ボンモマン「2way保冷エコバッグ」と「じゃないほう」を比較してみた

当ブログは広告を掲載しています。詳細はこちら

ボンモマン・保冷エコバッグは良い意味でらしくない見た目

先日来、我が家では買い物に行くときにbon moment(ボンモマン)の「2wayで持てるレジカゴ保冷エコバッグ」を持って出掛けています。これはとても丈夫なうえに、ビジネス用トートバッグに見えるスマートなデザインで、とても気に入っています。

これでもう我が家はしばらくレジかごバッグを買い求める必要がないと思っていました。しかし、楽天プレミアムパートナーでまた別のボンモマンのレジカゴ保冷バッグをゲットできるチャンスが到来。ボンモマンのファンとしては見過ごすことができず、応募→獲得→レビューさせていただくことになりました。

というわけで今回は、両者の比較という流れで紹介して参りたいと思います。

当記事は楽天プレミアムパートナー制度に基づき、アンジェ(インテリア雑貨)様から商品提供を受けてレビューしております。毎度のことながら、その他金品の受領や執筆内容の指示等はありません。
この記事は2023年8月11日時点の情報に基づいています

 

ボンモマン・保冷できるレジかご用バッグ

ボンモマン・保冷できるレジかご用バッグ(2wayじゃないほう)ライトグレー

今回ご紹介するのはアンジェのオリジナルブランド「ボンモマン」の「保冷できるレジかご用バッグ」です。

たぶん以前に紹介したほうが最新型で、こちらが定番品。シリーズ累計10万点以上販売を記録した立役者と言えましょう。

立ち上げるとこんな感じ

ボンモマン・保冷できるレジかご用バッグ(2wayじゃないほう)ライトグレー

立ち上げるとこんな感じです。以前に紹介したほうもこちらも同じボンモマン、レジカゴ対応の保冷バッグですから、それほど違いがあるわけではありません。では、どんな相違点があるのでしょうか。

持ち手が違う

ボンモマン・保冷できるレジかご用バッグと2way保冷エコバッグの比較

まずもっとも大きな違いは、持ち手の部分です。

以前に紹介したほうは持ち手が2wayで、手に持ったり、肩に掛けることができるようになっています。今回のは肩に掛ける長さのみで、長さ自体は2wayのほうとほぼ同じです。

あと、2wayのほうは紐がナイロンっぽい質感の帯で、底まで伸びています。今回の2wayじゃないほうは薄いポリウレタンシートを巻いた感じのポリエステル生地の紐で、バッグ本体の上縁に縫い付けられています。

どちらが丈夫かと言ったら、そりゃあ2wayのほうですよね。ただし、どちらも耐荷重は20kgとなっています。

ポケットの位置が違う

ボンモマン・保冷できるレジかご用バッグと2way保冷エコバッグの比較

ポケットの位置も違います。2wayじゃないほうは短辺側、2wayは長辺側にポケットがあります。

どちらが使い勝手が良いかは人それぞれだと思いますが、2wayじゃないほうがポケットが大きいです。2wayじゃないほうはA5用紙がギリギリすっぽり入るくらい、2wayは葉書きサイズです。

ホックの位置と数が違う

ボンモマン・保冷できるレジかご用バッグと2way保冷エコバッグの比較

あとは些細なことですが、ホックの位置と数が違います。

2wayじゃないほうは短辺側それぞれの上部2ヶ所にホックがあり、上写真のように三角形に綴じることができます。対して2wayのほうは短辺側それぞれの下部にホックが1つだけあり、あくまで折り畳む際の固定用となっています。

