『子育てママの私が片づけに夢中になった理由(仮)』発売中
スポンサーリンク

IKEAの本棚「ビリー」の棚板が落ちてしまう原因⇒棚板耐荷重に要注意

1979年に発売されて以来、IKEA(イケア)の定番本棚としての地位を確立している「BILLY(ビリー)」。なんと、全世界で5秒に1台のペースで売れているそうです。

5秒間に1台ということは、1分間で12台、1時間で720台、24時間で17,280台、1年間で630万7200台です。630万台って言ったら、自動車で言うと世界で第6位のフォードモーター(598万台)を上回る規模ですよ。単価が全然違いますけど、実にスゴイことだと思います。

しかしながら、定番でよく売れているからと言って良いものとは限りません。実際、私がこれまでお邪魔したお宅ではほとんどと言って良いほど、ビリーの棚板が落ちてしまっていました。

なぜそんなことになってしまうのか。今回はそこのところを解説してみたいと思います。

 

棚板1枚あたりの耐荷重に要注意

棚板1枚あたりの耐荷重に要注意

ビリーの棚板が落ちてしまう原因としてもっとも考えられるのは、棚板1枚あたりの耐荷重をオーバーしてしまっているということです。

本棚って、棚板の幅だけズラっと本を並べてしまいがちじゃないですか。そんなこと、一般の方にとっては当たり前の話だと思われるかもしれません。しかし、どんな本棚でも棚板1段あたりの耐荷重というものが定められています。

ビリーの場合、もっともメジャーな幅80×奥行28×高さ202cmのサイズで、棚板1枚あたりの最大荷重は30kg。と言ってもピンと来ないかもしれません。

雑誌『MONOQLO(モノクロ)』数冊を実際に測ってみたところ、重量は平均して441g、厚みは同じく7.5mmとなりました。幅80cmのビリーの棚板の幅は76cmなので、モノクロが101冊並ぶ計算になります。

モノクロ101冊分の重量は44.5kg。すると、ビリーの棚板耐荷重の約1.5倍となってしまい、完全に耐荷重オーバーです。棚板に目いっぱい本を並べて棚板が落ちてしまった場合は、まず耐荷重を確認し、本を並べる量を減らすようにしましょう。



側板が外側に広がり、棚板はたわむ

IKEA・BILLY ビリー

出典:IKEA(以下同)

しかしながら実際のところ、ビリーは目いっぱい本を並べなくても棚板が落ちてしまいます。耐荷重30kgというのは大ウソで、実際は15kg前後ではないかと考えられます。もしくは、1段あたり最大30kgということ自体は事実でも、本棚全体では100kg程度しか収納できないということではないかと思います(100kg÷6段=1段あたり平均耐荷重16.6kg)。

どうしてそういう計算が成り立つのかというと、棚板の重量はすべて側板に掛かるからです。重みに耐え切れなくなった側板は外側に広がってしまい、棚板と側板の間にすき間が生じやすくなります。同時に、棚板自体もU字型に垂れて幅が短くなるので、最終的に棚ダボから落ちることになるのです。

 

ビリーは巨大すぎるカラーボックス

IKEA・BILLY ビリー

そもそもビリーは構造が拙いのです。標準的なサイズのビリーは幅80×奥行28×高さ202cmと巨大ですが、2段カラーボックスとほとんど変わらない構造と言えます。台輪(最下段の幕板)はあるものの、天板は両側板に挟まれる構造のため、側板が外側に広がるのを収めるのに十分な構造とは言えません。

そのようなショボイ構造にもかかわらず、高さは202cmもあり、全部で6段も収納できてしまうので、余計に側板に負荷が掛かりやすいのです。

 

大洋「エースラック」と比較

日本の家具メーカーが本棚を作ると、天板は両側板で挟むのではなく、両側板の上に乗せるのが一般的です。また、真ん中に帆立板を入れない場合は幅は75cmまでにするというのがほとんど常識になっています。棚板の厚みを30mm程度にでもしない限り、どうしても棚板がたわみやすくなってしまうからです。

また、全高が200cmを超えるような場合は固定棚を2枚に増やすなどします。大洋の組立式本棚「エースラック」(上写真)の場合は棚板全段が移動可能な固定棚となっているので、すべての棚板によって両側板が外側に広がらないようにしています。

 

以上の通り、ビリーの棚板が落ちてしまう場合は、まず収めている本の重量オーバーを疑ってください。そんなに乗せていないという場合は、これに懲りて、次は日本のメーカーの本棚を買うようにしましょう。

もちろん、日本の家具メーカーもピンキリです。国産だからと言ってすべてがマトモとはとてもじゃないですが言えません。F☆☆合板の不健康な家具を売りまくって倒産したメーカーもあります。

それでも価格を抑えようと思ったら、幅は60cm程度、高さは180cm程度のものを選ぶのが理に適っています。幅80×高さ202cmのビリーはサイズ的に無理があると言わざるを得ません。

関連記事

IKEAで本棚を買うなら「BILLY」より激安の「GERSBY」がオススメな理由
IKEA(イケア)で本棚を買うならBILLY(ビリー)よりも激安のGERSBY(ゲルスビー)がオススメです。その理由は幅も高さもコンパクトで可動棚ではなく固定棚だから丈夫だからです。それでもA4ファイルを収めるには十分です。可動棚が良い場合はFINNBY(フィンビー)という選択肢もあります。
ニトリで人気!「完成品オーダーラック」はフジイの「すきまくん」!?
ニトリのネットショップで人気の「完成品オーダーラック」はフジイの「ブックすきまくん」のオリジナル仕様と考えられます。国産で幅1cm単位サイズオーダーなど仕様がかなり似ているからです。一方でニトリは幅90cmまでオーダー可能となっているなど魅力も豊富です。
タナリオなどでお馴染みの組立家具メーカー最大手「白井産業」が民事再生法申請
いやはや、これは驚きました!組立家具メーカー国内最大手の「白井産業」が11月6日に民事再生法の適用を申請したそうです。 白井産業と言えば、1cm単位でサイズオーダーできる組立式書棚「タナリオ」や組立式チェスト「チェスカ」でお馴染みのメ...
国産書棚徹底比較!小島工芸vsフナモコvs浜本工芸vsカリモクvs大洋
国産書棚を徹底比較!小島工芸「アコード」、フナモコ「ニューラチス」、浜本工芸「No.86書棚A」、カリモク家具「HU2415」、大洋「エースラック/カラーラック」。いずれも定番と言える本棚ばかりです。

コメント