ポリプロピレン製チェスト【徹底比較】ニトリvs無印良品vsアイリスオーヤマvs天馬

一段タイプの引出式衣装ケースは積み替えができたり追加がしやすくて便利ですが、クローゼット用や押入れ用が多くて奥行は55cm以上のものが一般的です。そうするとリビングなどに置くにはちょっと邪魔というか、圧迫感が強くなります。

一方、木製のチェストであればリビングなどに置いても見た目が良いものも多いですが、見た目の良いものほど高価で数万円程度の投資が必要となります。また、高価なものほど頑丈で引出の開閉もスムーズですが、重くて移動するには大変です。

ポリプロピレン製チェストは引出式衣装ケースと木製チェストの中間の位置付けで、それぞれの良いところを合わせ持っていると言えます。もちろん中途半端と言えばその通りですけど、検討の余地はあるように思います。

そんなわけで今回は、”ポリプロピレン製チェスト【徹底比較】”と題して、ニトリ、無印良品、アイリスオーヤマ、天馬のポリプロピレン製チェストを比較してみたいと思います。

ニトリ・木天板プラチェスト4段(メープル)

ニトリの木天板プラチェスト4段(メープル)は税込3,990円で、サイズは幅600×奥行400×高さ835mm。木天板ではなくポリプロピレン製天板のリビングチェストスペース4段(スペース 4ダン)なら寸法は少し違いますが、1,000円ほど安い税込3,075円。

木天板のほうでも一段あたりが1,000円ほどですからまあ安いと言えば十分安いです。一般的なホームセンターではセールのときのお値段ですね。引出は小さなローラーに支えられていて多少スムーズに開閉できます。また引出のローラーは底のキャスターと共通パーツとなっており、床の上を滑らせることも可能です。コスト重視ならオススメできるかと思います。

無印良品・ポリプロピレン収納ケース・横ワイド・大・4段

無印良品のポリプロピレン収納ケース・横ワイド・大・4段は税込6,000円で、サイズはおよそ幅550×奥行445×高さ900mm。前出のニトリのチェストよりも大きめの車輪が付属していますし、別売のキャスター(税込400円)を取り付けることも可能です。

無印良品のチェストが良いのは、デザインがシンプルなだけでなく、価格の割りにまあまあ丈夫で、引出もまあまあスムーズに開閉可能なこと。ほか、同サイズの引出(税込1,500円~)を追加できること、側面がフラットでホコリが溜まらないことがメリットです。1段あたり1,500円でコストパフォーマンスが良く、総合力のある商品と言えます。

アイリスオーヤマ・ウッドトップチェスト 4段 HG-554B

アイリスオーヤマのウッドトップチェスト4段HG-554Bは税込7,862円、サイズはおよそ幅560×奥行415×高さ810mm。こちらも同サイズの引出を追加できるというか、同じシリーズのチェストを上下連結可能です(以前は1段タイプもあったんですが、現在はなくなりました)。

アイリスオーヤマのHGチェストは引出に金属製スライドレールが付いており、開閉がスムーズです。その割りに無印良品よりもちょっと高いくらいなのでお得感はあると思います。ただ、引出の前板が外れやすい、キャスターの取り付けができない、側面にホコリが溜まりやすいというのがデメリットです。ちなみに現在はMGチェストシリーズという側面がフラットなタイプもありますが、引出を追加することはできず、見た目にチープ感があって、後述する天馬のフィッツプラスの劣化コピーという感じが強いです。

天馬・フィッツプラス F5504

天馬・フィッツプラス F5504

天馬のフィッツプラスF5504は税込12,800円、サイズは幅550×奥行410×高さ850mm。今回セレクトした4アイテムの中ではもっとも高価ですが、もっとも機能的で、もっとも見た目が良く、もっとも頑丈と言えます。ちなみに天馬ってシブい会社名ですけど、自動車やコピー機などの外装パーツも手掛けるなど、樹脂成型に関して非常に高い技術力を持っています。

フィッツプラスの一番の売りは、ポリプロピレン製チェストの常識を覆すほどに引出の開閉がスムーズなこと。このスムーズさを知ってしまったら、もう他のポリプロピレン製チェストは安っぽすぎて使えません。また、引出にはロック機構が付いていて、転倒時に引出が飛び出すことがなく安全で、知らない間に幼児が引出を開けてしまう心配も少なくなります。ほか、別売のキャスター(税込1,080円)はストッパー付きでこれまた安全にできています。

お値段はちょっと高いですが、それ以外には文句の付けどころがない最強のポリプロピレン製チェストと言えます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク