『子育てママの私が片づけに夢中になった理由(仮)』発売中
スポンサーリンク

冨士ファニチアのダイニングセット「Koti(コティ)」が届きました

新型コロナウィルスの流行で皆様も色々とご不便を被っておられることと思います。私の地元・大阪では緊急事態宣言が発令されたものの、今のところキタやミナミといった繁華街の一部店舗を除いてはほぼ通常通りにお店が開いているという感じです。てっきり生活必需品を扱う店以外はすべて閉められると思っていたので私としてはありがたい限りですが、お店をやっておられる方々は本当に大変だと思います。

サラリーマンも大変です。私の妻も来週から本格的に在宅勤務ですし、周りでも同様の措置となった方が多いようです。アキュラホームの営業担当も先日から在宅勤務を命じられているそうで、新居の手直し工事の日程も白紙になってしまいました。

一方で私はと言うと、世間とはかなりズレています(苦笑)新型コロナウィルスなどどこ吹く風で、新居で家具などの荷受けやDIYに勤しむ日々を送っております。

そう言うと、なんだか優雅なように思われるかもしれませんが、まったくそうではありません。やることが多すぎて忙殺されてしまい、一日があっと言う間に過ぎていきます。家中にいろんなモノが散らばってますが、それ以上に頭の中がまったく片づかない状況です。ブログに書きたいことはたくさんあるのに、書く時間が取れなくてモヤモヤしております(苦笑)

まあそんなわけで、今さらながら1週間前に届いたダイニングセットをお披露目したいと思います。

 

冨士ファニチア・Koti(コティ)

冨士ファニチア・ダイニングセットKoti(コティ)

こちらが私の新居に合わせて購入したダイニング5点セット、冨士ファニチアの「Koti(コティ)」です。

こうやって写真で見るとこじんまりして見えますが、天板サイズは1650×850mmと結構な大きさです。ちなみに、Kotiのサイズバリエーションは幅は1400~2400mm、奥行は800~1000mmまで、全部で69もあります。基本的に受注生産で、納期は1ヶ月以上も掛かりました。

天板はウォールナット無垢

冨士ファニチア・ダイニングテーブルKoti(コティ)

テーブルの天板の材質はウォールナット無垢(集成材)です。剥ぎ合わせの巾が広くて節も少ないプレミアムランクと、それには劣るスタンダードランクがあり、妻はせっかくだからプレミアムランクにしようと言ってくれたのですが、私はどうせキズになるからということでスタンダードランクにしました。

なお、Kotiにはウォールナットのほか、チェリーとオークもあります。また、我が家はキズや汚れに強いウレタン塗装にしましたが、オイル塗装を選ぶこともできます。ウレタン塗装の仕上がりは道管を半分程度残すセミクローズです。

ボリューム感のある45mm厚の天板

ボリューム感のある45mm厚の天板

天板の縁は45mmほどで、ボリューム感があります。

下面にはスチールの反り止め

底面にはスチールの反り止め

天板の下面にはスチールの反り止めが入っています。同じウォールナット無垢でもマスターウォール(アカセ木工)は反り止めが入ってないんですよね。そこはやっぱり技術力の違いでしょうか。

ちなみに、天板下に幕板はなく、脚はレッグジョイント金具で接続されています。

美しく機能的な脚のデザイン

美しく機能的な脚のデザイン

私がKotiに惚れたのは、まさしくこの脚です。家具業界に片脚を突っ込んでしまってからもう20年になりますけど、テーブルの脚に惚れたというのは生まれて初めてです。

この脚は見た目に美しいだけでなく、椅子に座ったり椅子から立ち上がったりするときに引っ掛かりにくい大変実用的なデザインになっているのです。

短辺側にもアームチェアが収まる

短辺側にもアームチェアが収まる

椅子の座り降りに際してテーブルの脚が邪魔にならないようにするには、4本脚ではなく2本脚にするという方法もあります。しかし、2本脚テーブルではよほど大きなテーブルでない限り短辺側には座れません。Kotiの脚形状なら短辺側にもアームチェアを置いて座ることができるのです。

