『子育てママの私が片づけに夢中になった理由(仮)』発売のお知らせ
スポンサーリンク

食器洗い乾燥機(パナソニックNP-TR8-W)を買い替えて設置しました

先日、ママ(パパ)友のホームパーティーに招かれお邪魔したところ、食器洗い乾燥機が壊れたので買い替えたという話題になりました。「これがないとすごく不便だからすぐに買い替えたんだけど、お店に行ったら今はパナソニックの商品しかなくて、しかも種類も少ないのよー!」と言ってました。

私と妻は「お互い、結婚して10年も経つとちょうど家電の買い替え時期で、物入りねー」なんて言ってたんですが、まさかその直後に我が家の食器洗い乾燥機が壊れることになるとは思ってもいませんでした(苦笑)

ナショナル・食器洗い乾燥機 NP-50SX3↑我が家で11年半、大活躍したナショナルのNP-50SX3

ナショナル・食器洗い乾燥機 NP-50SX3内部↑扉をオープンしてもメタルラックにピッタリ収まる

 

食器洗い乾燥機パナソニックNP-TR8-Wを慌てて購入

我が家にとって、食洗機はなくてはならない存在です。キッチンにおいては、冷蔵庫、電子レンジと並んで、三種の神器と言っても過言ではないでしょう。食洗機がなかったら洗い物が面倒だし、洗ったものを置く場所にも困ります。もう、食洗機のない生活は考えられません。NO DISHWASHER, NO LIFEですよ。

そんなわけで急きょ、食洗機を買い替えることに。とは言っても、ママ友が言っていた通り、確かにパナソニック製しかない。しかもファミリーサイズは2機種だけ。システムキッチンへのビルトインが進んで、据え置き型の需要が減っているためでしょうか。パナソニックによる過去のプレスリリースを見る限り、そういった傾向があるようです。

食器洗い乾燥機総需要・普及率推移出典:パナソニック

で、ほとんど迷う必要もなく、パナソニックのNP-TR8-Wをネットで購入しました。10年前はネットで家電を買うなんて考えられなかったのに、今じゃ注文した翌日に届くんですからスゴイものです。

パナソニック 食器洗い乾燥機 NP-TR8-W 箱

しかしまあ、分かっていたとは言え、デカイです。22kgもあります。



取り替えなら簡単!約1時間で設置が完了

設置はそれなりに大変だろうと覚悟していたのですが、案外すんなりと完了しました。温水洗浄便座の交換の際は水道の元栓を閉じる必要がありましたが、今回はその必要もなく。大変だったのは、隣の冷蔵庫を動かす必要があったり、普段移動することのない食洗機の裏のホコリを取り除いたり、あとはメタルラックの棚板の高さを調整する必要があったことでした。

食洗機の高さが以前より高いためメタルラックの棚板の高さを調整する必要に迫られた↑しまった!扉が開かない!

食洗機の購入に際して選択の余地がなかったためにノーチェックだったのですが、ドア開放時の高さが594mmから649mmに55mmも高くなっていました。幸い、メタルラックなので棚板の高さを50mm(2段階)上げて対応。

 

余談ですが、アイリスオーヤマのメタルラックは防錆加工が施されていないため、見えないところで結構錆びていました。

食洗機の蒸気で錆びてしまったアイリスオーヤマのメタルラックの棚板

当時は防錆性能なんてまったく意識していなかったんですが、クリアコーティングの施されたルミナスラックにしておかなかったことが悔やまれます。

 

まあそんなこんなで、食洗機の設置自体は苦労なく掃除も含めて約1時間で完了。

パナソニック 食器洗い乾燥機 NP-TR8-W 設置完了

冷蔵庫と食洗機がシルバーで揃っていたのに今回はホワイトになることにちょっと抵抗があったんですが、こうして設置してみると美しいですね!嫁は古いほうが良いですが、やっぱり食洗機は新しいのに限ります。

 

パナソニック 食器洗い乾燥機 NP-TR8-Wの内部

メタルラックの棚板の高さを調整して、バッチリ収まりました。内部は以前よりも樹脂パーツが増え、上段の下側にも洗浄ブーメランノズルが付いて洗浄力が期待できそうです。

 

パナソニック 食器洗い乾燥機 NP-TR8-Wにコップを入れてみた

ただ困ったことに、今までは左上に立てて入れていたコップが入りません。背の高いグラスは右側に斜めに入れれば良いそうですが、扉が閉まりませんでした。食洗機を買い替えたことで、使う食器を変えることになりそうです。

家を引越しすれば家具を買い替えるように、食洗機を買い替えると使う食器を替えなければならないのは必然なのかもしれませんね。

 

食洗機を買い替えたことで食器の入れ方はしばらく悩ましい状態が続きそうですが、我が家の必需品である食洗機が壊れてもすぐに手配できてホッと一安心。洗浄力のほどはしばらく使ってみないと分からないものの、スペック的には水の使用量が約26%も減るそうです。電気代は単純比較できず、よく分かりません。音は静かになったというよりは、動いている音が小刻みに聞こえる感じです。先代は単調な動きでしたが、最新モデルはかなりのテクニシャンのようです(笑)

こうやって家電を買い替えるだけでも、家事はまた楽しくなりますね。今度の相棒も、また10年ほど大切に使っていきたいと思います。

コメント

  1. たまい より:

    お疲れ様です。
    メタルラックに関するご回答ありがとうございました。
    ご教授頂いた情報を元に、寸法を下記の通り変更する事といたしました。
    「横幅:66cm、奥行き:35cm、高さ:158.5」
    棚板はメタルのを使用したくない(見た目の問題)ので、ウッディ棚板にする
    関係上、オーダーメードで購入する予定です。

    ここで再度質問なのですが、アイリスオーヤマ製のメタルラックは防錆コーティングがされていないとの事ですが、現行品は防錆コーティングがされているとの記載がHP上にありました。
    それでも、ルミナス製の方が防錆効果はいいでしょうか?

    • 収納マン より:

      たまいさま

      アイリスオーヤマ製のメタルラックの防錆性能について。
      確かなことは言えないのですが、これについては最近になってから言いだしたことで、昔から仕様はまったく変わっていないはずなんですよね。
      ニッケルメッキの上にクロムメッキというのは新たに防錆コーティングがされたというわけではありません。
      実際、品番も変わった形跡はありません。

      また、「圧倒的にサビに強い!」という模式図として示されているのはポールを示していると思われますが、対してルミナスラックはワイヤーを模した模式図となっています。
      実際のところ、ポールはさほど錆びませんが、ワイヤー、特に溶接部は錆びやすいですね。

      ルミナスラックが溶接部までクリアコーティングを施しているかどうかは分かりませんが、アイリスオーヤマはニッケル+クロム、ルミナスラックはニッケル+クロム+クリアコーティングとなっており、私はクリアコーティングを施したルミナスラックのほうがサビに強いと実感しています。