突っ張り棒が落ちない仕組みを自作してみたら想定以上に強力だった件

以前に紹介しました突っ張り棒が落ちない君。突っ張り棒が落ちないように壁にホッチキスで引っ掛かりを作るというとても画期的な商品ですが、いかんせんちょっとお値段が手頃とは言い難い。そこで、自分で簡単に同じような仕組みが作れないかと思い、実験してみることにしました。

3月13日にテレビ東京のワールドビジネスサテライト(WBS)のトレンドたまご(トレたま)で紹介された「突っ張り棒が落ちない君」。私はこの商品...

100円均一のPPシートを用意する

100円均一のPPシート

まず用意する材料らしきものはこのPP(ポリプロピレン樹脂)シートだけ。100円ショップで購入できます。以前にレジ袋ストッカーを作ったときの残りですね。

廃物利用というのは、強度がない上に不細工なので、 基本的にあまり好きではないのですが、 満足のいくようなレジ袋…

突っ張り棒の端部の大きさに合わせてPPシートをカット

突っ張り棒の端部より一回り大きくPPシートをカット

では早速、工作を始めましょう。まずは突っ張り棒の端部の大きさに合わせてPPシートをカットします。ハサミでも切れますが、定規を当ててカッターナイフで切ったほうがキレイですね。安全のために角にはアールを付けます。



突っ張り棒の端部とPPシートを固定

つっぱつ棒の端部にPPシートをホッチキスで固定

次は突っ張り棒の端部とPPシートを固定します。最初、穴の部分に皿木ネジで固定したんですが、皿の出っ張りが2mmほどあったのでホッチキスで固定しました。ただ、結論から言うとこれはあまり良い方法とは言えませんでした。3Mの超強力両面テープを使うべきであったと思います。

PPシートをホッチキスで壁に固定

PPシートを壁にホッチキスで固定

突っ張り棒の端部にPPシートを固定したら、今度はPPシートを壁にホッチキスで固定します。これで完成。簡単です。

この状態で腕でグッと力を加えてみたところ、あきらかに普通に突っ張るよりも強力な感じ。ただ、調子に乗って突っ張り棒にぶら下がってみたところ、さすがに突っ張り棒は落ちてしまいました(苦笑)それでも幅約120cmで40kgくらい耐えたと思います(本来の耐荷重の最大値である30kg以上)。

壁に残ったPPシート

壁に残ったPPシート

突っ張り棒が落ちると、壁にはステープルで固定されたPPシートだけが残りました。これはつまり、突っ張り棒の端部とPPシートの接合に問題があったということを示しています。突っ張り棒の端部とPPシートを超強力両面テープで接着すればもっと良い結果が得られるに違いありません。

壁へのダメージは最小限

壁のホッチキスの跡

ちなみに、PPシートを外したあとに壁に残ったステープルの跡はこんな感じ。ほとんど分かりませんよね。

突っ張り棒が落ちない君だけでなく、壁美人など、石膏ボード壁にホッチキスで固定するという方法はすごく活用の余地が大きいです。今後も同様の手法の活用の可能性を広げるべく、研究に励みたいと思います。

関連記事

もはや国民的収納グッズと言って良い「突っ張り棒」。使ったことがないと言う人はいても、知らないと言う人を探すのは難しいと思います。 そん...
以前に「突っ張り棒が落ちない君」という商品を紹介しました。石膏ボード壁にホッチキスで留めるグッズで、これを付けると突っ張り棒が落ちなくなると...
石膏ボード壁用のフックと言えば、東洋工芸の「ハイパーフック・かけまくり」です。ワンプッシュで簡単に壁に取り付けができ、抜いてもキズがあまり目...
清和産業の「くりぴたフック壁紙用」がダイソーで買えるようになりました!と言っても清和産業が作っているとはどこにも書いてませんが、どう考えても清和産業の商品であることに間違いありません。しかもアマゾンで買うよりも小ロットで低価格。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
スポンサーリンク