無印良品より安くてカラフル!ナフコ×ヒマラヤ「ソフトタッチボックス」

当ブログは広告を掲載しています。詳細はこちら

「ワケあって安い」がウリだった無印良品も、最近は高いと言われることが多いように感じます。確かにファイルボックスの価格をニトリと比べるとそうだと感じる一方で、引出し式のポリプロピレン収納を見ればむしろ割安感があり、どの商品を見るかで印象は大きく違ってくるように思います。

それでは、無印良品の「やわらかポリエチレンケース」はどうでしょう?今回はナフコ21スタイルで近ごろ販売が開始された「ソフトタッチボックス」と比較してみたいと思います。

※当記事は2019年3月23日時点の情報に基づいています(2022年9月15日一部更新)

 

やわらかボックス比較

無印良品・やわらかポリエチレンケース

ナフコ×ヒマラヤ・ソフトタッチボックス

無印良品の「やわらかポリエチレンケース」も、ナフコ21スタイル×ヒマラヤ化学工業所の「ソフトタッチボックス」も、軟らかいポリエチレンでできています。また、フタが別売されている点でも類似性が見られます。基本的な使い勝手は似たり寄ったりでしょう。

ただ、上写真だけを比較すればほとんど同じように見えますが、実際に店頭で目にしても両者が似ていると感じることはほとんどないと思います。それは無印良品がホワイト1色なのに対し、ナフコのほうは全5色も揃っていてカラフルだからです。

ちなみに、いずれも国産で、品質において目立った違いは感じられません。

サイズラインナップ比較

無印良品 ナフコ
商品名 サイズ(mm) 税込価格 商品名 サイズ(mm) 税込価格
フタ・ハーフ 185×260×15 190円 スリムフタ 185×265×12 198円
フタ 260×365×15 290円 ワイドフタ 370×265×12 298円
フタ・丸型 直径365×15 290円
ハーフ・小 180×255×80 490円390円
ハーフ・中 180×255×160 690円590円 スリム浅型 183×264×120 298円328円
ハーフ・大 180×255×240 790円590円
255×360×80 590円490円
255×360×160 790円590円 ワイド浅型 370×260×120 498円538円
255×360×240 990円790円 ワイド深型 370×260×245 698円738円
255×360×320 1,190円990円
丸型・中 直径360×160 790円690円
丸型・深 直径360×320 1,190円990円

※価格は2022/09/15現在に修正済み(無印良品週間ではなく通常時の価格)

サイズが近いものを比較するかたちで、それぞれのラインナップを一覧にしてみました。ナフコは5アイテムしかない一方で、無印良品は12アイテムと倍以上もあります。特に無印良品は丸型があるのが大きな特徴となっています。

その代わりかどうか分かりませんが、フタは除いて、ナフコのほうは無印良品よりも30~57%7~44%程度、価格が安くなっています。

それよりも大きな違いと言えるのが、ナフコは基本的にカラーボックス用を意識したサイズ展開になっているのに対し、無印良品はそれに加えて各種ユニットシェルフに収まりが良いサイズラインナップとなっている点です。カラーボックスに合わせるならどちらでも良いとしても、ユニットシェルフに収めるなら無印良品のほうがピッタリ合いそうです。

 

以上、比較してみたところ、カラーボックスに収納したい、カラフルなほうが良い、できるだけ価格を抑えたいということなら、ナフコ×ヒマラヤのソフトタッチボックスがオススメと言えます。一方で、ユニットシェルフに収納したい、余計な色は取り入れたくない、様々なサイズを使いたいということなら、無印良品のやわらかポリエチレンケースのほうが良いでしょう。

つまるところ、一概に「無印良品は高い」と言うことはできません。ニーズに応じて上手に使い分けたいところですね。

ニトリは「ソフトNインボックス」で対抗。
無印「やわらかPEケース」値下げでニトリ「ソフトNインBOX」より安く
2021年9月から無印良品の「やわらかポリエチレンケース」が値下げされました。フタ3種の価格は据え置きながら、本体は約1~3割の値下げとなっています。これにより、同程度のサイズに関してはニトリの「ソフトNインボックス」よりも安くなりました。一方で、無印良品が値下げしてもダイソーの「フタ付収納ボックス」に比べると2倍以上も高価です。
ダイソーからソックリさんが登場しました!
無印良品より激安!ダイソー版「やわらかポリエチレンケース」はフタ付き
ダイソーの新商品「フタ付収納ボックス」は無印良品の「やわらかポリエチレンケース」にとてもよく似ています。ダイソーは中国製、無印良品やニトリは日本製という違いはあるものの、質感に大きな違いはなく、ダイソーのほうが圧倒的に安いです。

関連記事

無印良品「やわらかポリエチレンケース」でパンのストックをすっきり収納
食器棚のオープンスペースを無印良品「やわらかポリエチレンケース・中」を使って片づけました。パンのストックをすっきり収納することができ、なおかつ下にモノが埋まらないちょうど良い高さ。ニトリの「ソフトNインボックス」よりも高さのバリエーションが多い点が素敵です。
気になる商品!無印良品「やわらかポリエチレンケース」の使い方を考えてみた
無印良品の「やわらかポリエチレンケース」の使い方を考えてみました。柔らかくて安全というメリットはありますが、逆に変形しやすいというデメリットもあります。サイズ的にはカラーボックス用インナーケースと同等で珍しくはなく、強いて言えば落ちてきても危なくないことからキッチンの吊戸棚に適す可能性はあります。
404 NOT FOUND | New!収納教える.コム
TVチャンピオン収納ダメ主婦しつけ王「収納マン」のブログ。片づけが楽しくなる収納のコツ、収納グッズ&家具の新商品、DIY、間取り、家事などの情報をお届けします。
100均でこのクオリティ!山田化学とヒマラヤの「フタ付きプラBOX」
100円ショップのセリアで販売されている山田化学の「フタ付きプレーンボックス」とヒマラヤ化学工業所の「フタ付きプラBOX」は、いずれも100均とは思えないほど頑丈で、しかもカラーボックスに収めやすいサイズであることが人気の秘密です。
この記事を書いた人

日本で初めて一般家庭向け収納&インテリア・コーディネートサービスを始めて20年の収納&インテリアのプロ。TVチャンピオン収納ダメ主婦しつけ王優勝。
安全性を第一に、コスパを重視した収納グッズ&家具選びを心掛けています。詳しいプロフィールはこちら

収納マン(芝谷 浩)をフォローする
ナフコ
スポンサーリンク

コメント