布製の救急箱だから薬の収まりが良い!ボンモマン「メディスンボックス」

当ブログは広告を掲載しています。詳細はこちら

救急箱・イメージ

薬の扱い方は各家庭で意外と異なります。救急箱を用意しているお宅もあれば、引出しや棚の一角に薬置き場を設けているお宅もあります。置き薬をメインで使っておられるところもあります。

それぞれに一長一短があり、一概に良し悪しは判断できないものの、薬の管理が少なからず面倒であることは間違いないでしょう。キッチリと救急箱に収めたつもりでも、時間の経過とともに薬が追加されてオーバーフローしてしまうんですよね。

その点、今回ご紹介する布製で大容量の救急箱は良いかもしれません。

当記事は楽天プレミアムパートナー制度に基づき、アンジェ(インテリア雑貨)様から商品提供を受けてレビューしております。毎度のことながら、その他金品の受領や執筆内容の指示等はありません。
この記事は2023年2月13日時点の情報に基づいています

 

bon moment・メディスンボックス

bon moment・メディスンボックス(チャコールグレー)

今回ご紹介するのはアンジェのオリジナルブランド・bon moment(ボンモマン)の「メディスンボックス」です。

”メディシン”じゃなくて”メディスン”。でも、”バックス”じゃなくて”ボックス”。発音がちょっとちぐはぐな感じがするものの、商品名からして強いこだわりを感じさせる薬箱です。

ともあれ、外観はナイロンの布でできており、まるでメイクボックスのよう。薬箱には見えず、とてもオシャレだと思います。

大きさはおよそ幅24×奥行22×高さ18cm。500mlのペットボトルはもちろん、500ml缶よりもちょっと低いくらいの高さとなっております。

仕切りがないから使いやすい

bon moment・メディスンボックスはメインスペースが仕切られていない構造

ファスナーを開けて中を見ると、メインスペースの内壁やフタの内側にはポケットはあるものの、真ん中の広いところはまったく仕切られていません。仕切り板が付いていたほうが良いとおっしゃる方もいるでしょうけど、個人的には仕切られていないほうが大小様々な薬の箱や袋を収めやすくて良いと思います。

内服薬を収めてみた

bon moment・メディスンボックスに内服薬を収めてみた

内服薬を中心に収めて、実際の使い心地を確認してみました。

仕切り板がないので最初はちょっと薬の配置に悩むものの、処方された薬の袋などが収めやすくて、やっぱり仕切りがないほうが良いと思いました。

メインスペース

bon moment・メディスンボックスのメインスペース

もうちょっと詳しく見てみましょう。メインスペースは仕切りがないのでそのままだと薬の箱が倒れがちですが、100均のプラ箱ひとつで簡単に仕切ることができます。

ちなみに、今回はダイソーの「ONE storage 収納ケース No.108」(85×170×87mm)を使いました。

ギャザーポケット

bon moment・メディスンボックスのギャザーポケット

正面から見て左側にはギャザーポケットが設けられています。伸び縮みするので厚みのあるものも収めやすく、倒れるとイヤな感じのモノや、よく使うモノを収めるのに最適です。

ループ付きゴムバンド

bon moment・メディスンボックスのループ付きゴムバンド

その反対側、正面から見て右側の内壁にはループ付きのゴムバンドになっています。体温計、塗り薬、ピンセットなどの細いものを計5本収納可能です。

メッシュ式フラットポケット

bon moment・メディスンボックスのメッシュ式フラットポケット

手前側の内壁はメッシュのフラットポケットになっています。領収書や使用説明書などを収めるのに便利そうです。

カードポケット

bon moment・メディスンボックスのカードポケット

奥側の内壁にはカード4枚分のポケットがあります。診察券などを収めると良いのでしょうか。4枚だけというのは少ないと感じますし、そもそも薬箱に入れておく合理性に欠けるように思いますが。

フタ裏ポケット

bon moment・メディスンボックスのフタ裏ポケット

フタの裏にもフラットな大ポケットがひとつと、メッシュの小ポケットが2つ付いています。よく使うモノ、忘れがちなモノなどを収めると良いでしょう。

外側背面ポケット

bon moment・メディスンボックスの外側背面ポケット

外側の背面にもフラットポケットがひとつあります。こちら側を正面に向けて、忘れがちな薬の袋などを入れておくというのもひとつの使い方でしょう。

どこに置いてもオシャレ

bon moment・メディスンボックス inカラーボックス

3段カラーボックスに収めてみるとこんな感じです。どんな場所に置いても素敵に見える佇まいだと思います。

ちなみに、横にあるのは以前に紹介した、同じくボンモマンの「じゃばら式ファイルSサイズ」です。このファイルをセットで使って医療費の明細書などを収納しておくと便利でしょうね。

 

というわけで、ボンモマンのメディスンボックスを紹介しました。こういう布製の救急箱って他に選択肢が少なく、しかもこんなにシンプルでオシャレなものは皆無です。

木製やプラスチック製の救急箱だと、薬が1mmでも大きすぎると収まらなかったりしますが、こちらは布製なので融通が利くというのもナイスです。落として割れたり壊れたりする心配がなく、血圧計などの電子機器を収めるにも安心だと思います。

救急箱をお探しの方には、これは結構オススメできるんじゃないでしょうか。

ライトグレー色もあります

関連記事

郵便物や領収書などの保管に!bon moment「じゃばら式ファイル」
アンジェのオリジナルブランド「bon moment(ボンモマン)」の「じゃばら式ファイル」Sサイズを使ってみました。アットファーストのプロパー品との違いはカード用ポケットが3つ多いこと。A5サイズ用と言いつつ結構ギリなのと、カード用ポケットにマチがないのが難点。
無印良品のPP引出とファイルボックス1/2で薬やマスクをガサッと収納
無印良品の「ポリプロピレン収納ケース・引出式 小」や「ポリプロピレンファイルボックススタンダード・幅25cmタイプ・1/2」を使って、LDKに面したパントリーの薬やマスクの収納方法を再構築しました。引出しの天板上にプラダンを敷き詰めることで段差を解消しています。
カッコイイ!無印良品の「ポリエステル母子手帳ケース」に黒色が追加
無印良品の「ポリエステル母子手帳ケース」の大・小ともに黒色が追加されました。従来のネイビー色よりもスタイリッシュで男性でも使える感じです。なお、「ポリエステル・おむつポーチ」はネイビー色のみのままです。
カインズ「スキット」キラー爆誕!ダイソー「ONE storage収納ケース」
ダイソーの新商品「ONE storage」シリーズの「収納ケース」はスゴイ!サイズバリエーションが10個もある、キチッとした感じのスクエアなプラ箱なのです。デスクからタンスまで引出しの仕切りとして、またカラーボックスのインナーケースとしても使えるでしょう。

コメント