ニトリよりもIKEAよりもウンコ!「ウンコちゃんの家具屋さん」八尾本店に行ってみた

先に謝っておきます。聖なる夜にスイマセン。

先日、グーグルマップで家具屋を探していたところ、「ウンコちゃんの家具屋さん」という店名が目に留まりました。

一瞬、目を疑いました。「ウサコちゃん」の間違いではないかと。しかし、やっぱり「ウンコ」なのです。お店のホームページを確認しても、やっぱり「ウンコ」。

お食事中の方には重ね重ね申し訳ありません(苦笑)でも、なんか面白そうなので、一度、足を運んでみることにしました。



ウンコちゃんの家具屋さん・八尾本店

ウンコちゃんの家具屋さん・八尾本店

ウンコちゃんの家具屋さん八尾本店は、大阪中央環状線沿い、近畿道の八尾インターと東大阪南インターの中間付近にあります。私もときどき通る道ですが、大型トラックがビュンビュン走る片側3車線の道の、しかも側道沿いということで、今までその存在にまったく気づきませんでした。

あまりにも奇抜なネーミングなので、てっきり老舗のタンス屋が代替わりしてこんなことになったのかと思いきや、運営元の木楽家本舗は2006年の設立でまだ新しい店。大阪の家具業界では展示品やB級家具のことを「ウンコちゃん」と呼んでいたことからこういうネーミングになったそうですけど、まあ確かに、口の悪い友人などはよく「お前、ウンコやな」などと言うことがありますね(笑)

大阪人が「ウンコ」と言うときは決して見下しているのではなく、親しみの気持ちを込めてそう言うのです。

ニトリよりも安くIKEAよりもマトモ!

店に入ると、巨大なサイ「クサイくん」がお出迎え。その奥にはビッシリとソファーやダイニングセット、食器棚などが並んでいます。2階も同様に、ベッドやチェストなどがビッシリ。2段重ねも当たり前です。

価格はなるほど、プロの目から見ても安いです。ほとんどは九州・大川のもので、典型的な安物家具店の売場です。

しかし、チョイスがなかなか良いです。安けりゃ良いっていうわけではなく、ぎりぎり許せる範囲の見た目のものを選んで仕入れているという印象です。

価格はニトリよりも安い価格帯を扱っていると思います。たとえば整理タンスであれば、ニトリなら4万円台を中心に据えているところが、ウンコちゃんは1~2万円台という感じ。でも決してニトリよりも単純に安いというわけではなく、見た目は重視するけれども引出しを開けてみればまあそんなもんかなというグレードです。

価格帯だけで言えばむしろIKEAのほうが近いと言えるかもしれません。でもIKEAの場合は基本的に全部組立式じゃないですか。一方でウンコちゃんは曲がりなりにも大川の国産品ですから完成品です。当然、IKEAの家具よりも耐久性が高いと言えます。

実は、ニトリよりも安いグレードで、IKEAと違って完成品を扱うというだけでは、ウンコちゃんのビジネスモデルは成り立ちません。その方法では、単価が安いので大量に仕入れてたくさん売らなくてはならないからです。しかし、ウンコちゃんの店頭を見る限り、そんな風には見えません。

じゃあどうしてこのビジネスモデルで成り立っているかと言うと、IKEAのように基本的にお持ち帰りを前提としているからです。家具の配送コストは通常、1件あたり6,000円程度というのが相場です。それをお客さんのほうでお金ではなく労力で負担してもらうことで、オシャレでそれなりの耐久性があって安い家具を実現しているんだと思います。

ウンコちゃんの家具屋さん八尾本店の近くには、大阪でもっとも学生数が多い近畿大学もあります。学生の住むワンルームではなかなか家具を置くのは難しいとは思いますけど、客層としてはピッタリなんじゃないでしょうか。

パレットハウスジャパンの家具が素敵!

パレットハウスジャパンのローボード出典:PALLET HOUSE JAPAN

ウンコちゃんの家具屋さんで扱われているのは大川産の安物家具だけではありません。ヴィンテージ風というか、インダストリアル系というか、男前インテリアっぽい家具も別コーナーで置かれています。これらはそこそこのお値段ですけれども、モノの割りには安いです。数は多くないものの、ダブルデイなんかが好きな人には最高なんじゃないかと思いますね。

なかでも思わず見入ってしまったのがパレットハウスジャパンというメーカーの商品です。流通倉庫などで使われる木製パレットを再利用して作られた家具なんですけど、これが驚くほどマトモなのです。

ハッキリ言って私はこういうエコっぽい家具はキライなんですよ。だいたい家具の素人が作るので、値段だけ高くてそれこそウンコ以下のものばかりだからです。ところがパレットジャパンの作る家具は明らかにプロの手によるものなのです。構造は当然のことながら、木製パレットとは言え、ちゃんと木の使い方を分かっているのです。

オフィスに戻ってから調べてみたところ、なるほど納得しました。パレットハウスジャパンは、ウンコちゃんの家具屋さんの創業者で現社長の叔父さんが代表を務めるメーカーなのです。きっと現社長に家具の目利きを仕込んだのもこの方なんでしょう。

ともあれ、パレットハウスジャパンの家具は、家具好きな人、エコ好きな人、そうでない人にとっても必見ですよ~。これはマジで見とれてしまいます。

いやー、ウンコちゃんの家具屋さん、想像以上に面白かったです。社長を見つけたら色々お話をうかがってみたかったですし、パレットハウスジャパンにも一度伺ってみたいなーと思いました。

ウンコちゃんの家具屋さんは八尾本店のほかに、ブリブリ門真店もあるそうです。そのうち、ゲリピー美原店がオープンするんじゃないでしょうか(←勝手な妄想です・笑)

関連記事

先日、IDC大塚家具がアウトレット&リユース業態を全国各店で導入していくことを発表しました。プレスリリースによると、既に導入済みの横...
昨年11月13日にオープンした服部家具センター天理店に行って参りました。名古屋市の本店を中心に東海地方で26店舗(アウトレット店等含...
以前に紹介記事を書いた大阪府豊中市の学習机専門店「デスクランド」。しばらく足を運んでいなかったのですが、あるメ…
2018年8月2日にオープンした「マナベインテリアハーツ八尾外環状店」に行ってきました。居抜きではない新店舗で、価格はニトリ並み、オシャレっぽさはニトリ以上。雑貨はホームセンター並みの品揃えを誇ります。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
スポンサーリンク