ただの分割払いでは?ディノスが購入検討型家具レンタル「フレクト」開始

先日、ディノス・セシールが奇妙なプレスリリースを出したんですよね。「家具とライフスタイルに関する意識と実態調査」というもので、調査の結果、モノを所有しないという意識が高まっており、家具もできるだけ持ちたくない、新品であれば家具をレンタルしたいと考える人が多いという内容です。

いや確かに、そんなサービスがあればありがたいですよ。でも、家具はアンティークと呼ばれるようなものでなければ中古だと二束三文にしかならないものです。おまけに配送料金が高くつきますから、届いたソファーを返送するだけでも往復で2万円は掛かってしまいます。

ですから、普通に考えて新品限定で家具をレンタルするサービスなんてあり得ません。仮にあったとしても、普通に買ったほうが安いとしか思えない高額なレンタル料金になるとしか考えられません。

それなのに、ディノス・セシールは煽るだけ煽っておいてそんなサービスはやっていないわけで。「いったい何が目的でこんなプレスリリース出したの!?」と思っていたら、新規事業のための前振りだったんですねー。

ディノスの購入検討型家具レンタルサービス「フレクト」

ディノスの購入検討型家具レンタルサービス「フレクト」スクリーンショットディノスHPスクリーンショット

ディノスが2017年10月2日からスタートさせるという購入検討型家具レンタルサービス「flect(フレクト)」は、ディノスで扱っている新品の家具を借りて使いながら購入を検討することができるというサービスです。まず有料で借りて、気に入ったら買う、そうでなければ返品OKということですね。また、買うつもりがなくても借りることができるというんですから、これが事実ならスゴく便利なサービスと言えます。

フレクトの利用条件

  • 取扱商品はソファ、チェア、テーブル、ベッド、チェストなど、全約200点
  • 通常販売価格合計が税抜10万円以上から利用可能
  • 対象エリアは首都圏限定(東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城・栃木・群馬の島しょ部以外)

首都圏限定というのは残念ですが、家具の長距離輸送はコストが掛かるし、物流拠点も必要になるので、まずは効率が良いエリアを限定してスタートというところでしょう。

フレクトの利用の流れ

  1. 利用申込み→家具が届く
  2. 有料で24ヶ月間レンタルし、その後12ヶ月間は無料レンタル
  3. 無料レンタル期間中に買取か返却を選択

とりあえず家具を試してみて気に入らなかったらすぐに返却…ではなく、フレクトは24ヶ月間の期間固定での有料レンタル!その後の25ヶ月目から36ヶ月目までは無料でレンタルでき、買い取るか返却するかを決めるというかたちとなります。

フレクトの利用料金

申込金 通常販売価格の15%
月額利用料 通常販売価格の3.5%×24ヶ月
その他 送料、開梱設置料、組立サービス料等

申込金はサービス利用開始時に支払い、25ヶ月以降で返却する場合は返金される仕組みとなっています。つまり補償金のような感じですね。ただし、家具を返却する場合は返却送料などを相殺したうえで返金ということですので、実際はかなり目減りするのではないかと思います。

仮に10万円のソファーをフレクトでレンタルしたら申込金は15,000円。ディノスでソファーのような大型家具を新品で買ったときの配送設置料が4,860円程度ですので、それを下回ることは考えにくく、1万円返ってきたら御の字というところではないでしょうか。

それよりも強烈なのが24ヶ月固定の月額料金です。3.5%×24ヶ月=84%ですから、15%の申込金と合わせると99%となります。つまり、フレクトは普通に買った場合と比べて1%安くなるだけで基本的には普通に買ったのと変わらず、返却する場合も最大15%で下取りしてもらえるだけという仕組みと言えます。

これって実質的に、ただの分割払いではないでしょうか。もっとも、分割払いなら普通は金利が掛かりますので、それが逆に1%お得に買えるというのは良いということもできますが。



いやー、やっぱりウマイ話なんてないもんですねー(苦笑)「別に高く買わされるわけじゃないし、逆に1%安く買えて、しかも分割払いでまとまった出費を抑えられるんだから良いじゃない!」と言うこともできますけど、個人的には別にディノスで割高な家具を買う必要もないと思います。

仮に返却で15%戻ってくるとしても、私だったら最初から15%程度割高な価格を設定すると思います(笑)また、家具を最終的に処分する際も困らないとは言え、3年以上使えば行き場を失います。

商品自体も配送もディノスは結構評判が悪いですからね。試すなら1ヶ月も使えば十分ですし、それで半値くらい返ってくるようなサービスのほうが個人的にはありがたいと思います。

【関連記事】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
スポンサーリンク