スポンサーリンク

ただの分割払いでは?ディノスが購入検討型家具レンタル「フレクト」開始

先日、ディノス・セシールが奇妙なプレスリリースを出したんですよね。「家具とライフスタイルに関する意識と実態調査」というもので、調査の結果、モノを所有しないという意識が高まっており、家具もできるだけ持ちたくない、新品であれば家具をレンタルしたいと考える人が多いという内容です。

いや確かに、そんなサービスがあればありがたいですよ。でも、家具はアンティークと呼ばれるようなものでなければ中古だと二束三文にしかならないものです。おまけに配送料金が高くつきますから、届いたソファーを返送するだけでも往復で2万円は掛かってしまいます。

ですから、普通に考えて新品限定で家具をレンタルするサービスなんてあり得ません。仮にあったとしても、普通に買ったほうが安いとしか思えない高額なレンタル料金になるとしか考えられません。

それなのに、ディノス・セシールは煽るだけ煽っておいてそんなサービスはやっていないわけで。「いったい何が目的でこんなプレスリリース出したの!?」と思っていたら、新規事業のための前振りだったんですねー。

2021/04/28追記:2021年3月1日にセシールがニフティ傘下となったのと同時に、ディノス・セシールはDINOS CORPORATIONに社名が変更されました。

 

ディノスの購入検討型家具レンタルサービス「フレクト」

ディノスの購入検討型家具レンタルサービス「フレクト」スクリーンショット

ディノスiconHPスクリーンショット

ディノスが2017年10月2日からスタートさせるという購入検討型家具レンタルサービス「flect(フレクト)」は、ディノスで扱っている新品の家具を借りて使いながら購入を検討することができるというサービスです。まず有料で借りて、気に入ったら買う、そうでなければ返品OKということですね。また、買うつもりがなくても借りることができるというんですから、これが事実ならスゴく便利なサービスと言えます。

フレクトの利用条件

  • 取扱商品はソファ、チェア、テーブル、ベッド、チェストなど、全約200点
  • 通常販売価格合計が税抜10万円以上から利用可能
  • 対象エリアは首都圏限定(東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城・栃木・群馬の島しょ部以外)

首都圏限定というのは残念ですが、家具の長距離輸送はコストが掛かるし、物流拠点も必要になるので、まずは効率が良いエリアを限定してスタートというところでしょう。

2021/04/28追記:現在は東は宮城県、西は兵庫県まで1都2府22県まで対象エリアが広がっています。また、対象商品は大幅に増えるとともに、利用金額の下限は撤廃されたようです。

 

フレクトの利用の流れ

  1. 利用申込み→家具が届く
  2. 有料で24ヶ月間レンタルし、その後12ヶ月間は無料レンタル
  3. 無料レンタル期間中に買取か返却を選択

とりあえず家具を試してみて気に入らなかったらすぐに返却…ではなく、フレクトは24ヶ月間の期間固定での有料レンタル!その後の25ヶ月目から36ヶ月目までは無料でレンタルでき、買い取るか返却するかを決めるというかたちとなります。

2021/04/28追記:現在は24ヶ月目に買取か返却を決める必要があります。確認メールに対して返信しなければ自動的に買取ということになるそうです。

 

フレクトの利用料金

申込金通常販売価格の15%(※下記注)
月額利用料通常販売価格の3.5%×24ヶ月
その他送料、開梱設置料、組立サービス料等

申込金はサービス利用開始時に支払い、25ヶ月以降で返却する場合は返金される仕組みとなっています。つまり補償金のような感じですね。ただし、家具を返却する場合は返却送料などを相殺したうえで返金ということですので、実際はかなり目減りするのではないかと思います。

仮に10万円のソファーをフレクトでレンタルしたら申込金は15,000円。ディノスでソファーのような大型家具を新品で買ったときの配送設置料が4,860円程度ですので、それを下回ることは考えにくく、1万円返ってきたら御の字というところではないでしょうか。

それよりも強烈なのが24ヶ月固定の月額料金です。3.5%×24ヶ月=84%ですから、15%の申込金と合わせると99%となります。つまり、フレクトは普通に買った場合と比べて1%安くなるだけで基本的には普通に買ったのと変わらず、返却する場合も最大15%で下取りしてもらえるだけという仕組みと言えます。