なお、奥行800mmの場合はアームチェアはテーブルの脚の間に収まりません。850mmでギリギリ。余裕を見るなら900mm以上を推奨します。

Koti・アームチェア

Koti・アームチェア

テーブルばかりではなく椅子のほうもご覧いただければと思います。もともとはセミアームのチェアで探していたのですが、妻はダイニングに座ることのほうが多くなりそうだということで、ゆったり寛いで座れるアームチェアにしました。

張地はMA80です。スウェードっぽいヴィンテージ風の皮革のようなブラック。メーカーは不詳ながらマーブルという商品名で、最近、国産家具メーカーのソファなどで時折り見ますね。ウォッシャブルのポリエステルですが、カバーリング仕様ではありません。

ただ、この形状なら背を外して張り替えるのが容易です。椅子全体を工房に持ち込んで張り替えるとなると送料も含めて高くつきますが、これならコストを安く抑えられます。

背もたれの下面にくり引手

背もたれの下面にくり引き手

背もたれの枠の下にはくり引手が付いているので、椅子を引きやすいです。ちなみに、脚裏にはフェルトを貼り付けてもらっています。打ち込み式のものを希望したら、硬い木なので取り付けが難しいと断られました(苦笑)

座ってるだけで幸せ~

諏訪輝だけで幸せ~

椅子に座って美しい天板の木目を眺め、アームチェアの肘置きやテーブルの脚をすりすりと触っているだけですごく幸せな気持ちになれます(笑)

柘産業のテーブルマット(笑)

柘産業の両面非転写テーブルマット

ですが、天板の上に熱い鍋を置いたりキズをつけてしまいそうなので、柘(つげ)産業の両面非転写テーブルマットを敷くことにしました。藤光家具の販売員に笑われそうでしたけどね(苦笑)

 

というわけで、我が家にやってきた富士ファニチアのKotiを紹介させていただきました。当初予算の2倍以上の価格で、私にとってはすごく贅沢なのですが本当に幸せです。我が家の家宝として、大切に使ってまいりたいと思います。

ちなみに私は大阪府堺市の藤光家具でKotiを購入しましたが、大阪周辺ではナフコ21スタイル、島忠ホームズなどでも取り扱っています。機会があれば、是非ご覧ください。

 

冨士ファニチア「Koti」@家具のコンシェルジュ楽天市場店

関連記事

アメリカーナビル4階の富士ファニチア大阪ショールームに行ってきました
アメリカーナビル4階の富士ファニチア大阪ショールームに行ってきました。アメリカーナには他にもシラカワやマルイチセーリング、マルニ木工、ナガノインテリア、イバタインテリア、モリシゲ、日本ベッドなどがショールームを構えています。ダイニングセットは「Koti」、ソファは「Aura」に決めました。
コスパ最強!20万円前後で買える「国産ダイニングセット」5選
冨士ファニチア、飛騨産業、カリモク家具、浜本工芸、秋田木工の20万円前後で買える国産ダイニングセットを5つ紹介します。国産家具は価格が高いと思われがちですが、材質や品質、デザインを見れば、むしろコスパは良いです。ナフコ21スタイル、東京インテリア家具、島忠ホームズ、IDC大塚家具など、お近くの家具店を回ってみてください。
ダイニングチェアはチョイ肘「セミアーム」がオススメというわけで20選
セミアームチェアはハーフアーム、ショートアーム、チョイ肘などとも呼ばれる、主にダイニング用の椅子です。一般的なフルアームと比べるとあまりリラックスできないかもしれませんが、座り降りの際に邪魔にならず、テーブルの下に収めやすいといったメリットがあります。富士ファニチア、ナガノインテリア、飛騨産業などの国産家具メーカーのほか、ニトリやIKEAにもあります。
マスターウォール大阪に行ってきました!ついでにベッド専門.ReXも
アカセ木工が作るウォールナット専門の家具ブランドのショールーム、「マスターウォール大阪」に行ってきました。ついでに同じビルの3階に2020年1月25日にオープンしたばかりのベッドルーム家具専門「マスターウォール.ReX大阪」も見てきました。ソファ、ダイニングセット、ボード、卓球台に至るまで、価格は高いですが品質は素晴らしいです。

コメント