ワッツの滑らないハンガーまとめ買い!「wakiyakuアーチハンガー」

当ブログは広告を掲載しています。詳細はこちら

洋服を収納するコツのひとつは、できるだけハンガーを統一することです。もっと言うと、薄くてフックが回転しないハンガーを選ぶことが重要です。

なぜなら、ハンガーが薄いほうがたくさん洋服を掛けることができ、フックが回転しない同じ形状のものに統一することでハンガー同士が絡まりにくく、洋服を手に取ったり片づけやすくなるからです。部屋が散らからないようにするためには、片づけやすい状態を作ることは本当に大切なんですよ。

その点で言うと、もっとも理想的なのはクリーニング店でもらえるプラスチック製のハンガー。しかし、クリーニング店によっては針金ハンガーしかくれないという場合もありますし、プラスチック製では洋服が滑って落ちやすいと言う方もいらっしゃることでしょう。

最近は100円ショップでも滑らないハンガーが普通に手に入るようになりました。しかも、バリエーションも豊富になってきていますが、私が良いと思っているのはワッツで販売されているものです。

当記事は楽天プレミアムパートナー制度に基づき、トナリの雑貨店様から商品提供を受けてレビューしております。毎度のことながら、その他金品の受領や執筆内容の指示等はありません。ワッツからは何ももらってないです(笑)
この記事は2023年6月13日時点の情報に基づいています(2023年9月26日一部更新)

 

光友・すべり止めハンガー@ワッツ

光友・すべり止めハンガー・グレー@ワッツ 4582111356666

JANコードグレー:4582111356666
ホワイト:4582111356659
サイズ※1410×13×205mm
材質鉄、PVC
製造国中国
税込価格110円

※1…収納マン実測

ワッツで販売されている光友(こうゆう)の「すべり止めハンガー」は塩ビコーティングを施したスチール製の滑らないハンガーです。パンツなどを掛ける棒がないタイプなら2本で税込110円で買えるんですけど、すべて統一しておいたほうがハンガーを選ぶ手間がないうえ、この形状のほうが絡まりにくいと思います。

地元にワッツがあれば、洋服が増えたタイミングで手軽に1本から購入できるというのもメリットです。一方で、まとめて何十本も欲しいときは店頭に在庫がないこともあるでしょう。最近はオンラインショップで購入できるようになったとは言え、税込7,700円以上も購入しなければ送料が無料がならないのはちょっと痛いところです。

wakiyaku(R) アーチハンガー

トナリの雑貨店・wakiyaku(R) アーチハンガー・グレー30本セット

サイズ※1420×13×205mm
材質クロム合金、PVC
製造国中国
税込価格119円/本

その点、楽天市場ならほぼ同様のものがほぼ同じ価格で手に入ります。トナリの雑貨店のオリジナルブランド「wakiyaku(R)」の「アーチハンガー 30本セット」なら送料込みで3,580円。つまり、1本あたり税込119円です。この価格ならポイント還元なども考慮するとワッツで買うのと変わりません。

しかし、まったく同じ商品というわけではないです。果たしてwakiyaku(R)アーチハンガーはワッツのすべり止めハンガーと比較して良いのか悪いのか。細部までチェックしてみましょう。

 

光友とwakiyakuの比較

光友・すべり止めハンガー・グレー@ワッツ とトナリの雑貨店・wakiyaku(R) アーチハンガーの比較

ワッツで販売されている光友のすべり止めハンガーとwakiyaku(R)アーチハンガーはパッと見た感じ、ほとんど同じものに見えます。色味はワッツのほうがちょっと白っぽく、一方でwakiyakuのほうはラメが入っていますが、形状や質感には大きな違いはありません。

