2024年4月23日(火)から最長25日(木)にかけてサーバーの更新を予定しています。その間はコメントがうまく投稿or返信できない可能性があります。

平安伸銅工業「ラブリコ」からロードバイク用ハンガーやフック等が発売

当ブログは広告を掲載しています。詳細はこちら

ミノウラ(MINOURA) 「 バイクハンガー4R」

1年前に発注したロードバイクがようやく昨年のクリスマスに届きました。購入時はまさかそんなに待たされることになるとは思いもよらなかったので、早めに買ったミノウラのバイクハンガーは随分と待ちぼうけを食らいました。

それはさておき、バイクハンガーと言えばミノウラというのはサイクリストの常識だと思っていたのですが、amazonで見てみると意外とワケの分らない中華メーカーの商品が幅を利かせていたりします。そこに勝機があると見たのか、平安伸銅工業の「LABRICO(ラブリコ)」シリーズにバイクハンガーが追加されました。

※この記事は2023年1月27日時点の情報に基づいています

 

ラブリコ・ロードバイクハンガー

このたび発売されたラブリコの「ロードバイクハンガーSXK-519」、実は試作品を先に見てきました。

ミノウラのバイクハンガーはツヤあり塗装ですが、ラブリコのはエポキシ樹脂粉体塗装でマットな質感。すごく鉄っぽいというか、インダストリアルな雰囲気です。

ベースとハンガーが独立した構造

また、ミノウラはハンガーが軸を中心として跳ね上げる方式ですが、ラブリコはベースとハンガーが独立していて、引き抜いたハンガーをベースに引っ掛けるようにして畳みます。

そういうこともあって、余計に鉄っぽさが強く出ているんですよね。

取付け時に角度調整が可能

あとですね、ミノウラはハンガーの角度を変えられるように下部に調節用のネジが付いています。一方で、ラブリコは構造上そういう風にはなっていません。その代わりに、3ヶ所のネジ穴のうち一番上が横長の穴になっているので、取付け時に角度を調整しやすいようになっています。

ミノウラとの違いは概ねそんなところです。価格も重さも似たり寄ったりです。もちろん、ロードバイクを掛けるにあたって特に問題はないと思います。インテリア性重視ならラブリコという選択肢は十分アリじゃないでしょうか。

 

ラブリコ・ロードバイクフック

自転車関連はもうひとつあります。「ロードバイクフックSXK-520」はサイクルラックのようにサドルを引っ掛けることができるフックです。

こちらも質感は鉄っぽくて男前な感じ。また、ベースとフックが独立していて、いったんフックを持ち上げてベースに引っ掛け直すことで畳むという構造も同じです。

突っ張った2×4材に全重量を預けるのはちょっと不安と感じる方には、こちらのほうが安心かもしれません。

 

ラブリコ・スケートボードハンガー

同時に「スケートボードハンガー」(ホワイト:SXO-521、ブラック:SXK-521)も発売されました。

フックが2本のシンプルな構造ですが、スケボーだけでなく、キャスターボード、キックボードなども掛けることができます。また、それぞれ横向きだけでなく縦向きに掛けることも可能です。

 

以上、ラブリコのロードバイクハンガーほか2点を紹介しました。

ぶっちゃけ、ローダー(ロードバイクに乗る人)からすれば、ミノウラ一択の状況は変わらないと思います。しかしながら、ラブリコから入った人にとってはむしろラブリコのバイクハンガーのほうが信頼できるんじゃないでしょうか。

ローダー人口なんてたかが知れています。一方で、DIYをする人はローダーよりもずっと多いはず。必然的にラブリコのロードバイクハンガーは売れると思いますねー。

関連記事

平安伸銅工業ラブリコ2×4アジャスターに強力タイプ「EXO-1」発売
平安伸銅工業から「ラブリコ2×4アジャスター強力タイプ」(ブラウン:EXB-1、オフホワイト:EXO-1)が発売されました。従来のつっぱりパーツよりも接地面を大型化し、滑り止めパッドを併用することで、より倒れにくくした商品です。同時に「テレビハンガーEXK-14」も発売。
待ってました!「ラブリコ・アイアン」に伸縮アイアンロッドが登場
平安伸銅工業の「LABRICO IRON(ラブリコアイアン)」シリーズに加わった新パーツ「伸縮アイアンロッド」は、突っ張り式ではないけれど、長さを調節できる専用のハンガーパイプです。
ツーバイフォー材などを使って壁面収納棚を作れるDIYパーツまとめ
2×4(ツーバイフォー)材などを使って壁面収納棚を作れるDIYパーツについてまとめてみました。突っ張るタイプなら平安伸銅工業のラブリコがオススメ。カラバリやラインナップが豊富で1×8材などにも対応できます。それよりもイチオシはアイワ金属のスタンドバーとニューヒカリのウォールベース。石膏ボードに直接固定するので倒れてくる心配がありません。
ラブリコなんてもう古い!?自転車やテレビをDIYで壁掛けするならコレ!
清水のニューヒカリ「WALL BASE(ウォールベース)」を使って2×4材を石膏ボード壁に固定して、ロードバイク用のディスプレイハンガーをDIYで作ってみました。ラブリコなどと違って天井が抜ける心配がなく安全です。圧迫感もありません。

コメント