2024年4月23日(火)から最長25日(木)にかけてサーバーの更新を予定しています。その間はコメントがうまく投稿or返信できない可能性があります。

スライド式で壁に密着!百均「電源タップ&リモコンホルダー」試した結果

当ブログは広告を掲載しています。詳細はこちら

だいゆう「フックを見せずに壁にスッキリ収納できる両面テープフック」マステとリモコンにフックを貼り付ける

我が家ではたくさんあるリモコンの一部を、セリアで買ってきた両面テープフックを使って壁に掛けています。

今となっては同じような商品が他にもありますが、当時(3年前)は画期的でした。しかし、フックが小さくて掛けにくいのと、リモコンがブラブラするのがちょっと気になります。

もうちょっとガチッとリモコンを固定できたらなーと思っていたところ、キャンドゥとワッツで理想的な100均グッズを発見!さっそく試してみることにしました。

※この記事は2023年10月5日時点の情報に基づいています

 

電源タップ・リモコン壁接着スライドホルダー

セイワプロ「電源タップ・リモコン壁接着スライドホルダー両面テープ付」4982790443211

発売元セイワ・プロ
JANコード4982790443211
サイズ40×102×6mm
耐荷重約3kg
材質本体:ポリプロピレン
テープ:アクリルフォーム
製造国中国
税込価格110円

キャンドゥならびにワッツに新しく登場したのは、セイワ・プロの「電源タップ・リモコン壁接着スライドホルダー両面テープ付」という商品です。

リモコンを引っ掛けるのではなく、挿し込んでスライドさせるので、壁にカチッと固定できそう。両面テープで壁に固定する仕組みですが、壁紙にマスキングテープを貼った上で取り付ければ大丈夫だろうと考えた次第です。

強力なアクリル系粘着テープを使用

セイワプロ「電源タップ・リモコン壁接着スライドホルダー両面テープ付」は強力なアクリル系粘着テープを使用

こちらのリモコンホルダーはスライド式という点もさることながら、アクリル系の強力な両面テープが付いているということも大きな特徴と言えましょう。

1mm程度の厚みですが、「クロコダイルグリップ」みたいな感じです。最近、こういうアクリル系粘着テープを使った商品が増えてきましたね。

マステを下貼りして壁紙に固定

マステを下貼りしてセイワプロ「電源タップ・リモコン壁接着スライドホルダー両面テープ付」を壁紙に固定

リモコン側はアクリル両面テープでそのまま接着。貼り付ける面積が結構大きいので(およそ4×10cm)、リモコンの形状によっては貼り付けられなかったり、電池のフタを塞いでしまうことがあるかもしれません。

壁紙のほうはマステを先に貼ってからその上にホルダーを接着しました。ちなみに、ネジでも取り付けできるものだと思ってましたけど、花型の3つの穴はネジ穴にしては大きすぎです。基本的に粘着テープでしか取り付けできない構造と言えるかと思います。

見た目スッキリ!

セイワプロ「電源タップ・リモコン壁接着スライドホルダー両面テープ付」は見た目スッキリ

このリモコンホルダーはスムーズにスライドする感じが心地良く、壁に密着して見た目がスッキリしています。

マステの上に貼って24時間以上経過しても落ちることはありませんでした。ただし、乱暴に引っ張ると剥がれてしまう可能性はあると思います。

サッとハマらないのが難点

セイワプロ「電源タップ・リモコン壁接着スライドホルダー両面テープ付」はサッとハマらないのが難点

一方で、スライド式は心地良いのですが、挿し込みにくいのが難点です。全体が6mmと薄いうえ、リモコンに隠れてホルダーがまったく見えないからです。なかなかハマらず、イラッとします。

壁側のホルダーの上部をもうちょっと広げるとか、リモコン側の下部を少し削るとかして、ハメやすくする方法はあったと思うんですけどね。改良の余地があると思います。

 

というわけで、今回のスライドホルダーは挿し込み始めるとスムーズにスライドできるものの、まず入り口のところでサクッと入らずイラッとするのが難点です。

しかしながら、いったん壁にセットすれば見た目は悪くありません。あまり頻繁に抜き差しする必要がないリモコンや電源タップを壁に取り付けるなら、決して悪くない商品だと思います。

関連記事

セリアの「両面テープフック」とマステでリモコンを壁に引っ掛ける方法
100円ショップのセリアで販売中のだいゆう「フックを見せずに壁にスッキリ収納できる両面テープフック」は、エアコンのリモコンなどを壁に引っ掛けるのに最適な商品です。ただ、そのままでは石膏ボード壁に取り付けることができないので、カモ井加工紙のマスキングテープをあらかじめ貼って固定したところ、まったく問題ありませんでした。
壁紙に穴を開けずに貼って剥がせる!清和産業「くりぴたリモコンフック」
清和産業の新商品「くりぴたリモコンフック」を試してみました。その名の通りリモコンを壁に掛けるためのフックですが、石膏ボード壁の壁紙に穴を開けずに貼って剥がせるという画期的な商品です。ただし使用上は問題ないものの、もうちょっと強力に壁に貼り付いたらと思います。
三菱電機のエアコンはリモコンホルダーが別売なので工夫して壁面に設置
三菱電機のエアコン「霧ヶ峰」はリモコンホルダーが別売なので壁面に設置する場合は皿ネジの頭に掛けたり紐で吊るすほか、自分で工夫する必要があります。我が家ではGEシリーズはベロスのエルハンガーに、Sシリーズは粘着式マグネットシート、Xシリーズは純正ホルダーを使いました。FZシリーズはリモコンスタンドに立てました。
ホッチキスvsマステvsくりぴた!賃貸の壁紙にリモコンを貼り付ける最適な方法は?
賃貸住宅のビニル壁紙にリモコンホルダーなどを貼り付ける方法は、ホッチキス、マスキングテープ、くりぴた接着剤のどれを使うのが最適か?それぞれのメリットとデメリットを精査し、壁紙の損傷リスク、施工性、コストの3点で比較してみました。

コメント