これって実質的に、ただの分割払いではないでしょうか。もっとも、分割払いなら普通は金利が掛かりますので、それが逆に1%お得に買えるというのは良いと言うこともできますが。

2021/04/28追記:2021年2月1日以降から申込金というシステムはなくなり、初月から月額料金を支払うシステムに変更されました。それに伴い、支払総額が0~1%安くなるケースが大半であるものの、2割ほど安くなるケースもあります。なお、途中解約が可能となっていますが、その際は実際に利用した期間の月額料金に加え、+2ヶ月分の手切れ金が必要となります。また、途中解約または契約満了に伴う解約の際は、商品お届け時と同額の返送料が必要です。

 

いやー、やっぱりウマイ話なんてないもんですねー(苦笑)「別に高く買わされるわけじゃないし、逆に1%安く買えて、しかも分割払いでまとまった出費を抑えられるんだから良いじゃない!」と言うこともできますけど、個人的には別にディノスで割高な家具を買う必要もないと思います。

仮に返却で15%戻ってくるとしても、私だったら最初から15%程度割高な価格を設定すると思います(2021/04/28追記:そういう卑怯なことはやっていないみたいです)。また、家具を最終的に処分する際も困らないとは言え、3年以上使えば行き場を失います。

商品自体も配送もディノスは結構評判が悪いですからね。試すなら1ヶ月も使えば十分ですし、それで半値くらい返ってくるようなサービスのほうが個人的にはありがたいと思います。

 

ディノス - 購入検討型家具レンタルサービスflect(フレクト)

関連記事

半年で返すならアリ!?家具レンタル「CLAS(クラス)」がサービス開始
「CLAS(クラス)」がいよいよ家具レンタルサービスを開始しました。ようやく全貌が明らかになったわけですが、ただの分割払いにしか見えないディノスのフレクトとは違って、半年間の短期利用であれば十分メリットはあると思います。ただしチープな家具ばかりです。
若者にはいいカモ!?月額制家具購入サービス「subsclife」
カマルクジャパンが運営する「subsclife(サブスクライフ)」という家具のサブスクリプション型サービスは、実質的には単なる割賦販売です。「ACME Furniture(アクメファニチャー)」や「journal standard Furniture(ジャーナルスタンダードファニチャー)」などの若者に人気のブランド家具を初期コストを抑えて揃えたいなら良いカモしれませんが。
アスクルが月額制の家具レンタルサービス開始!オフィスチェア35点から
アスクルが月額制の家具レンタルサービスを開始しました。まずは1都3県のみ、オフィスチェア35商品のみからのスタートで、ただの分割払いとも取れるシステムです。しかしながら、初期費用を抑えることができ、減価償却をする必要もなく、いつでも返却可能など、利用者にとっては魅力的なサービスだと思います。
初期費用を抑えて素敵な国産家具が買える「金利手数料無料」の家具店8選
初期費用を抑えて素敵な国産家具が買える、「金利手数料無料」の家具店を8店セレクトしてみました。大正堂やかねたやのように催事だけのところもありますが、リビングハウスやマルキン家具のように基本的にいつでも無金利で買えるところもあります。

コメント

  1. kdしゅいc より:

    ただの分割払いとはまた違うかと。
    有料期間中でも中途解約は可能だそうですよ。
    解約時に初期費用の15パーセントっていうのもかえってくるそうです。
    送料など、全体的に見ると、家具屋さんで買うよりは割高なきがしますが、
    中途解約前提(単身赴任等)であれば、お得なように思いました。

    • 収納マン より:

      kdしゅいcさま

      はじめまして^^

      フレクトが始まった当初は中途解約については記載がなかったと記憶していますが、現在は可能となっているのですね。

      ただ、”合理的な理由なく商品の中途解約、返品等を繰り返している場合”は中途解約をお受けできないと記載していることから、ディノスとしては中途解約を前提とするどころか基本的には快く思っていないように受け取れます。

      一方で、最近は中途解約を前提とした家具のサブスクもいくつか出てきています。
      もっとも、割高感があるところがほとんどですし、一般消費者向けよりも法人向けに力を入れている印象になってきていますが。