『子育てママの私が片づけに夢中になった理由(仮)』発売中
スポンサーリンク

ズボンが一瞬で掛けられる!?新感覚「ハードルハンガー」試してみた

ジェニアル・ハードルハンガー

先日、楽天市場でちょっと変わった形のハンガーを見つけました。商品名は「ハードルハンガー」。スラックス用のハンガーのようですが、普通のスラックス用ハンガーとは使い方がちょっと違うらしいです。

これは実際に使ってみないと分からないということで、楽天市場にある「あなろ(インテリア雑貨)」さんに商品を提供いただいて試してみることにしました。

当記事は楽天プレミアムパートナー制度に基づき、商品提供を受けてレビューさせていただいております。ただし、提供元に忖度することは一切ありません(笑)

 

ハードルハンガーの使い方

ベルトループにプスッと挿す

ハードルハンガーの先端をベルトループに挿す

今回はまずハードルハンガーの使い方を説明しましょう。ズボンの背中側を向け、脇腹に近い側のベルトループにハードルハンガーの先端をプスッと挿します。

逆に動かして中央部のベルトループを通す

ハードルハンガーを逆に動かして中央部のベルトループを通す

次にハードルハンガーを先ほどとは逆方向に動かします。すると、ほぼ自然に背中中央のベルトループにハンガーのスリットが引っ掛かります。

フック状の部分にベルトループを引っ掛ける

ハードルハンガーのフック状の部分にベルトループを引っ掛ける

そのままハードルハンガーの端のフック状の部分をベルトループに通します。

ここまで3ステップのように見えますが、実際には「挿して、戻す」の2アクション。慣れれば本当にもう、一瞬でズボンを掛けられるようになります。これは面白い!



完成形はこちら

ハードルハンガーでズボンを掛けた状態

ハードルハンガーを使ってズボンを掛けるとこんな感じになります。

ジーパンもOK

ハードルハンガーはジーパンもOK

もちろんジーパンもOKです。というか、むしろジーパンのように生地がシッカリしたもののほうが掛けやすいです。

スラックスも一応OKだが…

ハードルハンガーはスラックスも一応OK

スラックスも一応OKなんですけど、ちょっとダランと垂れてしまいます。細身の私でもこの調子ですから、ガッチリ体系だとこの掛け方はちょっと厳しいんじゃないかなと思います。逆に、婦人服ならちょうど良いのかもしれませんが。ちなみにハンガーの幅は43.5cmです。

二つ折りはなおさら厳しい

二つ折りはなおさら厳しい

ハードルハンガーはシリコン製の滑り止めが付いているので、普通のスラックスハンガーのようにズボンを二つ折りにして掛けることもできます。ただ、中央部が山なりになっているので、これではシワになってしまいます。カジュアルはともかく、スラックスはちょっと厳しいですね。

ズボンがかさばる!

ハードルハンガーはズボンがかさばる!

それよりも私が耐え難かったのは、上写真の通り、ズボンがかさばるということです。厚みは二つ折りに比べて半分で済むのでたくさん掛けられる半面、丈が長くなってしまって下に置ける衣装ケースの段数が限られてしまいます。おまけに裾が広がるので、クローゼットの扉が閉めにくいです。

スラックスハンガーより幅が大きい

ハードルハンガーはスラックスハンガーより幅が大きい

ハードルハンガーはズボンの幅に合わせた大きさですから、一般的なスラックスハンガーより幅が広くて43.5cmもあります(写真下はスラックス用ハンガー)。一般的なハンガーとほとんど変わらない大きさなので特に支障はないと思いますが、慣れるまでは少し違和感を感じる大きさです。

 

ズボンを二つ折りで掛けない人にオススメ

という具合で、正直言って私にはハードルハンガーはあまり合わない感じがしました。2ステップで掛けられるのは慣れると楽なのですが、いかんせんかさばるのがNG。ズボンの素材やベルトループの位置によって微妙に力加減を調節する必要があるところも少しストレスを感じるところです。

しかし、私がNGだからといって、この商品がダメというわけではありません。私がこれまでうかがったクライアント宅では、だいたい5人に1人くらいがズボンを二つ折りにして掛けるのではなく、腰のところで普通のハンガーに引っ掛けているんですね。ちょうど洗濯したズボンを干すときの状態です。

その掛け方が習慣になっている方にとっては、ハードルハンガーは掛けやすいし、ズボンが滑り落ちる心配も少なくて良いと思います。ピンチ付きのハンガーのようにかさばることもありません。

 

洋服の掛け方って、人それぞれに流儀があるものなんですよねー。なので、ズボンを二つ折りにして掛けない人や、今の掛け方に不満がある人は、ハードルハンガーを試してみる価値はあると思います。

5本セットで税込1,620円ですから、1本あたりは324円。100円ショップで普通のスラックスハンガー1本が買えることを考えると高価ですけど、ハードルハンガーは市販しているところがほとんどない特殊なハンガーですので、決して割高ではないと思います。

ちなみに、こちらのハードルハンガーは「GENIAL(ジェニアル)」というブランドですが、ジェニアルは「タブトラッグス(ゴリラタブ)」の輸入販売などをおこなうスペースジョイのオリジナルブランドです。また、今回商品を提供してくださった楽天市場の「あなろ(インテリア雑貨)」はスペースジョイ本社と同じビルにあるので関連会社と思われます。その点でも安心です。

 

収納マン
収納マン

ハードルハンガーの詳細はこちら(↓)から。動画もあります。

関連記事

百均orまとめ買い!?セリアvsKUENTAI「ステンレスハンガー」比較
セリアとKUENTAIのステンレスハンガーを比較してみました。100均ですがセリアのほうはエルオーが販売元で品質はシッカリしています。それに比べるとKUENTAIは品質が劣りますが、1本あたり換算の価格は半分程度からなのでコスト重視の方にオススメできると思います。
これは部屋干し用の神アイテム!ダイソー「カーテンレール用フック」
ダイソーの「カーテンレール用フック」はこれは部屋干し用の神アイテムです。カーテンの開閉の邪魔にならず、見た目も悪くありません。ただし耐荷重は350gと定められているので、濡れた洗濯物はNGとなっています。
防虫剤「ムシューダ」リニューアルで判明!クローゼット60cm幅で1個が目安
エステーの防虫剤「ムシューダ」がリニューアルされました。これまではクローゼット800リットルに対して1個使用としていたところ、パイプハンガーの幅60cmで1個が目安という風に、適切な使用数量が分かりやすくなりました。引出し用は1段につき2個が目安です。
ゴリラタブ対抗!?無印良品「やわらかポリエチレンケース」に丸型が追加
無印良品「やわらかポリエチレンケース」に丸型などが新たに追加されました。「丸型・深」はレッドゴリラ(旧・タブトラッグス)のMサイズに近い大きさで、フタをセットして重ねられるという点でも似ています。一方で取っ手が邪魔にならない、見た目にスッキリ見える、価格が安いというメリットもあります。

コメント