スポンサーリンク

両面から引き出せるチェスト!天馬「木製天板ストッカー550組立式」

1ヶ月ほど前だったでしょうか。ベルメゾンネットで収納グッズの新商品を物色しているときに、見慣れないチェストを発見しました。

iconicon

パッと見た感じは、いわゆるプラチェストです。ですが、よく見ると引出しが両面から引き出せる構造になっているではありませんか!

「え?コレどこのメーカーの商品?」と思って、JEJアステージやサンコープラスチック、伸和、グリーンパル、サンカなど、片っ端から当たってみましたが分かりません。それでもうあきらめてしまっていたのですが、なんと天馬の商品だったのです。

※価格および仕様はすべて2021/09/24現在

 

天馬・木製天板ストッカー550組立式

こちらがその両面チェスト、天馬の新商品「木製天板ストッカー550組立式」です。上写真の通り、3段、4段、5段の3サイズが用意されています。

見た目は普通のチェストですが…

木製天板ストッカー550組立式の見た目は商品名の通り、木製天板付きのプラチェストです。両面使いができるなんて、商品名からはまったく想像もできません。しかし、ご覧の通りちゃんと両面から使えるようになっているのです。

ちなみにこちらは組立式。てっきり中国で作っているのかと思いきや、日本製なんですね。やっぱり天馬は日本製だから安心して使えるというものです。

両面使えるメリットは?

過去にクライアントから「両面から引き出せるチェストってないですか?」と聞かれたことが何度かあります。キッチンとダイニングテーブルの間に間仕切りとして設置したいけれども、チェスト2棹を背合わせにして置けるほどのスペースがない場合などです。そんなときに、こちらの両面チェストは最適だと思います。

ただし、引出し1杯あたりの耐荷重は4kgなので、食器や缶詰など、あまり重いモノは収納できません。基本的には乾物のストックや密閉容器、布巾など、比較的軽いモノに限定されるでしょう。

ほか、リビングダイニングで子供の着替えやタオル、オモチャなどを収納して、間仕切り収納として使うイメージですかね。木製チェストならもっと重いモノを収納できそうですが、転倒や引出しが落下する危険性を考えると、マトモな家具メーカーは作れないと思います。

 

以上の通り、木製天板ストッカー550組立式は、今までありそうでなかった両面使いのできるプラチェストです。基本的にはLDKなどの広いスペースで間仕切りのように使うのに適していると思いますが、テレワークスペースで使うというのも良いかもしれません。

ただ、両面使いできるということが分かりやすい商品名でないことが残念!決して割高でもないので、そこに着目してもらえればヒットする可能性はあると思います。

 

関連記事

天馬のフィッツユニットに待望のホワイト色が登場で中身が見える問題も解決
天馬の「フィッツユニットケース」に待望のホワイト色が登場しました。これで中身が見えるからイヤだとおっしゃる方も納得することでしょう。「フィッツケース・モノ」とJEJの「ストラ」とサイズと価格の比較もしてみました。
食品のストックにはカラボよりカバコ!?天馬「カバコ・モノ」買ってみた
カップラーメンなどをストックするためにホワイトカラーの天馬「プロフィックス・カバコ・モノ(M)」を購入しました。カラーボックスよりも軽くて移動させやすく、追加で積み重ねることも可能。扉を開けっぱなしにしたり、スッキリ隠してしまうこともできるのがメリットです。
デスク周り用 禁断の収納グッズ!天馬「フィッツワーク」で足元スッキリ
天馬の新商品「フィッツワーク」は散らかりがちな職場のデスクの足元を中心に片づけるための収納グッズです。増えすぎたA4ファイル、カバン、靴など、オフィスワーカーが収納に困りがちなモノを収納するスペースを提供してくれます。
タンスを買うとき注意!「子どもの安全に配慮したチェストに関するJIS」
2020年12月21日に「子どもの安全に配慮したチェストに関するJIS」(JIS S1211)が公布されました。しかし、これはメーカーや販売店を規制するものではなく一定の基準を示すにとどまるものです。消費者としてはタンスや食器棚の転倒のリスクを理解するとともに、信頼できる店で購入するようにしましょう。

コメント