両端のフックの形状がちょっと違う

光友・すべり止めハンガー@ワッツ とトナリの雑貨店・wakiyaku(R) アーチハンガーの比較

もっとも大きな違いと言えるのは、両端のフックの形状でしょうか。僅かながらwakiyakuのほうが太い肩紐でも通しやすい大きさになっていると思います。

wakiyakuのフックは溶接されていて丈夫

光友・すべり止めハンガー@ワッツ とトナリの雑貨店・wakiyaku(R) アーチハンガーの比較

フックはいずれも直径40mmくらいのパイプハンガーに掛けられる大きさです。

ただ、ワッツのほうはフックを回転させる方向に力を加えると少しだけ動きます。一方で、wakiyakuのフックは溶接されているようでまったく動きません。おそらくwakiyakuのほうが耐久性が高いと思います。

wakiyakuのほうが若干大きい

光友・すべり止めハンガー@ワッツ とトナリの雑貨店・wakiyaku(R) アーチハンガーの比較

また、パッと見た感じはほぼ同じように見えるわけですが、重ねてみるとwakiyakuのほうが若干大きく、パンツなどを掛ける棒も長いことが分かります。

理屈上はwakiyakuのほうが男性向けと言えるものの、わずか10mm程度の違いですから大差はないでしょう。

シャツを掛けてみた

トナリの雑貨店・wakiyaku(R) アーチハンガーにシャツを掛けた状態

シャツを掛けてみましたが、使い勝手に違いはありません。ちなみに、上写真はwakiyaku(R)アーチハンガーを使った場合です。

パンツを掛けてみた

トナリの雑貨店・wakiyaku(R) アーチハンガーにパンツを掛けた状態

メンズのカーゴパンツを掛けてみましたが、それでもゆとりがあります。これも使い勝手に違いは感じられません。ちなみに、上写真もwakiyaku(R)アーチハンガーを使った場合です。

 

以上の通り、wakiyaku(R)アーチハンガーはワッツで販売されているすべり止めハンガーと若干の違いはあるものの、使い心地には有意な違いは見受けられませんでした。強いて言うと、wakiyaku(R)アーチハンガーのセンターフックは溶接されているので耐久性が期待できるかなという程度のことです。

いずれにせよ、コストコで販売されている「ノンスリップハンガー」よりはこっちのほうが良いと思います。あれは樹脂製なので落とすと簡単に割れてしまいますからね。センターフックもしょっちゅう抜けて使えなくなります。

というわけで、数本程度ならワッツで、まとめ買いならwakiyaku(R)アーチハンガーをご購入いただければと思います。

グリーン色もあります

関連記事

百均orまとめ買い!?セリアvsKUENTAI「ステンレスハンガー」比較
セリアとKUENTAIのステンレスハンガーを比較してみました。100均ですがセリアのほうはエルオーが販売元で品質はシッカリしています。それに比べるとKUENTAIは品質が劣りますが、1本あたり換算の価格は半分程度からなのでコスト重視の方にオススメできると思います。
これ200円は激安でしょ!ダイソーのステンレス製バスタオルハンガー
ダイソーの「バスタオルハンガー(ステンレス)」は税込220円ながら、セリアで販売中のエルオー「ステンレスバスタオルハンガー60cm」よりも長くて太くて硬い立派なものです。サビる心配が少なく、見た目も美しくて、一生モノと思えるほどです。
ズボンが一瞬で掛けられる!?新感覚「ハードルハンガー」試してみた
ズボンが一瞬で掛けられるという新感覚のスラックスハンガー、ジェニアルの「ハードルハンガー」を試してみました。宣伝に偽りなく確かにズボンを一瞬で掛けられます。二つ折りに掛ける習慣がなく、普通のハンガーで腰の部分を掛ける人にオススメできると思います。
これは部屋干し用の神アイテム!ダイソー「カーテンレール用フック」
ダイソーの100均「カーテンレール用フック」はこれは部屋干し用の神アイテムです。カーテンの開閉の邪魔にならず、見た目も悪くありません。ただし耐荷重は350gと定められているので、濡れた洗濯物はNGとなっています。

コメント