『子育てママの私が片づけに夢中になった理由(仮)』発売中
スポンサーリンク

ドウシシャ「ルミナス・ノワール」シリーズにオプションパーツが続々追加!

ルミナスラック、メタルラック、ホームエレクターなどのスチールワイヤーシェルフは、頑丈で組み立てや組み替えが容易なだけでなく、サイズバリエーションやオプションパーツが豊富なところが最大の魅力です。さらに、コストパフォーマンスの面でも優れています。

しかし、一方でギンギラギンな感じがイメージと違うという方もいらっしゃいます。そんな方には様々なカラーのものも用意されているのですが、サイズバリエーションもオプションパーツも少ないというデメリットがありました。

メーカーとしてももちろん、売れ行きさえ良ければラインナップを増やしたいところでしょう。しかし、結果的に売れ行きがついて来ず、二の足を踏む状態が続いていました。

そんな中、ドウシシャの「ルミナス・ノワール」シリーズが頭一つ抜け出したようです。

 

ドウシシャ「ルミナス・ノワール」

ドウシシャ「ルミナス・ノワール」シリーズ

以前にもご紹介しましたが、改めて簡単に「ルミナス・ノワール」についてご紹介しましょう。ノワールはルミナスラックにブラック系のハンマートーン塗装を施すことでブルックリン風のスタイルに仕上げたシリーズです。

ただ色が違うだけではありません。ルミナスラックは奥行が46cmが標準ですが、ノワールは奥行41cmでややコンパクト。実際のところ一般家庭で奥行46cmというのは大きすぎると感じるところがあるので、ちょうど良いサイズです。

また、キズが付きにくいメラミン天板を使ったデスクをラインナップしているというのも大きな特徴と言えます。ほかにも、テレビ台やワードローブ、書棚として使えるテンションラックも揃えており、実用性やコスパもシッカリ考えたうえで、身の回りを手軽に男前な感じにコーディネートするのに最適です。



置きシェルフ

ドウシシャ「ルミナス・ノワール」置きシェルフ

さて、そんなノワールにオプションパーツが続々追加されたわけですが、魅力的なものから順番にピックアップしていきましょう。

まずは「置きシェルフ」。似た感じのものに「簡単後付棚(アドオンシェルフ)」というのがありますが、それとはちょっと構造が異なります。簡単後付棚はスリーブを分割した構造なのに対し、こちらはワイヤーバーの上に乗せる構造。なので、上の段を外さないと取り付けできないので、簡単後付棚のコンセプトとは根本的に異なります。

それでも、ワイヤーバーさえ取り付けておけば、棚板を簡単に外したり乗せたりできるのは便利です。また、格子状にワイヤーが張られているので、インテリアのアクセントとしてもポイントが高いでしょう。なお、耐荷重は20kgもあるのですから立派なものです。

 

引っ掛けネット

ドウシシャ「ルミナス・ノワール」引っ掛けネット

続きましては、「引っ掛けネット」。ワイヤーシェルフやワイヤーバーに引っ掛けるだけで使えます。ラックのサイドや背面に取り付けてS字フックなどを使って小物を掛けるのに便利です。

実用的なだけでなく、上写真のようにグリーンを掛けたり、写真をピンナップしてもオシャレだと思います。アクセサリーをディスプレイしながら収納しても良さそうですね。

 

スライドバスケット

ドウシシャ「ルミナス・ノワール」スライドバスケット

「スライドバスケット」はワイヤーシェルフの下面に取り付けることで引出しのように使えるパーツです。こういうのは意外と、これまでのルミナスラックにはありませんでしたね。「吊り下げ式 引き出しボックス」も割りとすぐに廃番になってしまいましたし。

ワイヤーバスケットなのであまり使い勝手は良くないと思いますが、収めたいモノによっては便利に使えるかもしれません。

 

ソリッドシェルフ

ドウシシャ「ルミナス・ノワール」ソリッドシェルフ

ノワールには通常のワイヤーシェルフのほか、格子状にワイヤーを張った置きシェルフ、メラミン化粧板のウッドシェルフ、そしてこちらの鋼板の「ソリッドシェルフ」があります。これまで同様のソリッドシェルフはルミナス最高位の「ルミナス・プレミアム」にしかなかったので、貴重な存在と言えるでしょう。

こちらのソリッドシェルフの価格はウッドシェルフと同じ。ワイヤーシェルフと比較すると、サイズにより1.5~2倍程度も高価です。実際のところ、キズにはウッドシェルフのほうが強いですし、インテリアのアクセントとしてもウッドシェルフのほうが魅力的ですが、ウッドシェルフを多用するとちょっとインテリア的に濃すぎる可能性もあるので、ソリッドシェルフも併用するのが良いでしょう。

 

ノワールシリーズに追加されたオプションパーツは、従来のルミナスラックのものを単純に流用したものではなく、ノワールならではのものが多数あります。上に挙げたパーツはいずれも、単にインテリアの好みだけでなく、実用性でも十分に支持されることでしょう。

そのほか、ポール、延長用ポール、ハンガーポール、ワイヤーバー、棚板用シートが追加されているので、従来のルミナスラック同様、様々な組み替えや拡張が容易になりました。その質感からしてノワールはヒットする予感がしていましたが、これでますます売上が伸びそうですねー。

 

関連記事

ドウシシャ・ルミナスラックに男前ブラックな「ノワール」シリーズが登場!
かつてヤマザキナビスコが発売していたクリーム入りのココア風味ビスケット「オレオ」。現在は、もともとヤマザキにライセンスしていたモンデリーズ自らが中国で作って輸入しています。 しかし先日、モンデリーズによる類似商品の販売規制が解除されて...
男前かつ実用的!ルミナスラックにメラミンのウッドシェルフが登場
ドウシシャ・ルミナスラックのポール径25mmシリーズにメラミン合板のウッドシェルフが登場。キズに強いうえに汚れを拭き取りやすいので、デスク天板としてはもちろん、テレビやキッチン家電を乗せて使っても良いでしょう。
スズメッキだよ!ルミナスラック「プレミアムライン」を実際に試してみた
ドウシシャのルミナスラック「プレミアムライン」を実際に試してみました。質感は従来品はもちろん、ホームエレクターをも上回ります。特にソリッドシェルフは圧巻です。ただ、遠目に見ると違いが分かりません(苦笑)
モノクロ好きに朗報!山善のメタルシェルフに「白&黒のパーツ」が充実
山善のメタルシェルフに「白&黒のパーツ」が登場。ブラック&ホワイトのモノクロ好きには朗報と言えるでしょう。サポートコの字バーのほか、奥行きハーフ追加棚、普通の棚板(ワイヤーシェルフ)が加わりました。アイリスオーヤマと悩ましいところです。

コメント