内側の質感が若干異なる

ボンモマン・保冷できるレジかご用バッグと2way保冷エコバッグの比較

これも些細なことですが、内側のアルミシートの質感が若干異なります。

2wayじゃないほうは格子状のパターンが入っているのに対し、2wayはザラザラした質感です。どちらが良いのかはちょっと分かりません。

なお、内側のメッシュポケットは大きさも素材もまったく同じに見えます。ダイソーの「氷点下保冷剤ハードタイプS(220g)」がピッタリ収まります。

重さと広げやすさがちょっと違う

ボンモマン・保冷できるレジかご用バッグと2way保冷エコバッグの比較

2wayのほうはとてもシッカリしており、重量は393gあります。それに比べると2wayじゃないほうはペラッとしていて、約2/3の249gと軽いです。

個人的にはシッカリしている2wayのほうが好みですが、持ち手が左右に2つずつあるということもあって、ちょっと広げにくい感じもします。その点、2wayじゃないほうがピタッと自立しやすくて広げやすいです。

ちなみに、上面の巾着状の部分は生地も紐もまったく同じだと思います。

スペックの比較

ボンモマン・保冷できるレジかご用バッグと2way保冷エコバッグの比較

じゃないほう2way
サイズ※1上面40×25cm37×23cm
下面39×20cm40×18cm
重量※1249g393g
容量約20L
耐荷重20kg
素材ポリエステル100%
カラーライトグレー
チャコールグレー
ブラック
モカベージュ
シトロンイエロー
グレイッシュブルー
ブラック
ライトベージュ
生産国中国
お手入れ方法洗濯可弱40℃まで手洗いのみ
税込価格2,420円3,300円
配送料別(690円)※2込み

※1…収納マン実測 ※2…買物合計税込11,000円以上で配送料無料(離島・一部地域は除く)

最後にスペックを比較してみましょう。

大きさは微妙に違いますけど、基本的にはほぼ同じです。容量や耐荷重、素材についても同様です。ただし、2wayのほうは手洗いのみと書かれているのに対し、じゃないほうは洗濯機で洗っても大丈夫なようです。

また、カラーバリエーションが大きく異なります。2wayが2色のみなのに対し、じゃないほうは6色から選ぶことができます。

価格はシッカリとしている2wayのほうが高いのは当然として、配送料も考えると個人的には2wayのほうがコスパが良いように思います。もっとも、このあたりはキャンペーン等によって条件が変わることもあるのかもしれません。

 

というわけで、個人的にはやっぱりの2wayのほうが良いかなと思います。丈夫だし、見た目もカッコイイです。

一方で、じゃないほうはカラバリが魅力的だし、何より軽くて四角く立ち上げやすいのが良いと思います。手触りもこちらのほうがソフトな感じです。

配送料の問題がなければさらに悩ましいかもしれませんね。

どれも良い色で真剣に悩みます

関連記事

2WAYハンドルで丈夫なレジカゴバッグ!ボンモマン「保冷エコバッグ」
ボンモマンの「2wayで持てるレジカゴ保冷エコバッグ」を使ってみました。紀ノ国屋のショッピングバッグと比較するととても丈夫で見た目も会社にそのまま持って行ってもおかしくない感じで素敵です。肩から掛けることも手で持つこともできる2WAYハンドル仕様。
カバンは掛けるのがベスト!ダイソーの「バッグ収納ハンガー」4種を試してみた
ダイソーの「バッグ収納ハンガー」4種を試してみました。バッグ収納ハンガー(JANコード:4549131963892)、くるっ!とロングフック(JANコード:4994163290926)、バッグハンガー(ダブル、JANコード:4549131960396)、イノマタ化学のバッグハンガー(JANコード:4905596670063)です。
抗菌&撥水!ボンモマンリュクス「掛け布団収納ケース」は上質な肌触り
ボンモマンリュクスの「リビングクッションになる 掛け布団収納ケース」は通常品の3倍もしますが、手触りがソフトで心地良く、おまけに撥水、防汚、耐久性にも優れているなど、高機能な布が使われています。おまけに日本製なのですから高価なのも納得です。
郵便物や領収書などの保管に!bon moment「じゃばら式ファイル」
アンジェのオリジナルブランド「bon moment(ボンモマン)」の「じゃばら式ファイル」Sサイズを使ってみました。アットファーストのプロパー品との違いはカード用ポケットが3つ多いこと。A5サイズ用と言いつつ結構ギリなのと、カード用ポケットにマチがないのが難点。

コメント