『子育てママの私が片づけに夢中になった理由(仮)』発売中
スポンサーリンク

斬新すぎるツリー状の収納ワゴン!ドローアライン「Move Rod」

ここのところ、収納マンの新居に設えた家具や日用品を紹介する記事ばかりが続いております。「浮かれるのも良いが、収納グッズの新商品はないのか?」と思われている方もいらっしゃるかもしれません。

申し訳ございません。確かに浮かれています(苦笑)まるで新妻のように会社から帰ってきた妻を迎え入れて、「今日はここをこんな風に片づけたよー」と報告するのが楽しみで仕方ないのです。収納グッズの設置ばかりドンドン進んでしまって、それを紹介する記事がまったく追い付かないというのが現状です。

とは言え、決してそれにかまけているわけでもないんですよ。もともと5月のゴールデンウィーク前後は収納グッズの新商品が少ないのですが、今年は新型コロナウィルスの影響で業務が滞っているのか、製造に遅れが出ているのか、商談の機会がないからか、例年以上に新商品が少ないように感じます。

そんな中、平安伸銅工業はコロナなどお構いなしに精力的に新商品を発売しています。浴室で使えるアルミ製のつっぱり棒や、ネット通販や持ち帰りを想定したノックダウン対応の連結式つっぱり棒に加え、今度はDRAW A LINE(ドローアライン)シリーズにとても斬新な収納グッズを投入してきました!

 

ドローアライン「Move Rod」

平安伸銅工業・DRAW A LINE MOVE ROD キャスター付きポール ブラック D-MR-BK

便利グッズという印象が強かった突っ張り棒を根本的に見つめ直し「一本の線」として再定義したDRAW A LINE(ドローアライン)シリーズは、オシャレな突っ張り棒として大ヒットしました。

ところが今度は突っ張り棒ではありません。棒に円い台座とキャスターが付いた、今までに見たことがない斬新な形状になりました。まさしく動く棒、「Move Rod(ムーブロッド)」という商品名です。

ドローアラインのパーツで拡張可能

MOVE RODはドローアラインのパーツで拡張可能 

Move Rodはもちろんそれ単品で使うものではありません。従来のドローアライン縦方向取付パーツを使って拡張して使えるようになっています。

たとえばキッチンワゴンとして

たとえばキッチンワゴンとして Move Rodを使用

たとえばMove RodにフックA+テーブルA+トレーを組み合わせればキッチンワゴンとして活用できます。一般的なキッチンワゴンだと棚やバスケットにモノを置く感じでちょっと出し入れしにくい場面もあるかと思いますが、これなら必要なモノにサッと手が届きますね。

たとえばサイドテーブルとして

たとえばサイドテーブルとしてMove Rodを使用

たとえばソファの横に置いてサイドテーブル代わりに使うこともできます。テーブルAを使えばマグカップを好みの高さに置くことができて便利。また、トレーをセットして小さな植木鉢を飾ったり、台座に雑誌を置くこともできます。

小回りの利くサイズ感

Move Rodは小回りの利くサイズ感

Move Rod本体の大きさは直径が400mmで高さは971mm。部屋の隅に置くのにちょうど良いサイズ感で、安定感があり手で持って移動させるのに便利な高さでもあります。また、ソファやダイニングテーブル、サイドボードの高さなどともコーディネートしやすい高さと言うこともできます。

キッチン、リビングダイニングだけでなく、ベッドサイド、デスクサイド、玄関、ウォークインクローゼットなど、活躍できる場面はたくさんあるのではないでしょうか。

 

これくらい高さがあれば、フックBに婦人もののジャケットを掛けることもできるはずです。トートバッグを掛けたり、ハンドバッグやコスメボックスを台座に乗せたりして、身支度セットとして使っても良いと思います。

一方で、ネックになりそうなのは価格の高さ。本体が税込7,150円でパーツを2~3つ加えると、1~2万円くらいになります。せめてトータルで1万円以下に収まればヒットするんじゃないかという感じですが、逆に言うとこれは安価な模倣品が出てくる予感がしますねー。

ともあれ、とても斬新な収納グッズだと思うので、一度試してみたいと思います。なお、Move Rodの一般販売開始は2020年7月15日の予定です。

 

関連記事

カインズで平安伸銅工業「DRAW A LINE」の廉価版が販売中
カインズ×平安伸銅工業コラボの「つっぱりポール」シリーズはまるで「DRAW A LINE」のような白と黒の突っ張り棒とその関連品です。ドローアラインの1/4~1/2程度という手頃な価格が魅力。100均と比べれば高価ですが、インテリア性では比べるまでもありません。
未だかつてないクールな「つっぱり棒」!TENT×平安伸銅工業「DRAW A LINE」
「つっぱり棒」ってどうですか?便利ですよねー。ある程度大きさの合ったつっぱり棒を用意すれば伸縮自在で賃貸住宅でも取り付け可能で、洋服を掛けたり、カーテンを掛けたり、室内物干しの代わりにすることだってできます。しかもコストパフォーマンスが高い...
IKEA「ロースコグワゴン」にハンドルが付いたキッチンワゴンをお試し
IKEA「ロースコグワゴン」にハンドルが付いた、モダンデコの「キッチンワゴンkw01」と専用の「天板kw02」を試してみました。思いのほか組み立てづらいところもありますが、ハンドルが付いていて便利という点をメリットと考えれば、これはこれでアリかもしれません。
IKEA「ロースフルト」ワゴンはロースコグのミニサイズでテーブル下OK
IKEA(イケア)の新商品「RÅSHULT(ロースフルト)ワゴンは「RÅSKOG(ロースコグ)」のミニサイズ。テーブル下に収まる高さということですが、日本のダイニングテーブルはヨーロッパ製よりも低いことが一般的なので注意が必要です。サイズや価格の比較もしています。

コメント