スポンサーリンク

100均のPPシートで洗濯機横のすき間にホコリが溜まるのを防ぐ方法

ミヤコ「洗濯機パン用スキマパッキン」ですき間を塞いだ洗濯機パン

半年ほど前にミヤコの「洗濯機パン用スキマパッキン」で洗濯機パンと壁の間の1cmにも満たないすき間を塞ぎました。おかげで、年末の大掃除の際はパッキンを取り外して丸洗いするだけでホコリを一掃することができました。

しかしながら、洗濯機と壁のすき間全体をカバーしているわけではありません。そこはこれまでと同様にホコリが降り積もるため、洗濯機を引っ張り出して掃除する必要があります。私のようにか弱い主夫にとっては重労働ですから、もっと手軽に掃除できるようにしたいところです。

そこで、いろいろ検討した結果、100均のPPシートを同じく100均の粘着式マグネットプレートで固定してやれば良いんじゃないかと考えました。

 

セリア・PPシート&マグネットプレート

セリア・PPシート4947879712978&マグネットプレート4954939017256

というわけで早速、セリアで「PPシート不透明(50×35×0.075cm)」2枚とサンノートの「マグネットプレート」を購入してきました。ナカトシ産業の「粘着付マグネットプレート」のほうが強力だと思うのですが、まあそれほど大差はないでしょう。

磁力が弱くてダメでした

磁力が弱くてダメでした

洗濯機と壁のすき間は約14cmだったので、PPシートを2等分にカットしてから一辺にゴム磁石を貼り付け、最初はU字型に貼り付けました。しかし、PPシートの反発力ですぐに外れてしまうため、上写真のようにV字型に近いかたちに。ところが、これでもすぐに外れるうえに壁紙が汚れそうなので方法を再検討することにしました。

磁石なしでOKでした

洗濯機と壁のすき間をPPシートで覆ってホコリが積もるのを防ぐ

で、結局どうしたかというと、こうなりました。PPシート1枚半をU字型に曲げて、洗濯機の側面のスチールと樹脂の段差のところに引っ掛けただけです。壁側は摩擦抵抗で留まっています。

こんなんじゃ洗濯乾燥機を使っているときに振動ですぐに飛んで行ってしまうと思いました。しかし、意外と洗濯乾燥機が振動してもズレません。

予想に反して、強力なゴム磁石を使っても所詮はゴム磁石なので磁力が足りず、それよりも洗濯機側面の段差にPPシートの端を引っ掛けたほうが確実に固定できたということなのでしょう。

 

洗濯機と壁のすき間にホコリが積もるのを防ぐ方法をいろいろ模索した結果が、PPシートをU字型に曲げて挟むだけというのは何ともシンプル過ぎると思います。しかしながら、シンプルなほうが設置の手間がなく、おまけに低コストです。何も問題ないでしょう。

なお、我が家の洗濯乾燥機はパナソニックの「NA-VX8600」というモデルです。他社製品の側面にも同じような位置に段差があるかどうかは分かりません。また、壁とのすき間によってはPPシートの大きさを調整する必要があると思います。そこはトライ&エラーしてみてください。

関連記事

ミヤコ「洗濯機パン用スキマパッキン」でパン横のホコリをシャットアウト
ミヤコの「洗濯機パン用スキマパッキンSPK640」と「同SPK740」を使ってみました。洗濯機パンと壁のすき間を埋めるゴムっぽいパッキンです。無印良品の「縦にも横にも連結できるポリプロピレン平台車」を使って洗濯機を引っ張り出して洗濯機パンとその周りを清掃して設置。ホコリが溜まりにくくなりました。
百均でも超強力なゴム磁石!セリア「粘着付マグネットプレート」試してみた
100円ショップのセリアで強力タイプの粘着式マグネットシートを2点購入しました。ナカトシ産業の「粘着付マグネットプレート」とサンノートの「マグネットプレート強磁力片面粘着剤付2枚入」。いずれも磁力がとても強くて収納に役立ちます。
バスブーツを収納するなら山崎実業よりレック「マグネットポケット」
山崎実業の「マグネット バスブーツホルダーPLATE ホワイト 2766」を購入したものの、これでは水滴が落ちると妻からクレームが入りまして、レックの「マグネットポケット(仕切り付き)K-998」に買い替えました。両者を比較すると、レックはほとんど水滴が落ちることなく、およそ半値で済みコスパも良いと思います。
New洗濯乾燥機の乾燥機能に大満足!除湿乾燥機やめたら電気代が1/3以下に
パナソニックの洗濯乾燥機「NA-VX8600」に買い替えて乾燥機能に大満足です。除湿乾燥機を使う必要がなくなって電気代が1/3以下になりました。ただし、乾燥機能を使う度にフィルターを掃除する必要があるのがちょっと面倒です。

コメント