スポンサーリンク

コーナン・オリジナル!天馬「プロフィックス・カバコ」のブラック色

ホームセンターコーナン泉北店

先日、久しぶりにホームセンター「コーナン」に行きました。売上は業界4位、300店舗以上を誇るコーナンが、1978年にオープンした1号店の泉北店(堺市南区)です。

現在はブルーがコーポレートカラーのコーナンですが、初期の店は白地に赤のマークでした。泉北店は今も当時の面影を残している数少ない店舗です。ちなみにコーナンのマークは「C」を90度回転させたマークと勘違いされることが多いようですが、祖業が石油製品小売業(つまりはガソリンスタンドなど)であることから、オイルがしたたり落ちる様子をシンボルにしたものです。なお、コーナンは英字表記では「KOHNAN」となります。

コーナン泉北店は私の実家からは3駅以上離れたところにあり、小学生の頃はよくチャリに乗って行ったものです。現在でこそホームセンターと言えばDIYと日用品の店というイメージですけど、当時はいわゆる「バッタ屋」という印象で、ワケの分からない輸入品の安物ばかり置いていました。

あれから30年近く、泉北店には一度も足を運んだことがありません。もっと近くにコーナンができましたし、新しい店舗に比べると品揃えが良くないと思っていたからです。

ともあれ、ふと久しぶりに行ってみようと思い立って訪れたコーナン泉北店は当時と変わらず…と言いたいところですが、いかんせん30年も前の話なのでほとんど記憶に残っていませんでした(苦笑)ただ、駐車場はこんなに広くなかったと思います。

 

天馬のカバコのブラック色が!

天馬×コーナン・プロフィックス・カバコ(M)ブラック

出典:コーナン

コーナンのプライベートブランドと言えばライフレックス。そしてそれは売れ筋だけど、さして面白いと思える商品は皆無です。そういうこともあって最近はコーナンに魅力を感じることができず、足が遠のいていたわけですが、思わず二度見してしまう商品に出会いました。

それは天馬の「プロフィックス・カバコ」のブラック色です。いや、今までも引出式衣装ケースの「フェミーネ」の季節限定カラーなどはコーナンで扱っていましたよ。けれども決してオシャレとは言えないコーナンに、モノクロ好きが喜びそうなブラック色のカバコがあるというのはちょっと意外でした。

しかも、ブラック色とグレー色はコーナン・オリジナル。さらに、ブラック色ならではの使い方として、上写真のように車内での使用を提案しているというのは面白いと思いました。別に普通の引出式衣装ケースで良いんじゃないかと思ったりもしますけど、確かにそういう使い方はできるなーと感心しました。

 

カバコのブラック色以外にも、コーナン泉北店には意外とオシャレな収納用品などがいくつもありました。ただ、カインズなどと違ってテイストが揃っていないうえに、あまりにも店舗が古くて、全然良さそうに見えないのが残念なところです(苦笑)

コーナンは関西人に愛されている魅力あるホームセンターだと思いますけど、次から次へと出店するだけでなく、古い店舗のリニューアルもしていったほうが良いんじゃないかなと思う次第です。

関連記事

ホームセンター人気ランキング1位はコーナン!?カインズじゃダメなんですか
直近1年間に利用したホームセンターのトップはコーナン、以下はカインズ、ケーヨーD2などとなりました(マイボイスコム調査結果)。売上や店舗数とはまったくと言って良いほど相関性が少なく、人気ランキングと呼んで差し支えないと思います。
天馬のカバコ&カバゾコのDCMオリジナル!スライドボックス&引き出しケース
天馬のカバコ&カバゾコのDCMオリジナル「スライドボックス&引き出しケース」はフタの一部が透明になっており、中身を確認しやすいのがメリットです。以前は2色展開でしたが現在はクリア1色のみとなっています。
食品のストックにはカラボよりカバコ!?天馬「カバコ・モノ」買ってみた
カップラーメンなどをストックするためにホワイトカラーの天馬「プロフィックス・カバコ・モノ(M)」を購入しました。カラーボックスよりも軽くて移動させやすく、追加で積み重ねることも可能。扉を開けっぱなしにしたり、スッキリ隠してしまうこともできるのがメリットです。
「キャリコ」より「カバコ」!収納グッズ・オブ・ザ・イヤー間違いなし!
カインズの「キャリコ」のようなフロントオープンタイプのスタッキングボックス、天馬の「プロフィックス・カバコ」を実際に買って検証してみました。結論から言って収納グッズ・オブ・ザ・イヤー間違いなしと言える優れものです。ペットボトル、ワイシャツ、Tシャツ、フェイスタオル、バスタオルなども入れてみました。分別ゴミ箱やコンテナ代わりに使うのも良いでしょう。

コメント