『子育てママの私が片づけに夢中になった理由(仮)』発売中
スポンサーリンク

オラオラオラー!「ツッパリ嬢」がホームセンターの突っ張り棒売場を占拠

衝撃のニュースが飛び込んでまいりました。

突っ張り棒で業界トップシェアを握る平安伸銅工業の竹内香予子社長が、”約9割の人が間違った突っ張り棒の使い方をしている(自社調べ)”という現状にブチギレ。グレて「ツッパリ嬢」となり、ホームセンターの突っ張り棒売場を占拠してしまいました。

 

売場を「ツッパリ嬢」が占拠

ツッパリ嬢に占拠されたホームセンターの突っ張り棒売場

出典:PR TIMES(以下)

売場はまさに「ツッパリ嬢ジャック」状態です。キレッキレのツッパリ嬢のポートレートが掲げられるとともに、突っ張り棒を使った見せしめ(実例)として歯磨き粉が吊るし上げられている様子までうかがえます。

しかし、「ジャンプしてみろ」→「小銭持ってんじゃねーか」→「突っ張り棒買え!」と言うわけではありません。かなり睨みは効いていますが、言っていることは至極マトモなのです。



その突っ張り方、間違ってませんか?

その突っ張り方、間違ってませんか?

”約9割の人が間違った突っ張り棒の使い方をしている(自社調べ)”現状を目の当たりにして、ツッパリ嬢はまず「その突っ張り方、間違ってませんか?」と疑問を呈しておられます。非常識な恰好に見えて、実はツッパリ方にも作法があるのですね。

突っ張る壁をまず確認しましょう

突っ張る壁をまず確認しましょう

突っ張り棒を設置するときにはまず壁の状態を確認しましょう。できれば下地のあるシッカリとした壁面を選ぶのがベターです。メーカーとしては”凸凹がない平らな壁”を推奨しているようですが、石膏ボードむき出しの壁面はかえって滑りやすいです。なので、私は塩ビ壁紙などのほうが滑りにくくて良いと思います。

ネジを奥深くまで挿し込みましょう

ネジを置く深くまで回して挿し込みましょう

ジャッキ式の突っ張り棒は真ん中に長さを調節するためのネジが付いています。そのネジを奥深くまでシッカリと回して挿し込んでやらないと、長さを固定することができません。気合いを入れてネジを締め上げましょう。

ジャッキ式は上下の向きを間違えないように

ジャッキ式は上下の向きを間違えないように

ジャッキ式の突っ張り棒には上下の向きがあります。端部が出っ張っているほうが下です。逆にしてしまうとせっかくのジャッキ効果を得ることができません。

バネ式は長めにセットしてから押して縮める

バネ式は長めにセットしてから押して縮める

暖簾などを吊り下げるバネ式の突っ張り棒は、あらかじめ長めにセットしてから限界まで押し縮めて設置します。スペースに合わせてクルクル回して長くしつつ突っ張るというのではダメなんですね。気合いを入れて「押す!」というわけです。

突っ張り棒は床と平行に設置すること

突っ張り棒は水平&平行を確認して設置

突っ張り棒が落ちてしまう原因としてもっとも多いのは、床や天井、奥の壁などに対して、平行するように取り付けられていないということです。平行になっていないと、左右どちらかに荷重が偏って落ちやすくなります。必ず左右の高さや奥の壁との距離をmm単位で測って水平になるように取り付けましょう。

突っ張りは耐震グッズとしても役立ちます

突っ張りは耐震グッズとしても役立ちます

突っ張り棒はカーテンや洋服を掛けるだけではありません。その仕組みは耐震グッズとしても活用されています。敵にまわすと怖いツッパリも味方にすれば鬼に金棒です。

壁との間には何も挟まないほうが良い?

壁との間には何も挟まないほうが良い?

突っ張り棒の端部と壁の間には何も挟まないほうが良いそうです。ただ、石膏ボードむき出しの場合や化粧合板の壁面は滑りやすいので、100均の滑り止めシートなどを挟んだほうが滑りにくくて良いと私は思います。また、平安伸銅工業も「突っ張り棒 補強 強力サポート板」を販売しているわけですから、ここはシカトしても差し支えないのではないでしょうか。

突っ張り具合は定期的に確認しましょう

突っ張り具合は定期的に確認しましょう

掛けた洋服を取るときに突っ張り棒の取り付け位置がズレてしまって落ちるということがあります。また、洗面脱衣所などの湿気が強い場所や、下地がない壁面の場合は、壁が徐々にたわんで強く突っ張れなくなってしまうことがあります。なので、定期的にシッカリと突っ張れているかどうか確認するようにしましょう。

耐荷重性能を確認しましょう

耐荷重性能を確認しましょう

突っ張り棒は通常、「幅75~120cm、耐荷重50~30kg」などとパッケージに表示されています。これは幅75cmで使用した場合、耐荷重は50kg、同じく120cmなら30kgまで耐えられることを示しています。逆に言うと、120cmでも50kgまで耐えるわけではないのです。その点をシッカリ確認して、設置場所に最適な突っ張り棒を選ぶようにしましょう。

ちゃんと分かったのカヨ!?

ちゃんと分かったのカヨ!?

以上、「ツッパリ嬢」こと平安伸銅工業三代目社長・竹内カヨ子様からのお達しでした。間違った使い方を続けていると、そのうちシメられるかもしれません。怖えー。

 

いやはや、三代目になってからの平安伸銅工業はスゴイですねー。ラブリコやドローアラインなどヒット商品を連発するし、PRの仕方もとても上手です。

是非とも他のメーカーも参考にしていただいて、苦境が続くホームセンター業界を盛り上げてもらいたいですね。

関連記事

ラブリコに手軽に棚を追加できる!平安伸銅工業「シェルフサポート棚受」
平安伸銅工業の「シェルフサポート棚受」は「LABRICO(ラブリコ)」に手軽に棚を追加できる棚受パーツです。従来品は支柱を通すため棚板の追加が大変でしたが、新商品は手軽に後付けできます。また、コンパクトで見た目がスッキリしているのがメリットです。
平成最後の最終兵器!?平安伸銅工業「LABRICOナゲシレールブラケット」
平安伸銅工業から「LABRICO(ラブリコ)ナゲシレールブラケットKXO-210」が発売されました。木質系壁または石膏ボード壁に簡単に長押を取り付けられるDIYパーツで、様々な使い方ができそうです。これは大ヒット間違いなしではないでしょうか。
これならもう突っ張り棒が落ちないよ、君!平安伸銅工業の「突ぱり強力サポート板」
以前に「突っ張り棒が落ちない君」という商品を紹介しました。石膏ボード壁にホッチキスで留めるグッズで、これを付けると突っ張り棒が落ちなくなるという画期的なアイテムです。あまりに素晴らしいと思ったので、私でも作れるんじゃないかと実験もしたほどで...
ラブリコの実例集として最適!『魔法のつっぱり棒でお部屋が変わる』発売
平安伸銅工業社長でつっぱり棒博士こと、竹内香予子さんの新刊・別冊ESSE『魔法のつっぱり棒でお部屋が変わる』(扶桑社)が発売されました。ラブリコでDIYを検討している方には参考になるところが多いと思います。

コメント