八幡ねじのハシゴ型収納「HANG」は賃貸OKでオシャレかつ実用的

当ブログは広告を掲載しています。詳細はこちら

ちょっとモノを置くスペースを確保したいときに便利な3段カラーボックス。しかし、価格が手頃な半面、どうしても見た目にはチープな感じになってしまいます。天板上をいくらキレイにディスプレイしても、一番下は屈む必要があってモノを出し入れしにくいと感じることもあるのではないでしょうか。

そんな悩みを一挙に解決してくれる収納グッズがあります。八幡ねじの「HANG」シリーズです。

※この記事は2019年10月28日時点の情報に基づいています

 

八幡ねじ・HANG

八幡ねじの「HANG」は傾斜のついたラダー状のベースにボックス、シェルフ、フックなどを自由に組み合わせられるシリーズです。オプションパーツは基本的にハシゴに掛けることから「ハング」というネーミングになっているのでしょう。

スチール製でブラック、ホワイト、ゴールドの3色展開となっており、男前な感じにもフェミニンな感じにもゴージャスな感じにもなります。

置くだけ、賃貸住宅でもOK

八幡ねじ はしご型収納 HANG

出典:楽天市場

HANGはカラーボックス同様に床に置くだけで設置できるため賃貸住宅でも使えます。一般的なフックと異なり、壁に穴をあける必要もありません。

無機質な質感がオシャレ

八幡ねじ はしご型収納 HANG

HANGはアイアン調の無機質なデザインがオシャレです。また、傾斜したラダー状のフレームがインテリアに立体感を与えてくれます。オプションの「底つきフープ」(上写真)に植木鉢をセットすれば、グリーンがインテリアに彩(いろどり)を与えてくれることでしょう。

足元のモノも手に取りやすい

八幡ねじ はしご型収納 HANG

インテリア性の高いものは得てして使い勝手が悪いものですが、HANGは前面が傾斜しているのでカゴ(上写真)やボックスをセットしたときにモノを手に取りやすいというメリットがあります。雑然とモノを放り込んでも絵になる感じがしますね。

 

もちろん、HANGはデメリットがないわけではありません。価格は3段カラーボックスに比べると高価ですし、若干不安定なためモノの出し入れの際に頭頂部が壁に当たることもあります。

そんなデメリットもあるわけですが、DIYで手間を掛けることなく手軽にDIY風の収納をプラスできるというのは大きなメリットと言えるのではないでしょうか。

2024/06/02追記:HANGはブラック色が完売となっており、販売を終了する予定かもしれません。

関連記事

壁に穴を開けずにラックをネジで固定できる!?八幡ねじ「金具用石こうピン」
八幡ねじの「金具用石こうピン」は本来は木ネジで固定するしかないウォールラックなどを石膏ボード壁に取り付けられるという画期的なDIYパーツです。しかしながら、台座に厚みがあるのでラックが手前に傾きやすいのと、キャップが大きいので使えるシーンが限られるのがネック。
賃貸でもOK!男前なアイアンのチョイ置き棚が作れる「Weekend Workshop」
賃貸でもOK!男前なアイアンのチョイ置き棚が作れる「Weekend Workshop(ウィークエンドワークショップ)」のシェルフフレーム。現在は「LABRICO(ラブリコ)」にブランドが統一されています。
カラーボックスよりもコスパ高い!イケアのLERBERG(レールベリ)シェルフユニット
IKEA(イケア)の「LERBERG(レールベリ)シェルフユニット」はある意味でカラーボックスよりもコスパが高いと言えます。価格は一般的なカラーボックスの倍近くしますが、スチール製で丈夫だし、A4サイズも収納できるし、何より見た目がオシャレです。
100円グッズで玄関をお片づけ!セリアの「アイアンウォールラック」で子供のヘルメットなどを収納
100円グッズで玄関をお片づけ!セリアの「アイアンウォールラック」を石膏ボード壁用フックを使って取り付けて子供のヘルメットなどを収納しました。

コメント