山崎実業「ジャグボトルホルダー」にフィルムフック式とマグネット式が発売

当ブログは広告を掲載しています。詳細はこちら

ワイドジャグボトルスタンドTOWERにマグボトルを乗せると更に圧迫感が

我が家では水筒などを乾かすのに山崎実業の「ワイドジャグボトルスタンドtower(タワー)」を使っています。当初は妻から「デカすぎる!」などと不満が出たものの、水筒が乾きやすく、今ではなくてはならないものとなっています。

そんなわけでかなりオススメなのですが、大きいのでシステムキッチンに直置きしたくないという方もいらっしゃることでしょう。壁面にくっつけられたら、限りある調理台のスペースを割かれることはないですからね。

山崎実業も同様に考えていたのでしょう。満を持して、壁にくっつけられるタイプが2つも同時に投入されました!

※この記事は2023年3月14日時点の情報に基づいています

 

山崎実業・フィルムフック ワイド ジャグボトルホルダー

山崎実業(Yamazaki) フィルムフック ワイド ジャグボトルホルダー L ホワイト 本体:約W32×D12.2×H10.7cm(フィルムフック含まず) タワー tower 水切り キッチンパネル シンク中 簡単取付 7760

壁にくっつけられるジャグボトルスタンドのひとつめは「フィルムフック ワイド ジャグボトルホルダーL tower」です。タイルや凸凹のないキッチンパネルにくっつけられるフィルムフック式のジャグボトルホルダーで、ホワイト(7760)とブラック(7761)が用意されています。

パッキンなどを掛けられるフック付き

山崎実業(Yamazaki) フィルムフック ワイド ジャグボトルホルダー L ブラック 本体:約W32×D12.2×H10.7cm(フィルムフック含まず) タワー tower 水切り キッチンパネル シンク中 簡単取付 7761

キャップやパッキンなどを掛けるのに便利なフックが2つ付属しています。また、ボトルを持たれかけさせる部分とトレーの手前側にはシリコンゴムを巻いてあるので、ボトルが滑りにくくなっています。

幅32cmのLサイズのほか、幅18cmのSサイズ(ホワイト:7758、ブラック:7759)もあります。Lサイズの半分に近い大きさなので設置しやすいのはありがたいですね。それにしても、スリムサイズなのに「フィルムフック ワイド・・・ ジャグボトルホルダーS tower」とはこれ如何に(苦笑)

山崎実業・マグネット ワイド ジャグボトルホルダー

山崎実業(Yamazaki) マグネット ワイド ジャグボトルホルダー L ブラック 約W33×D12.5×H11.5cm タワー tower 水切り キッチンパネル シンク中 簡単取付 8061

もうひとつは「マグネット ワイド ジャグボトルホルダーL tower」(ブラック:8061、ホワイト:8060)。こちらはタカラスタンダードのキッチンパネルなどスチール面に磁石でくっつくタイプです。

耐荷重は前述のフィルムフック式と同様に、全体で約2kg、フック(2つ付属)はひとつあたり約250gとなっています。

水受けがないので注意

山崎実業(Yamazaki) マグネット ワイド ジャグボトルホルダー L ホワイト 約W33×D12.5×H11.5cm タワー tower 水切り キッチンパネル シンク中 簡単取付 8060

先ほどのフィルムフック式も同様ですが、こちらは我が家で使っているワイドジャグボトルスタンドと違って水受けがありません。必然的に、シンクの上などに取り付けることが推奨されます。もしくは、水切りバスケットやトレーを下に置くようにしたほうが良いでしょう。

なお、マグネット式は今のところSサイズの用意がないようです。

 

以上、壁面にくっつけられるtowerシリーズのジャグボトルホルダーを2つ紹介しました。シンクの上に取り付けるか、水受けを用意する必要がありますが、壁面にくっつけられたら調理台に直置きしなくて済むので助かります。

マグネットがくっつく壁面ならマグネット式のほうがオススメです。位置調整が容易だからです。逆にマグネットがくっつかない場所への設置はフィルムフック式。少し凸凹があるキッチンパネルの場合は吸盤用粘着補助シートを使うと良いでしょう。

関連記事

売切れ続出!山崎実業「ワイドジャグボトルスタンドTOWER」買いました
売切れ続出となっている山崎実業の「ワイドジャグボトルスタンドTOWER(タワー)ホワイト5409」を購入しました。とても高価ですが、デザインが良いだけでなく、様々なボトルを置ける神設計で大満足。しかし、ちょっと大きすぎるのがデメリットです。
山崎実業towerシリーズのフィルムフックは粘着式ではなく吸着式でした
山崎実業の「フィルムフック サニタリーラックTOWER」のホワイト(5397)を購入しました。粘着式か吸着式か分からなかったのですが、吸着式でした。なので、少しでも凸凹がある面にはくっつかないので棚が落ちてしまいます。その場合は粘着式の吸盤用補助シートを使う必要があります。
山崎実業「マグネットバスルームラックtower」は「磁着SQ」に及ばず
山崎実業の「マグネットバスルームラックtower(タワー)ブラック3270」を試してみました。アスベルのラックスMGよりも磁力が強力ですが、東和産業の磁着SQと比較すると及びません。それでもポンプ式のシャンプーボトルをプッシュしてもズリ落ちませんし、デザインがスタイリッシュでブラックとホワイトの2色があるのは良いです。
100均のフィルムフックで風呂マットを引っ掛けて収納したらチョベリグでした
これまでユニットバスの壁面に風呂マットをマグネット式フックで引っ掛けて収納していたのですが、100均のフィルムフックと透明補助シートで掛けることにしました。フックに奥行があって通気が確保しやすいうえに、体をぶつけても安全な構造で最適です。

コメント