New!収納教える.コム

収納マンこと、TVチャンピオン収納ダメ主婦しつけ王 芝谷浩のブログ。部屋別・モノ別収納法、オススメ収納グッズ・家具、主夫の家事にまつわる話などを紹介します。

*

プロが教える!ダイニングセット(食卓セット)の選び方【1】レイアウト編

      2015/09/24

ダイニングセット・イメージ

収納というと、モノをたくさん収めたり、出し入れしやすくすることが大事だと思われがちです。けれども私はそうは考えていません。それよりも生活動線や作業動線をスムーズにすることのほうがはるかに大事だと考えています。

通路が狭くなっているだけで、使ったモノを戻しに行くのが面倒臭くなり、それが積もり積もって片づかなくなることがあります。子供が自分で出し入れできない高さに絵本を詰め込むことで、子供が片づけてくれなかったり、本を読む習慣がつかなくなることもあります。だから収納はモノに目を向けてばかりいてはダメなのです。全体の大きな動線の中で、どのようにモノをレイアウトするかを考えることが大事なのです。

そのため、一見、収納に直接関係のないものに目を向けることも大切です。例えばダイニングセットやリビングセット。必要に応じてこれらを買い替えたりレイアウトを変えるだけで動線が大きく変わることもあります。

というわけで今回は、ダイニングセット(食卓セット)の選び方について紹介したいと思います。

 

売れ筋のダイニング5点セットのサイズは135~150cm幅

ダイニングセットを選ぶとき、多くの方はまずテーブルサイズを気にします。椅子が4脚にテーブルがセットされたものをダイニング5点セットと呼びますが、その場合、テーブルのサイズは120~165cm幅のものが一般的です。

ダイニング5点セットの場合、その中でも売れ筋は135~150cm幅です。一般的に一人あたりに必要な幅は60cmと言われますので、5点セットの場合は120cm幅あれば十分と言えます。ただその場合はコンパクトな椅子にする必要があります。ゆったりと寛げるようにすると椅子の幅は広くなり、肘付きの椅子を好まれる方もいます。座面の幅が大きくて肘付きの椅子の場合は最大165cm幅のテーブルが必要になります。

ちなみにダイニングセットにリビングセット(ソファー)を掛け合わせたリビングダイニングセットと呼ばれるものもあります。その場合はテーブル幅が165~200cmというのが一般的です。ソファーを置かずにリビングダイニングセットを置くというのはひとつの方法と言えますが、実際にこれを選ぶのはほとんどがシニア層です。

 

大は小を兼ねない!ダイニングセットは小さめが吉

ダイニングセットだけでなくリビングセットもそうですが、お客様が来たときのことを想定して大きめのものを選ぶ方がいます。ダイニングスペースに十分なスペースがあればそれでも良いのですが、そうでない場合に大きすぎるダイニングテーブルを置くと通路が狭くなって動線が悪くなります。実際、私がお邪魔するお宅ではそのパターンが非常に多いです。

お客様を大切にもてなすことももちろん大事ですが、それがために普段の生活に不便を感じるようでは本末転倒です。5人目、6人目の方が座る場所を確保する方法は他にも考えられますので、テーブルサイズという力技で対処するのはできるだけ避けるようにしましょう。

ちなみに、伸長式テーブルを使うというのはひとつの方法ではありますが、あまりオススメはしません。その理由はどうしても伸ばした状態で使ってしまいがちだから。またそうなってしまうのは、伸長式のテーブルは重くて、伸長するときに指を挟んでしまいそうになるからです。継ぎ目があるということや壊れる可能性があるということ、価格が高くなるということもデメリットとして挙げられます。

 

ダイニングセットは幅よりも奥行のほうが場所を取る

ダイニング5点セットのレイアウト例

上図をご覧ください。ダイニングセットを選ぶ際はついついテーブルの幅を注視してしまうのですが、実際には奥行方向のほうがスペースが必要になります。椅子の大きさにもよりますが、一般的に椅子を引くのに必要なスペースは50cm程度が目安と言われています。ダイニングテーブルの幅が135cm、奥行が80cmの場合、椅子を引くスペースを考慮すると奥行方向は180cm必要になるのです。

よって、テーブルサイズだけ見ていると上図のようにではなく90度回転させた状態にダイニングセットをレイアウトさせることもできるように錯覚してしまいがちですが、現実には無理というか、非常に動線を悪くしてしまうのです。

 

サイズやデザインよりも重要!「脚」をチェックしよう

ダイニングセットをテーブルのサイズやデザイン、椅子の座り心地だけで選んでしまっていませんか?もちろんそれらは大切なことですが、生活動線を良くするためには脚形状にも注目してもらいたいのです。

テーブルの脚は主に2本と4本があります(1本脚もありますが)。

最近の流行りは圧倒的に4本脚です。見た目にシンプルであることがもっとも支持されている要因だと思います。また、4本脚の場合はテーブルの短辺に椅子を置いた場合も座ることができるというメリットもあります。ちなみに現在、4本脚が主流を占めているのは、車椅子に乗った人の介助がしやすいということも挙げられるかもしれません。

反対に、椅子を完全に引かないと座れないので、奥行方向に十分なスペースが必要となります。また、4本脚の場合は主に低価格帯のもののテーブルの四方に「幕板」というパーツが付いていることが多く、脚を組むと幕板に当たって窮屈さを感じることがあります(上商品写真にもテーブルの下に幕板が付いていますね)。

今では少数派となってしまいましたが、10年ほど前は2本脚テーブルと4本脚テーブルが人気を二分していました。2本脚のメリットは、椅子をちょっと引くだけで座りやすいこと。特に重い回転チェアの場合は椅子を引くのが難しいので、回転チェアや幅の広い椅子には2本脚テーブルがセットされていることが多いです。スペースに十分なゆとりがなく、お客様が来られる頻度が少ない場合は、2本脚テーブルがオススメです。また、家族に車椅子の方がいる場合は2本脚のほうが狭いスペースでも動きやすい場合もあります。

反対にデメリットはテーブルの短辺側に座りにくいということです。ただし幅150cm以上のテーブルであれば内寄りに脚が付いているものもあり、その場合は短辺側に座ることも可能です。

 

ダイニングセットはデザインや座り心地で選んじゃダメ!

