スポンサーリンク

よりサステナブル!?イケアの本棚「ビリー」は突板やめてプリント合板に

先日、IKEA(イケア)がロシアからの撤退を決定しました。ロシアには26店舗もあったそうですから、損失は決して少なくなかったことでしょう。工場の売却なども含めると、ロシアだけでなく全世界に影響するはずです。日頃、IKEAのことは信用ならないと考える私も、この決断は素晴らしいと思いました。

それだけではありません。IKEAは常日頃から消費者はもちろん、従業員、環境に至るまで、様々な観点で正義を追求しています。その一環で、このたびIKEAのアイコン的な本棚「BILLY(ビリー)」がよりサステナブルになりました。

※価格および仕様はすべて2022/08/18現在

 

IKEAの新型「BILLY」

IKEAの新型「BILLY」本棚, ブラウン ウォールナット調

出典:IKEA(以下同)

こちらが新しいビリーです。とは言え、IKEAでは新しい色が追加されるだけでも新商品として上がってくるので、リニューアルされたと気付かない人も多いことでしょう。IKEAはよりサステナブルになったと言いますが、一体どこがどう変わったのでしょうか。

突板をやめてプリント合板に

IKEAの新型「BILLY」は突板をやめてプリント合板に

今回の変更点は主に2つあります。まず、これまでは表面材に突板を使ったものがありましたが、すべて木目調のプリント合板(ペーパーフォイル)になりました。

組立家具で突板を使うのはIKEAくらいでしたから、個人的にはちょっと寂しい思いもあります。しかしながら、最近のプリント合板は私でも突板と見分けがつかないものもあるくらいなので、まったく問題ないと思います。

なお、以前の突板モデルは前縁も突板を使っていましたが、リニューアル後のプリント合板モデルの前縁はプラスチックです。さすがIKEA、とってもサステナブルですねー。

鉄釘をやめて樹脂製スナップに

IKEAの新型「BILLY」は鉄釘をやめて樹脂製スナップに

もうひとつの変更点は背板の留め方です。これまでは鉄釘を計18本打つ必要がありました。下穴が開いていないので大変でしたよねー。

リニューアル後は下穴が設けられており、雌雄の樹脂製スナップで固定するかたちとなっています。これなら組み立ての手間が大幅に改善されることでしょう。しかも、豊富な石油資源を使ってサステナブルです。

 

なお、今回のリニューアルは木目調の3色(税込10,990円)のみで、ホワイト色(同8,999円)に関してはこれまで通りの仕様です。ですが、おそらく遠からず新しい仕様に切り替えていくことになるのではないでしょうか。価格もシレーッと実質値上げしてくると思います。

ともあれ、今回の変更はとても合理的だと思います。特に背板を釘で打って留めるというのはヨーロッパ家具では普通のこととは言え、多くの日本人にとってはあり得ないことだったので、組み立てが楽になると思います。

細くて抜けやすい釘から太いスナップに変わることで背板が外れる可能性も少しはマシになるかもしれませんね。「ゲルスビー」や「フィンビー」も同様にリニューアルされることを望みます。

関連記事

25万台以上売上のIKEAの本棚「ビリー」を上回る!累計200万台以上の国産本棚
25万台以上売上のIKEAの本棚「BILLY(ビリー)」を上回る、累計200万台以上の国産本棚。それが大洋の「エースラック」&「カラーラック」です。日本全国の家具店やホームセンターで販売されていることが影響していると思われますが、それよりも信頼性が高いからこそでしょう。
IKEAの本棚「ビリー」の棚板が落ちてしまう原因⇒棚板耐荷重に要注意
IKEAの本棚「BILLY(ビリー)」の棚板が落ちてしまう原因について。まず棚板1枚あたりの耐荷重に注意が必要です。幅80cmの場合は耐荷重は30kgなので、目いっぱい本を並べている場合は減らすことを考えましょう。また、そもそも構造が拙いので、側板や棚板が変形した場合はあきらめて次は日本のメーカーの本棚を買うようにしましょう。
IKEAで本棚を買うなら「BILLY」より激安の「GERSBY」がオススメな理由
IKEA(イケア)で本棚を買うならBILLY(ビリー)よりも激安のGERSBY(ゲルスビー)がオススメです。その理由は幅も高さもコンパクトで可動棚ではなく固定棚だから丈夫だからです。それでもA4ファイルを収めるには十分です。可動棚が良い場合はFINNBY(フィンビー)という選択肢もあります。
ホームセンター各社の組立式木製書棚(幅90cm)の価格を比較してみた
ホームセンター各社で扱っている幅80~90cm、奥行25~30cm、高さ180~200cm程度の組立式木製書棚の価格を比較してみました。定番のIKEA「BILLY(ビリー)」を上回ったのはコーナンとナフコ。ナフコはカラーボックスの親玉みたいな感じですけど、コーナンは本棚らしい構造です。

コメント