『子育てママの私が片づけに夢中になった理由(仮)』発売中
スポンサーリンク

レイアウト自由自在なのにめちゃ安い!ステンレス表札を買ってみた

二世帯住宅のポスト

このたび新築した我が家は二世帯住宅です。二世帯住宅では表札というか、ポストの表示をどうするかという問題が生じます。

間違って郵便物を投函されてもお互いのポストに入れておけば良い話ですが、それで良しとするなら最初からポストを分ける理由はありません。インターホンについても然りです。

しかし一方で、田舎の家のように表札に家族全員の氏名を書き連ねるというのもちょっと抵抗があります。田舎町とは言え、なまじ人や車の往来が多い道路沿いならなおさらです。

そこで、メインの表札とは別に、ポストにそれぞれの世帯主の氏名を表示することにしました。同時に、便宜的に部屋番号を付けることにしました。ますます賃貸住宅にしか見えないわけですが、やむを得ません(苦笑)

 

レイアウト自由自在のステンレス表札

表札レイアウト画面@きむさんの工房

ただ、理屈はともかく、そんな都合の良い表札はそれほど多くありません。幸い、楽天市場の「きむさんの工房」でレイアウトを自由自在に調整できるステンレス表札があったので、それを発注することにしました。

商品ページからシミュレーション画面(上写真)に遷移し、自由にフォントや配置、図柄などを選んで、買い物カゴに入れるだけでOK。パソコンはもちろん、スマホでもレイアウトできます。保存してあとで修正や発注をすることも可能です。

ちょうど1週間で手元に届いた

きむさんの工房で発注したレイアウト自由自在のステンレス表札

発注からちょうど1週間で商品が届きました。これは早い!しかも期待通りの仕上がりです!

レーザーエッチング加工でキレイ

レーザーエッチングされたステンレス表札

文字などはインクを乗せているのではなくレーザーエッチング加工。そのため、小さな文字でも潰れることがないうえに、文字が剥がれてくる心配もありません。

ステンレス板は2mm厚でズシリと重く、表面はヘアライン仕上げでサラッと上質な質感に仕上がっています。こちらの30×120mmサイズで税込&送料込み2,000円というのは安いですねー。

※価格および仕様はすべて2020/03/24現在

スコッチ超強力両面テープで貼り付け

スコッチ超強力両面テープをステンレス表札の裏面に貼り付け

ステンレス表札の裏面には両面テープなどは付いていないので、推奨されているスリーエムの「スコッチ 超強力両面テープ 粗面素材用」で貼り付けます。これなら屋外でも問題なく使えますし、多少の凸凹はへっちゃらです。まさに一家に必ず常備しておくべき両面テープと言えましょう。

アクリル表札もレイアウト自由自在

きむさんの工房で発注したレイアウト自由自在のステンレス表札とアクリル表札

今回は屋号を表示するためのアクリル表札もあわせて発注しました。こちらもレイアウト自由自在で、しかも37パターンの板カラーと文字色の組み合わせが選べます。このクオリティで4×16cmサイズが税込1,000円というのは安い!(単品購入の場合は別途送料150円)

2層アクリル構造

アクリル表札は2層アクリル構造

こちらのアクリル表札は2層アクリル構造となっています。薄い表面層(背景色)を切り抜いてから基材(文字色)と貼り合わせているのでしょうか。もしくは、こちらもレーザーで彫っているのかもしれません。

ちなみに、アクリル表札の裏面にはスリーエムの薄い両面テープが付いています。一応、屋外でも使用可能ということですが、凸凹面への貼り付けは推奨しないそうです。

 

ポストに表札を貼り付けてみた

二世帯住宅のポストに表札を貼り付けてみた

というわけで、ステンレス表札とアクリル表札をポストに貼り付けてみました。

うーん、わずか3,000円とは思えないくらいに良い感じじゃないですか(笑)ちなみに、インターホンの横には純正の表札をこれから付ける予定です。

 

表札って結構高いというイメージがあって、確かに純正の表札などは高価なのですが、1,000~2,000円でこれだけクオリティの高いものができるとは驚きました。これくらいの価格なら、表札だけでなく様々な表示板にも使えそうです。

こんなに良いものなら、今まで住んでいた賃貸住宅でも使えば良かったなーと今更ながら思います(笑)

関連記事

新居の引き渡し完了!残念ながら完成建物見学会は新型ウィルスで中止に
アキュラホームで建てた収納マンの新居の引き渡しが完了しました。残念ながら完成建物見学会は新型コロナウィルスの影響で中止になってしまったので、こちらで内部の様子をご紹介したいと思います。
住宅購入者の半数近くが予算オーバー!我が家が予算内に抑えられた秘訣とは
住環境ジャパンが30~40代の未就学子育て世代の住宅購入経験者を対象に調査したところ、半数近くの方が予算オーバーとなったそうです。我が家の場合は窓の数を必要最小限にするなどして当初見積もりを下回りました。見た目を良くするには予算も上がりがちですが、それによって家事の負担が増すようであれば見送ったということも大きかったと思います。
自宅の不満は収納スペースが最多!「欲しかった間取りランキング」TOP10
不動産&住宅情報サイトの「SUUMO(スーモ)」の調査によると、自宅の不満は「収納スペース」が最多だそうです。それを踏まえて欲しかった間取りランキングTOP10は上から順に、ウォークインクローゼット、室内干しスペース、納戸スペースなどが挙がりました。これら3つ含めてほとんどがこれから建てる我が家にはあります。
「収納グッズ・オブザイヤー2019」発表!今年は小物ばかりでしたー
今年も「収納グッズ・オブザイヤー2019」を発表します!ニトリ「Nインボックス」、ダイソー「カーテンレール用フック」、リヒトラブ「ALTNA・ケーブルホルダー」の3商品が受賞、キングジム「テプラlite」、天馬「フィッツワーク」、ライクイット「持ち運びができるメイクボックス」の3商品が暫定受賞となりました。

コメント