レンタル収納スペースとの違いは?トランクルームの「押入れ産業」にお話をうかがいました(1)

先日、高視聴率で最終話を迎えた、木村拓哉さん・上戸彩さん主演のドラマ「アイムホーム」。そのストーリーのカギを握る場所としてトランクルームが登場していましたが、そのシーンを覚えてらっしゃる方も多いのではないでしょうか?

ドラマ「アイムホーム」のワンシーン写真提供:押入れ産業(以下同)

あれ?「押入れ産業」…!?

実はアイムホームの放送開始と前後して、ちょうど私のほうで押入れ産業に取材をお願いしていたのです。路線バスの車体広告で押入れ産業の広告を見る機会があり、トランクルームの会社だということは知ってました。けれど、近くに店舗があるわけでもなく、いったいどんなサービスをしている会社なのかよく分からず、気になっていたのです。そこで押入れ産業に突撃取材を敢行し、トランクルームとレンタル収納スペースの違いなど、押入れ産業のサービスについてお話をうかがいました。

今回、お話をうかがったのは押入れ産業株式会社・営業推進部の竹市さんです。竹市さん、よろしくお願いします!

押入れ産業・竹市さん↑押入れ産業の竹市さん

例のおじさんの名前は「押入れおじさん」!

収納マン:竹市さんはどんなお仕事をされているんですか?

竹市さん:押入れ産業はフランチャイズ方式で全国に約120店舗以上を展開しており、私は本部の営業推進部に所属しております。主な業務としましては、加盟店様を訪問し店舗状況の確認や販売促進に向けた打合せ、時には一緒にイベントに参加したりと様々な業務を行っております。

収納マン:うぁ~っ、そうすると日本全国を飛び回るビジネスウーマンなんですね!ところで話は変わりますが、押入れ産業と言えばあのおじさんのイメージが強いんですけど、お名前は何と言うんでしょう…?

押入れおじさん

竹市さん:名前と言いますか…「押入れおじさん」と呼ばれております。

収納マン:まんまですね~(笑)



レンタル収納スペースとトランクルームの違いは?

収納マン:さてボチボチ本題の質問を。一般家庭向けの家財預かりサービスというと、24時間出入り可能なタイプをイメージする人が多いと思います。御社は24時間出入り可能なレンタルスペースも扱っておられますが、メインはトランクルーム。それぞれの違いやメリットについて簡単に教えてください。

押入れ産業のレンタル収納スペースとトランクルームの違い

竹市さん:弊社はトランクルームとレンタル収納スペースの2種類のサービスをご用意しており、お客様のご希望に沿ってご案内しております。

トランクルームは、「保管責任を有するサービス」であり、レンタル収納スペースは「保管責任を有しない収納スペースを提供するサービス」です。

弊社のトランクルームは近年増えている外置きのコンテナとは異なり、保管専用に作られた防塵・防カビに優れたコンテナに荷物を収納し、倉庫内にて責任をもって大切に保管しております。創業以来、27万人以上のお客様にご利用頂いており、この実績が安心・安全な保管と管理を保証します。

レンタル収納スペースは、ビルのフロアを区切ったお部屋の中にお荷物を収納し、お荷物はお客様管理となりますが自由に出し入れして頂いております。セキュリティカメラの設置や警備会社との契約もしておりますので、安心してご利用頂いております。また空調が管理されておりますので、温度や湿度を気にせずご利用頂けます。

レンタル収納スペースとトランクルームの内部の違い

収納マン:トランクルームはモノを預かるサービスで、レンタル収納スペースは場所を貸すサービス!なるほど、そういう違いだったんですね~。

トランクルームは押入れ代わりや、引越し・リフォーム時の利用が多い

収納マン:トランクルームはどんな方がどういう使い方をしていますか?利用目的や利用期間の割合も教えてください。

竹市さん:主な利用方法は、趣味のモノや普段使わないけれど捨てられないモノを預けたいという長期利用の方と、引越やリフォーム時にご利用される短期利用の方と、割合的には同じ程度だと思います。

扇風機やウィンタースポーツ用品等のシーズン物であったり、絵画や本といった趣味のモノを預けている方も多くいらっしゃいます。10年以上トランクルームを利用しているというお客様も少なくはないと思います。

また、新居の完成が遅れたため完成するまで1ヶ月程トランクルームを利用したい、リフォームをするので1~3ヶ月程トランクルームを利用したいというお問い合わせも非常に多いです。

倉庫内保管のコンテナ※倉庫内保管のコンテナ

Lサイズコンテナの収納例↑Lサイズコンテナの収納例

引越業者に一時預かりをお願いするよりもトランクルームを利用するメリットは?

収納マン:引越しやリフォームに際しての一時預かりについて、リフォーム情報番組の影響で引越し業者にお願いするイメージを持っている人も多いと思います。一概には言えないと思いますが、引越し業者と比較した場合のメリットなどについて教えてください。

竹市さん:弊社自身も、大手の引越会社様と提携しておりますので、引越会社様からお客様のご紹介を頂くことも非常に多いです。

引越会社によっては自社で保管スペースを持っている会社もあれば、まったく持っていない会社もあり様々です。保管スペースを持っている引越会社でも大規模な保管スペースを持っていることは稀です。そのため、保管自体を受け付けないという引越会社も多いとよく聞きます。

また保管場所も外置きのコンテナを利用している場合もあるようですが、弊社のコンテナは外置きではなく全て倉庫内での保管です。たとえ短期間の利用であってもお客様の大事なお荷物です。大切に責任をもって倉庫内でお預かりしますので、天候などによる心配もありません。

ほほー。こうやってお話をうかがうとますます興味が湧いてきますねー。もっとお話をうかがいたいところですが長くなりますので、続きは次回とさせていいただきたいと思います。というわけで次回をお楽しみにー!

【続編】コンテナの保管状態は大丈夫?トランクルームの「押入れ産業」にお話をうかがいました(2)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
スポンサーリンク