですからニトリは本当にスゴイです。これで幅35cmタイプや深引出しタイプも登場したら完全に下剋上ですねー。

関連記事

セーターやフリースの収納に最適!フィッツプラスに65幅深型シリーズが新登場
天馬「フィッツプラス」に65幅深型シリーズが登場しました。セーターやフリースの収納に最適な引出しの高さで、幅65cmというのも厚手の服を収納するのに最適な内寸です。
樹脂製チェストに扉をプラス!?天馬「フィッツプラス・キャビネット」
天馬の新商品「フィッツプラス・キャビネット」は、従来のフィッツプラスに扉収納を乗せたもの、もしくは扉収納のみのローボードです。棚板は可動式で前後2分割になっているほか、背板の取り付け方によって電源タップなどの収納スペースを確保できるのは、天馬らしい気配りだと思います。
プラスチック感が少なく木の風合いを感じられる!カプチーノ色の「フィッツプラス・イージー」が登場
天馬からカプチーノ色の「フィッツプラス・イージー」が登場。売れ筋サイズに絞ったシリーズでプラスチック感が少なく木の風合いを感じられると思ったのですが、実物はちょっと残念な感じでした。
ポリプロピレン製チェスト【徹底比較】ニトリvs無印良品vsアイリスオーヤマvs天馬
ニトリ、無印良品、アイリスオーヤマ、天馬のポリプロピレン製チェストを徹底比較してみました。価格重視ならニトリ、無印良品好きなら、ポリプロピレン収納ケース、アイリスオーヤマのフレンチテイストのデザインウッドトップチェストも良いし、もっとも理想的なのは天馬のフィッツプラス。

コメント