『子育てママの私が片づけに夢中になった理由(仮)』発売中
スポンサーリンク

「収納グッズ・オブザイヤー2019」発表!今年は小物ばかりでしたー

収納グッズ・オブザイヤー2019

2019年は平成最後の年、令和最初の年でもありました。また、各地で台風や大雨による被害が発生するなど、苦難の年でもありました。改めまして、被災された方々には心よりお見舞い申し上げます。

そんな激動の2019年でしたが、今年も素晴らしい収納グッズがたくさん世に送り出されました。メーカー、販売店各位に敬意を表しつつ、「収納グッズ・オブザイヤー2019」を発表させていただきたいと思います。

 

ニトリ「Nインボックス」

Nインボックスの角は鉄骨のような形状

まずはニトリの「Nインボックス」。従来はサンカの「squ+インボックス」のプロパーそのものでしたが、ニトリ専用にリニューアルされました。従来品と同様に、カラーボックスのインナーケースとしてだけでなく、様々な小物の収納に役立ちます。

プロパーのインボックスと基本的な機能は変わりません。しかし、Nインボックスはわざわざニトリに買いに行きたくなるほどシンプルで美しいデザインで、しかも丈夫にできています。プロパーと互換性もあるので、従来からのユーザーにとってもうれしいところです。

無印良品に負けてない!まさにおねだん以上のニトリ「Nインボックス」
リニューアルしたニトリの「Nインボックス」はおねだん以上で、まるで無印良品のよう。従来品よりスクエアでスタイリッシュ。フタの天面とボックスの側面はマット調に仕上げられており、質感へのこだわりが感じられます。

ダイソー「カーテンレール用フック」

カーテンレール用フックにハンガーを掛けてみた

「これはよくできているなー」と思わず唸ったのがダイソーの「カーテンレール用フック」です。カーテンレールにハンガーを掛けているお宅をたくさん見てきた私としては、是非オススメしたい商品です。

このフックを使ったらハンガーを掛けたままでもカーテンをスムーズに開閉できるんですよ。しかも、取り付け簡単。おまけに税別100円のお手頃価格。意外と目立たないので、リビングで室内干しをする機会が多い方にもオススメです。

これは部屋干し用の神アイテム!ダイソー「カーテンレール用フック」
ダイソーの「カーテンレール用フック」はこれは部屋干し用の神アイテムです。カーテンの開閉の邪魔にならず、見た目も悪くありません。ただし耐荷重は350gと定められているので、濡れた洗濯物はNGとなっています。

 

リヒトラブ「ALTNA・ケーブルホルダー」

リヒトラブ「ALTNA・ケーブルホルダー」ブラック A7758-24

リヒトラブの「ALTNA・ケーブルホルダー」はスマホの充電ケーブルの端をスチール面に貼り付けておくためのグッズです。これさえあればデスク周りでケーブルがブラブラして邪魔になることがありません。

同じくリヒトラブの「プニラボ」シリーズのケーブルホルダーと使い勝手は同じですが、個人的にはこういうシンプルなデザインのほうがありがたいことから今回の選出となりました。

リヒトラブの「マグネット付きケーブルホルダー」2種を試してみました
リヒトラブの「マグネット付きケーブルホルダー」2種を試してみました。ひとつめは「プニラボ・ボストンテリア A7727-8」、もうひとつは「ALTNA(オルトナ)・ブラック A7758-24」です。基本的にはデザインが違うだけで、使用感等は変わりません。

【暫定】キングジム「テプラlite」

キングジム・テプラlite

キングジムの「テプラlite」はスマホからテプラを出力できるラベルプリンターです。私はもともとカシオのネームランド派なのですが、テプラliteはとてもコンパクトで「こういうのを待ってました!」という感じです。

実はテプラliteは娘のクリスマスプレゼントにしてしまったため、まだ私自身はじっくり試せていません。レビューのために娘から取り上げるのは忍びないので、また機を改めてレビューさせていただきたいと思います。そんなわけで、現時点では暫定的に収納グッズオブザイヤー選出とさせていただきました。

【暫定】天馬「フィッツワーク」

天馬・フィッツワーク

天馬の「フィッツワーク」はオフィスのデスク足元周りの収納グッズというのが斬新です。オフィスワーカーの多くが困りがちなカバンなどの収納に役立つアイテムが揃っています。

