男前かつ実用的!ルミナスラックにメラミンのウッドシェルフが登場

今年の3月にルミナスクラブショップで「ルミナスデスク」なるセットが発売されました。「これは!」と思ったんですけど、天板にスリットが入っているのでデスクとして使うにはちょっと無理があったのですね(苦笑)

ルミナスレギュラー スチールラックデスク・作業台[ナチュラル]120W 幅121.5×奥行46×高さ95.5cm DESK-1245NA[WS1245-NA|25KWB1245|SS4525-H|25P090]

なんでこんなことになっちゃったかというと、現在のルミナスラックのポール径25mmシリーズのパーツにはルミナスプレミアム以外にフラットな棚板がないからです。以前はMDFの棚板があったんですけど、それが廃番になってから久しいのです。

フラットな棚板があればデスクとして使うのに申し分ないうえに、小物を置きやすい、掃除がしやすい、見た目にスッキリするなど、メリットがたくさんあります。それを言うならルミナスプレミアムを買ってくださいということなのかもしれませんが、個人的にはやはりフラットな棚板の再投入を切望していました。

しかし、ようやくその思いがドウシシャに通じたのか、このたびルミナスラックにメラミンのウッドシェルフが登場したのです!

ルミナスラック・ウッドシェルフ(メラミン)

このたび発売されたドウシシャ・ルミナスラックのポール径25mmシリーズ専用のウッドシェルフは表面がメラミン樹脂合板でフラットです。

従来からあるウッドシェルフはスリットが入った天然木の突板を貼ったものでした。そのため、質感で言えば従来のほうが良いと言えるかもしれませんが、新しいウッドシェルフのほうが汚れても拭き取りやすく、キズが付きにくくてデスクの天板としても使いやすいと思います。



カラー2色×幅4サイズ

新しいメラミンのウッドシャルフはナチュラルとブラウンの2色。先ほどのナチュラルはチークっぽい木目、ブラウンはオークっぽい感じです。いずれもヴィンテージ感があって男前な感じです。

サイズはいずれも奥行が46cmで、幅は61cm、76cm、91.5cm、121.5cmの4サイズとなっています。売れ筋のサイズバリエーションが揃っており、使い勝手が良さそうです。

耐荷重はいずれも1枚あたり80kg。スリーブは付属していませんので、別途、買い足す必要があります。

価格は本日(2018/06/01)現在、アマゾンで61cm幅の3,706円から121.5cm幅の6,891円まで。ラック1台が丸ごと買えてしまいそうな値段ですけど、パーツ単品が割高なのは致し方ありません。

メラミンでできたウッドシェルフ、個人的には「待ってました!」という感じです。これならデスクの天板として使っても差し支えありませんし、テレビやキッチン家電を置いても掃除がしやすくて良いです。見た目ももちろん素敵です。

一方で、価格が割高なのも個人的には納得できるのですが、世間一般では受け入れがたいところだろうと思います。このウッドシェルフを含めたセット品を用意して価格を抑える工夫をしないと、ロングセラーになるのは難しいかもしれません。

2018/06/12追記

うっかりしておりました。先に発売されたルミナスノワールもメラミンの天板を採用していましたね。

かつてヤマザキナビスコが発売していたクリーム入りのココア風味ビスケット「オレオ」。現在は、もともとヤマザキにライセンスしていたモンデリーズ自...

【関連記事】

スポンサーリンク
スポンサーリンク