『子育てママの私が片づけに夢中になった理由(仮)』発売中
スポンサーリンク

カインズ「スキット」ライク!?コメリ「スマートキューブ・ボックス&トレー」

以前にビバホームで見てちょっと気になっていた商品があります。それはリバティーコーポレーションの「Style+(スタイルプラス)ボックス&トレー」(下写真)という商品です。

リバティーコーポレーション「Style+ボックス&トレー」

こちらの商品は、ビバホームではパール金属の商品として販売されています。リバティーコーポレーションはパール金属の関連会社だからでしょう。また、ネットではベストコの商品として販売されていますが、ベストコは中山福のブランドなので、中山福がリバティーコーポレーションから仕入れてショップに卸しているのだと思います。

 

コメリ「スマートキューブ・ボックス&トレー」

コメリ×リバティーコーポレーション・スマートキューブボックス280スリム

出典:コメリ

それはさておき、ちょっと気になりながらもスルーしていたのですが、今度はコメリで「スマートキューブ」という商品名で販売されているのを見つけてしまいました。コメリのPB(プライベートブランド)である「アテーナライフ」を冠しており、プロパーはブラウン色のところ、コメリではホワイト色となっています。

ビバホームやamazonで販売されている「Style+」とコメリの「スマートキューブ」は色以外、基本的に同じものです。角張ったデザインのため並べたときに隙間がなく、積み重ねができるというのが特徴で、その点ではカインズ×吉川国工業所の「Skitto(スキット)」にコンセプトが似ていると思います。

アイ・ライクイット!キッチンや洗面脱衣所にカインズホームの「Skitto(スキット)」
キッチンや洗面脱衣所などを片づける際に小物をまとめるには、たいてい100均のプラスチック箱やA4ファイルボックスで事足ります。しかし、100均では強度が足りなかったり、見た目に安っぽかったり、ファイルボックスでは大きすぎたりと、不満を感じる...



両面に高さ違いのスリット

それだけでなく、スタイルプラスやスマートキューブは両面に高さが異なるスリット(穴)が開いていることが特徴です。

穴が開いているので中身が分かります。また、吊戸棚の中の収納に使うときは穴が下側の面を手前に向けることで出し入れが容易になります。逆に、腰より下の位置に収納するなら、スリットは上側に来るほうが便利でしょう。

 

スマートキューブのラインナップ

種類タイプサイズ(mm)税込価格
トレー140スリム70×140×50198円
210140×210×50298円
280スリム70×280×50298円
280140×280×50398円
315スリム100×310×50398円
ボックス280スリム70×280×140398円
280140×280×140498円
315スリム100×315×190598円
315210×315×190798円

スマートキューブのサイズおよび価格は以上の通り、全9アイテムです。これはスタイルプラスも同様で、ビバホームでの価格もだいたい同じくらいだったと記憶しています。

数字は奥行方向の長さを表しており、基本的に280mmと315mmの2種類です。これって一体何の長さを基準にしているかというと、おそらくキッチンツールの長さやフライパンの直径を意識しているのではないかと思われます。また、システムキッチンの吊戸棚に合うことも多いのではないでしょうか。

つまり、スマートキューブやスタイルプラスは収めるモノの大きさを研究して作られたと考えられます。こういうのは結構、ありそうでなかなかないです。収納のプロとしてはナイスだと思います。

 

もちろん、収めたいモノ、片づけたい場所なんて人それぞれですから、一概にこれが良いというようなものではありません。しかしながら、引出しや棚の中を整理したいときに、100円ショップで物色してもなかなか良いサイズ感のものが見つからなかったときには選択肢に加えても良いのではないかと思います。

amazonや楽天市場ではちょっと高価ですけど、ブラウンならビバホーム、ホワイトならコメリで手軽に手に入るというのも良いですね。先日ご紹介したコメリの「ホームストレージ」と併せて収納計画を立てれば、これは結構、鬼に金棒な感じがします。

2019/06/03追記:

コーナンでもプライベートブランドのLIFELEX(ライフレックス)で「システム+」という商品名で同じ商品が販売されています。

関連記事

無印良品も驚く!?コメリのファイルボックス型収納「ホームストレージ」
コメリの「ホームストレージ」はファイルボックスのような収納ボックスです。ただ、一般的なファイルボックスとはサイズが異なります。また、無印良品のPPファイルボックスに似たコンセプトと言えますが、それよりも使い勝手が良いと感じます。
「キャパティ」ファイルボックス買うならコメリもコスパ最強!中国製だけど
ナカバヤシ「キャパティ」ファイルボックスがコメリセレクトでかなり安く販売されています。アマゾンと比較してA4レギュラーサイズ(フボKN-E4-CR)は3割以上も安いです。強度も変わりません。しかし、アマゾンで販売されているプロパー(FB-E4-CRN)は日本製、コメリは中国製です。
あまりスキットしない!?カインズ「Skitto K」にラインナップ大幅増
カインズ「Skitto K(スキット・ケイ)」にラインナップが大幅増。立てて収納できるケース、取っ手付きケース、調節できる仕切り、立てて収納できる皿スタンド、茶碗スタンドとバリエーション豊かですが、本来のコンセプトを逸脱しているように感じます。
「コ」の仕切り方は斬新だ!!カインズ「スキット・スライド仕切り」
カインズの「スキット・スライド仕切り(大)」は、L字型の板を2枚組み合わせてコの字型やクランク型にして伸縮自在な仕切り板を作ることができるというものです。L字型で単独で使うことも可能。割りと大きいので引出式衣装ケースやキッチンの引出しに最適と言えるでしょう。

コメント