大変素晴らしい商品であることは確実視されているものの、現時点で私は実物をまだ見れていないため暫定受賞とさせていただきました。

デスク周り用 禁断の収納グッズ!天馬「フィッツワーク」で足元スッキリ
天馬の新商品「フィッツワーク」は散らかりがちな職場のデスクの足元を中心に片づけるための収納グッズです。増えすぎたA4ファイル、カバン、靴など、オフィスワーカーが収納に困りがちなモノを収納するスペースを提供してくれます。

【暫定】ライクイット「持ち運びができるメイクボックス」

ライクイット・持ち運びができるメイクボックス

最後となります。ライクイット(吉川国工業所)の「持ち運びができるメイクボックス」は商品名そのまんまの化粧道具入れです。これの何が良いかと言うと、化粧水ボトルから色ものまで、つまりは大物も小物もセットで収納しやすいところです。おまけに書棚などにも収めやすいというのが魅力。省スペースでもあります。

こちらもまだ実物を見れていないので暫定受賞というかたちにさせていただきました。

無印良品よりアイ ライクイット!?「持ち運びができるメイクボックス」
吉川国工業所(ライクイット)から無印良品ライクな「持ち運びができるメイクボックス」が発売されました。2段重ねで化粧水ボトルからパレットなどの小物まで収納可能。3段カラーボックスにも収まりやすいサイズ感も魅力です。

 

以上の通り、「収納グッズ・オブザイヤー2019」は3商品が受賞、3商品が暫定受賞となりました。今年は後半に良い商品が登場したので、実物を見る機会がないままに年末を迎えてしまったことが残念です。

また、今年は小物ばかりと言うか、小粒な印象でした。「悩んだら捨てる」というルールに従って、評価が微妙で落選となったものが多数あります。例年に比べると画期的と言える商品は少なかったですね。

ですが、年末に発表されて来年早々に発売される商品もありますし、2020年は大いに期待できるんじゃないかと思ってます。来年はネズミ年ですから、きっとたくさん優秀な収納グッズが誕生することでしょう!

関連記事

最後はニトリにやられた!「収納グッズ・オブザイヤー2018」発表
毎年恒例の「収納グッズ・オブザイヤー2018」を発表します。平安伸銅工業「LABRICO IRON(ラブリコ・アイアン)」、関家具「ezbo(イジボ)」、無印良品「PPファイルボックス幅25cmタイプ」、ニトリ「シールフック」&「Nクリック・ボックス」が受賞。いずれも勢いのあるメーカーや販売店だと改めて思いました。
「収納グッズ・オブザイヤー2017」発表!目からウロコの収納用品ばかり
歳末の恒例行事となりつつあります「収納グッズ・オブザイヤー」表彰。わたくし収納マンが独断と偏見に基づいて、今年1年間で発売された収納グッズの中から「素晴らしい!」と感嘆の声を上げずにおれなかったものを表彰しようというものです。 さて、...
「収納グッズ・オブザイヤー2016」発表!画期的新商品からDIY関連品まで
「収納グッズ・オブザイヤー2016」を発表します!小久保工業所・Pitacco mono(ピタッコ・モノ)、平安伸銅工業・LABRICO(ラブリコ)、アイリスオーヤマ・QRボックス、stacksto,・pelican garbee(ペリカン・ガービー)、天馬・プロフィックス カバゾコなど。
収納マンが2018年に「買って良かった」と心から思う生活関連品ベスト7
収納マンが2018年に「買って良かった」と心から思う生活関連品ベスト7を紹介します。コクヨ「ドットライナー」は事務作業の効率化に、カモ井加工紙「マスキングテープ mt CASA」は配線収納に、ライオン「トップ・ハイジア」は洗濯洗剤の購入頻度と収納スペースを減らすのに効果的。「BG無洗米・コシヒカリ」は美味しくてコスパ良し、江崎グリコ「毎日果実フルーツたっぷりのケーキバー」は忙しい朝に。三菱電機「霧ヶ峰 Sシリーズ」はデザイン良し、風当たりも良し。小泉成器「ストレートアイロンKHS-8110N」は妻と娘が喜んでいます。

コメント