スポンサーリンク

やっぱりアキュラホームで家を建てて良かった!築何年でも修繕ほぼ無料

当ブログは広告を掲載しています。詳細はこちら

ウチヤマコーポレーション・ハイパーティション(アクリル3枚連動引違い戸)の振れ止めが折れてしまった

先日、妻が「これ何だと思う?」と言って、茶色くて四角いプラスチック部品を差し出してきました。私も最初は分からなかったのですが、リビングに面したドライルームのアクリル3枚連動引き戸の「振れ止め」という部品でした。天井から吊っている引違い戸がスムーズに開閉できるように下から支えるパーツです。

文字通り、引き戸が左右に振れるのを止める部品なので、これがないと吊り戸が揺れてスムーズに開け閉めできません。しかし、接着剤でくっつけたところでまたすぐに取れてしまいそうです。これは部品を交換するより他ないと考えました。

自宅の仕様書を確認すると、このアクリル3枚連動引き戸はウチヤマコーポレーションの「ハイパーティション」という商品でした。まったく聞いたことがないメーカーで、個人が振れ止めだけを取り寄せるというのは難しそう。そこで、アキュラホームに相談することにしました。

※この記事は2024年5月13日時点の情報に基づいています

 

アキュラホームに電話してみた

アキュラホーム「家守り」ダイヤル

アキュラホームで家を建ててから1年くらいは営業マンと連絡を取ることがありましたが、その後はこちらから連絡を取ることはほとんどありませんでした。こんなときはどこに電話すれば良いのかしらと思って調べたところ、マグネットステッカーに書いてある「家守り」ダイヤルに掛ければ良いことが分かりました。

電話すると、しばらくして当時の担当営業マン、現在はメンテナンス部門にいる方が折り返し電話をくれて、当日中に見積りに来てくださることになりました。大阪府吹田市から高速道路を使っても1時間以上かかるのに申し訳ないです。

 

まさかの工賃無料!

アクリル3枚連動引違い戸の振れ止め交換完了

そして、数日後に見積りの連絡があり、部品代(+メーカーからの送料)だけで修理してくれることになりました。郵送で請負契約書を交わして、部品が届いてからまた担当者が修理に来てくれて、20分ほどで終わりました。

我が家は築4年になります。以前に屋外物干し(竿受け)の増設をしたときも部品代だけでやってくれましたが、何年目までこんなに手厚くサポートしてくださるのかと質問したところ、特に何年までという決まりはないそうです。アキュラホームの社員で対応できる作業内容なら、基本的に工賃は無料と言われて驚きました。

私はこれまでたくさんのお宅にお邪魔してきて、大手ハウスメーカーで建てたのに社員を呼んでもまったく来てくれないという声を何度も聞いています。それに比べるとアキュラホームは電話で済むような内容でもわざわざ来てくれて、ご丁寧に契約書まで交わし、工賃は無料でやってくれるのですから素敵すぎます。本当にアキュラホームで建てて良かったと改めて思いました。

 

世間ではローコストハウスメーカーの住宅なんて”おねだん相当”と思われがちです。私も正直なところ、アフターサービスなどはあまり期待できないと思っていました。

しかしながら、1年後、2年後の定期点検にもちゃんと来てくれています。さらに、今回のように修理が必要になったときもすぐに対応してくれます。私に言わせれば、有名俳優を使ったオモシロCMを垂れ流している大手ハウスメーカーよりもアキュラホームのほうがずっと安心でコスパも良いです。

アキュラホームは安くて安心。本当にオススメですよ。

関連記事

新築から1年。物干し金具の増設を依頼したらネットで買うより安くて驚いた!
新居に引越して1年が経ち、妻がベランダの物干し金物(タカラ産業・KAN55)を増設したいということでアキュラホームに見積りを依頼したところ、ネットショップで買うよりも安く済みました。しかも、取付工賃込み。ハウスメーカーでこんなにサービスが良いところはまずないでしょう。
収納マン邸の洋服収納を大公開!LDKに面したWCLとドライルームが鍵
収納マンの新居の洋服収納を披露します。最大のポイントはリビングダイニングに面したウォークインクローゼットとドライルームと言えるでしょう。洋服はオールシーズン&家族全員分をWCLにまとめて収納。そのほぼ真向かいにあるドライルームは部屋干しはもちろん、取り入れた洗濯物を隠しておくにも最適です。
安くて良い家が欲しいなら!収納マンがアキュラホームをオススメする理由
安くて良い家が欲しいならアキュラホームをオススメします。ただし、アキュラホームをオススメできない人というのも存在します。予算に余裕があるならやはり大手ハウスメーカーのほうが何かと安心ですし、アキュラホームの場合は標準の枠を外れると割高になる場合もあるからです。
収納マンが「アキュラホーム」で二世帯住宅を建てることにした理由
二世帯住宅をアキュラホームで建てることにしました。収納マンがアキュラホームを選んだ理由は主に3点。収納や家事動線など、家の設計の考え方が近いと感じたこと。営業マンを含め、人を大切にする良い会社だと思ったこと。最後に積水ハウスやヘーベルハウスと比べて坪単価がすごく安かったということです。
この記事を書いた人

日本で初めて一般家庭向け収納&インテリア・コーディネートサービスを始めて20年の収納&インテリアのプロ。TVチャンピオン収納ダメ主婦しつけ王優勝。
安全性を第一に、コスパを重視した収納グッズ&家具選びを心掛けています。詳しいプロフィールはこちら

収納マン(芝谷 浩)をフォローする
収納マンの家作り
スポンサーリンク

コメント