ダイニングチェアはデザインや座り心地だけで選んだら失敗します。一般的にダイニングチェアは背もたれが高いほうが高級感が増してオシャレに見えますが、一般家庭に持ち込むと圧迫感が強すぎて部屋が狭く見えます。また、背もたれが高かったり、座面が広いほうが座り心地が良いのですが、食事をするときってほとんど背もたれにはもたれませんし、座面が大きくなると椅子だけでなくテーブルまで大きくなってしまって広い設置スペースが必要になります。ソファーもあるようなら、寛ぐ場所が2つにもなってしまい、限られた家の中のスペースの使い方のバランスを崩してしまいかねません。

ダイニングセットには食事をするのに必要最小限の要求をするのが良いと私は考えます。家族が座って食事をする。椅子が軽く引ける。立ったり座ったりしやすい。それで十分です。

リビングセットがあれば、そこで寛ぐようにして、お客様もそちらに通すようにしたほうが、ダブル・リビングセット状態を回避できます。ダブル・リビングセット状態を回避すれば、ダイニングセットはコンパクトにすることができ、生活動線をスムーズにすることができます

ダイニングセットをコンパクトにするメリットは他にもあります。椅子がコンパクトだとテーブルもコンパクトで済みます。コンパクトな椅子だと圧迫感もありません5脚目、6脚目の椅子を置くのにもあまり無理を生じません。コンパクトだと軽いので掃除もしやすいです。旦那が食後にいつまでもダイニングにいることがなくなって後片づけがしやすくなります(笑)

 

このカリモク家具のダイニングセットなんかは良いですねー。テーブル幅が150cmもあり、椅子の幅も50cmもあって、あまりコンパクトとは言えないですけど、椅子の背もたれが低くて圧迫感が少なく、重心が低いので倒す心配もありません。使わない椅子はスタッキング(積み重ね)ができてコンパクトに収納可能。座面が布バネなので軽くて座り心地も良いです。テーブルに幕板もありませんから足元もゆったり。テーブルの幅がゆったり目で椅子の座面も丸みのある形状なので、椅子を引くスペースもそれほど必要ありません。

ダイニングセットって、パッと見た目はどれも同じように見えます。けれども細部をよく見れば、かなりいろんなところに違いがあるのです。家具店の広い場所で見るとどうしても錯覚してしまうことが多くなりますが、自宅のダイニングスペースを意識して最適なものを選ぶようにしましょう

【続編】プロが教える!ダイニングセット(食卓セット)の選び方【2】スペック編

 - 収納の考え方, その他の家具, 選び方

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

CAROカーロHUKLAフクラP717(28ランクファブリック)
プロが教える!リビングセット(ソファー+センターテーブル)の選び方【3】

前回までのところではいくつかのソファーの形を紹介しました。 【前回までの記事】 …

神戸ファッションマート
アシュレイにスキャンティークも!家具の穴場スポット「神戸ファッションマート」

前々回のソングドリーム神戸店、前回のNDstyle.Shop神戸がテナントを構え …

クローゼット・イメージ
「収納」が少ないから片づかない?中途半端なクローゼットなら無いほうがマシ!

お片づけブログメディア”cataso(カタソ)”に収納マンの新しい記事が公開され …

1年使用を経て2/3にヘタッた我が家のビーズクッション「キューブM」
「体にフィットするソファ」的なビーズクッションがヘタってきたのでビーズを補充してみた

ちょうど1年前に購入した、無印良品の「体にフィットするソファ」ライクなジャンボビ …

リビングダイニングキッチン・イメージ
どこの部屋から順番に片づければ良いの?リビングダイニングを片づけるまでの正しい手順

お片づけブログメディア”cataso(カタソ)”に収納マンの新しい記事が公開され …

どの部屋から順番に片づければ良いか答えなさい
【収納の問題です】どの部屋から順番に片づけたら良いか答えなさい

収納の問題 家全体を片づける場合、どの部屋から順番に片づけたら良いかを以下の3つ …

マンション・イメージ
実はマンションは「収納力」が高い!収納面でマンションをオススメする5つの理由

マンションのモデルルームに収納セミナーの講師として招かれたときに、営業担当者とお …

金鵄(きんし)・ ビーズソファ用クッションカバー 北欧風波柄グリーン
無印良品「体にフィットするソファ」の類似品にニューウェーブ!?金鵄(きんし)のビーズソファ

無印良品の「体にフィットするソファ」は、ソファーではなく、座椅子でもなく、ただの …

IKEA・BREIM(ブレイム)ワードローブ
ホコリの心配なんてしたって無駄!「全面カバー付きのワードローブ」は中途半端

お片づけブログメディア”cataso(カタソ)”に収納マンの新しい記事が公開され …

キッチン・イメージ
一年の計は元旦にあり!キッチンを片づけてスッキリ暮らそう!

「一年の計は元旦にあり」と言います。今年こそスッキリ暮らすために、ぜひ元旦に計画 …