『子育てママの私が片づけに夢中になった理由(仮)』発売中
スポンサーリンク

コスパ良いホワイトのシェルフユニット!イケア「ヨナクセル」

先日、東京インテリア大阪本店に行ってきました。東京インテリアに行く際はついでに目の前のIKEA鶴浜に寄るのが私のお決まりのパターンなんですけど、最近は正直ちょっと面倒臭いと感じるようになってきました。

IKEAに行っても「あ、これ良いかも?」と思う商品はあるんですよ。けれども価格を見るとIKEAに期待するような価格帯ではないのです。ハッキリ言って、IKEAのクオリティーにしては割高なのです。

もうひとつ、IKEAの売上がここ数年軟調ですが、それを示すかのようにこちらでIKEAの商品を紹介してもアクセスが伸びないんです。IKEAの商品を紹介するよりニトリや100円ショップの商品を紹介したほうがずっとアクセス増に繋がります。

そんなわけでIKEAとはちょっと距離を置きがちな最近の私ですが、久しぶりに「これは!」と思う商品に巡り会いました。

 

IKEA・JONAXELシェルフユニット

IKEAの新商品「JONAXEL(ヨナクセル)シェルフユニット」は、白いスチール製オープンシェルフです。同じシリーズには複数のアイテムが存在するのですが、私が特に良いと思ったのは上写真の幅800×奥行380×高さ1600mmのタイプ。これで税込4,999円って、割安感がありませんか?



A4ファイル対応の棚ピッチ

ヨナクセル・シェルフユニットはすべて固定棚で、棚板の高さを調節することはできません。しかしながら、基本的にA4ファイルが収まる約33cm間隔なので、書類や雑誌の収納には最適と思われます。

なお、棚板1枚当たりの耐荷重は25kgなので、それなりの丈夫さは期待できると思います。

 

無印良品・スチールユニットシェルフとの比較

IKEA・ヨナクセル無印良品・スチールユニットシェルフ
サイズ(mm)W800×D380×H1600W860×D410×H1755
税込価格4,999円12,900円
棚板枚数5枚5枚
棚板調節全段固定全段可動
1段あたり耐荷重25kg30kg
連結拡張不可可能
アジャスター脚付属付属
背面クロスバーなしあり

私がヨナクセル・シェルフユニットにビビビッと来たのは、無印良品のスチールユニットシェルフよりも安いことも理由のひとつです。

無印良品の「スチールユニットシェルフ・スチール棚セット・ワイド・大」と比べると、ヨナクセル・シェルフユニットは一回り幅と高さが小さいですし、棚板も動かすことができません。オプションパーツを使って拡張することもできません。見た目も良く言えばシンプルですが、安っぽさがあります。

しかし、ヨナクセル・シェルフユニットは圧倒的に安いです。無印良品の半値以下というか、1/3に近いくらいです。それでいて、強く揺すっても横揺れはあまり感じられません。意外と丈夫です。

単純に重いモノを収納するという用途なら価格がほぼ同じルミナス互換ラックのほうが良いと思いますが、ホワイトでフラットな棚板のオープンシェルフをご希望で、なおかつ見た目があまり気にならない場所なら、ヨナクセル・シェルフユニットは良い選択肢のひとつになり得ることでしょう。

 

ちなみに、ヨナクセルのラインナップは他にもたくさんあるんですけど、個人的にはシェルフユニット以外はあまりパッとしないように思います。高さ70cmで二段重ねにして使えるシェルフユニットもありますが、別にこれでなくても良いかなという感じですね。

510×250×700mmで税込1,999円のシェルフユニットは、600×270×700mmで同1,299円の「HYLLIS(ヒュッリス)シェルフユニット」に比べるとコスパが悪いように感じます。また、500×510×700mmで税込2,999円のシェルフユニットならクローゼットに置くと良さそうだなーと思う一方で、洋服を収納するには奥行が深すぎるし、バッグを収納するには高さが足りないことが多いかもしれません。

そのほか、バスケットを組み合わせて引出しとして使うなら、普通に引出し式衣装ケースを並べたほうが良いんじゃないかと思います。そんな風に考えると、ヨナクセルが生き残るのはなかなか難しい感じがしますね。

関連記事

IKEAのスチール棚「HYLLIS(ヒュッリス)」のコスパをカラーボックスと比較してみた
税込1,999円とかなりお買い得感のあるIKEA(イケア)のスチール棚「HYLLIS(ヒュッリス)」。他ではこの値段で買えるスチール棚はまずありませんし、一般的な3段カラーボックスよりも少し高いという程度の値段です。 もちろんカラーボ...
カラーボックスよりもコスパ高い!イケアのLERBERG(レールベリ)シェルフユニット
カラーボックスと言えば、言わずと知れた非常にコストパフォーマンスの高い収納グッズのひとつです。しかしカラーボックスよりもコストパフォーマンスが高い収納グッズがあるのです。それはIKEA(イケア)の「LERBERG(レールベリ)」シェルフユニ...
フランクフルト後継品?IKEAの新商品「EKET(エーケト)」とKALLAXの違い
IKEAの新商品「EKET(エーケト)」は事実上「BLANKHULT(フランクフルト)」の後継品と考えられます。今回は形状が似ている定番の「KALLAX(カラックス)」との違いを比較してみたいと思います。
無印良品の新「スチールユニットシェルフ」をステンレス&パイン材と比較してみた
無印良品の「スチールユニットシェルフ」がリニューアルされたのを受けて、改めてステンレスとパイン材と併せて比較してみました。スチールのセット品が値下げされたことでパイン材のセットよりも安くなりました。また、オプションパーツの多さでは現状はステンレスのほうが優位と言えます。

コメント