スポンサーリンク

山崎実業「マグネットバスルームラックtower」は「磁着SQ」に及ばず

先日、「収納市場セレクト」で浴室用マグネット収納グッズを特集してみたところ、山崎実業のマグネット式収納グッズがとんでもない数になっていることに気付きました。

ユニットバスで使える!浴室用マグネット収納【9社 全144アイテム】
浴室の天井や壁が樹脂でできたユニットバスは下地に鉄板が仕込まれており、磁石をくっつけることができます。その構造に着目したのがマグネット式の浴室用収納グッズです。東和産業の「磁着(じちゃく)」シリーズの発売以降に裾野が広がり、現在では選択肢が豊富すぎるくらい多くなりました。

その数なんと65アイテム!キッチン用などとの明確な区分がないので取りこぼしもあると思いますが、東和産業の「磁着(じちゃく)」シリーズやアスベルの「ラックスマグネット」をゆうに上回っていることは間違いありません。

山崎実業のマグネット収納グッズは私もこれまでにいくつも使ってきました。しかし、意外と浴室用はバスブーツハンガーやタオルハンガー以外に使ったことがなかったんですね。

これは一度、ちゃんと使ってみなければならない…。そんな風に思っていたところに楽天プレミアムパートナー制度を通じて家具のソムリエ様から商品をご提供いただいたので、東和産業の磁着SQと比較してみることにしました。

 

山崎実業・マグネットバスルームラックtower

山崎実業・マグネットバスルームラックtowerブラック3270

今回試してみるのは「マグネットバスルームラックtower(タワー)ブラック3270」です。タワーシリーズには同じようなラックが全5サイズあるのですが(オリジナル商品含む)、その中でもっともコンパクトな幅180×奥行85mmのタイプです。

ABS樹脂でできた磁着シリーズと違ってスチールでできており、とてもシッカリしています。

ゴム磁石は最初から付いている

マグネットバスルームラックtower背面のゴム磁石

山崎実業のマグネット収納グッズにはゴム磁石を自分で貼り付けるものもありますが、こちらは最初から付いています。ネジなどで固定することがないからでしょうか。

耐荷重は約3.6kgでもOK

マグネットバスルームラックtowerは耐荷重は約3.6kgでもOK

早速ですが、マグネットバスルームラックtowerの磁力がどれくらい強力か実験してみました。

マグネットバスルームラックtowerの耐荷重は約2kgとなっています。壁面の状態にもよると思いますが、我が家のパナソニック製のユニットバスで確認したところ、約3.6kgの重量にも耐えました。

さらに200mlの紙パックを乗せるとズルズルと落ち始めたのでこのくらいが限界でしょう。とは言え、表記の2kgに対して2倍近くも耐えたのは立派ですね。

一方で、以前の実験を振り返ると、アスベルの「ラックス マグネット ウォール ラック」よりもスゴイですけど、東和産業の「磁着SQ マグネットバスポケットワイド」に比べたらたいしたことはないですね。スチール製で自重があるからかもしれません。

ポンプ式ボトルもOK

マグネットバスルームラックtowerはポンプ式ボトルもOK

ニトリでも販売しているアスベルのラックスマグネット(ニトリでは「アーバン」)だとポンプ式のシャンプーボトルを乗せてプッシュするとラックごとズリ落ちてきます。しかし、山崎実業のタワーはそんなヘタレではありません。プッシュしてもシッカリと壁に貼り付いています。

この差は大きいですよね。耐荷重の基準は各社でマチマチですが、山崎実業は実用に耐え得る信頼性を担保していると思います。

見た目がスタイリッシュ

マグネットバスルームラックtowerは見た目がスタイリッシュ

耐荷重だけで見るとタワーは磁着SQに及びませんが、ホワイトとブラックの2色展開でデザインがスタイリッシュです。上写真のようにブラック系の壁面に取り付けても自然に溶け込みます。ホワイト色しかないラックスマグネットや磁着SQではこうはいきません。

 

山崎実業のマグネット収納グッズの磁力が強力だということはこれまでもバスブーツハンガーやタオルハンガーを使って分かっていたつもりでしたが、今回の実験を通じて改めてそれを実感することができました。やっぱり、多少割高に感じても、信頼できるし、丈夫だし、オシャレです。ラインナップも豊富すぎて把握できないほどで、消費者としてはありがたい限りです。

ただ、我が家では既に磁着SQとラックスマグネットを使っているので、妻から「もう増やさないで!」と言われてしまいました(苦笑)収納すべきモノあっての収納グッズですし、収納スペースを下手に増やすとそれに合わせてついつい置くモノを増やしてしまいますからね。いくら便利なものでもそのことは心に留めておかなくてはなりません。

関連記事

東和産業vsアスベル!浴室用マグネット式ウォールポケット比較
東和産業の「磁着SQ マグネットバスポケットワイド」とアスベルの「ラックス マグネット ウォール ラック」を比較してみました。磁着SQのほうが表示耐荷重が大きいですが、それ以上に実際の耐荷重は大きいです。シャンプーボトルのポンピングで力が加わることを考えると、磁着SQのほうが買いだと思います。
新居に引越してから買った「山崎実業の収納グッズ」満足度ランキング
新居に引越してから買った山崎実業の収納グッズ11商品を満足度ランキングにして紹介します。私のベスト3はマグネットコンパクトティッシュケースTOWER、マグネット&シンク扉ゴミ箱TOWER、目隠し分別ダストワゴン3分別TOWER。それ以外も良いものばかりです。
山崎実業towerシリーズのフィルムフックは粘着式ではなく吸着式でした
山崎実業の「フィルムフック サニタリーラックTOWER」のホワイト(5397)を購入しました。粘着式か吸着式か分からなかったのですが、吸着式でした。なので、少しでも凸凹がある面にはくっつかないので、その場合は粘着式の吸盤用補助シートを使う必要があります。
やっぱりコレ!山崎実業「ポリ袋エコホルダーtower」入れ替えました
山崎実業「ポリ袋エコホルダーtower」、我が家ではこれまで15年ほどピンク色を使っていました。しかし、ホワイトインテリアには合わないので、ホワイト(6787)と取り替え。これでコーディネートに違和感がなくなりました。使い勝手はもちろん良いです。

コメント