『子育てママの私が片づけに夢中になった理由(仮)』発売中
スポンサーリンク

ラブリコアイアンかと思った!カインズ「kumimoku 2×4用アジャスター」

最近、どこのホームセンターに行っても平安伸銅工業の「ラブリコ」を見ます。ラブリコが発売されるまでは一部のマニアックな方が「ディアウォール」を使うなどして2×4材でDIYを楽しむ程度だったのですが、最近は随分と2×4材がインテリアの材料として使われるようになりました。

これって製材業界から表彰されても良いレベルの貢献度じゃないでしょうか。ホームセンターとしてもラブリコ様様だと思います。

ともあれ、あまりにどこに行ってもラブリコが店頭にディスプレイされているので、思わずカインズでも「またか」とスルーしてしまいそうになりましたよ。

 

kumimoku 2×4用アジャスター

カインズ「kumimoku 2×4用アジャスター」

出典:カインズ

こちらが思わずスルーしてしまいそうになったカインズのDIYブランド「kumimoku(クミモク)」の「2×4用アジャスター」です。上写真はシルバーなのでこれだけ見たらオリジナル商品だと分かりますけど、店頭にディスプレイされていたのはブラックだったので「ラブリコ・アイアン」だと思いました。

クミモクの2×4用DIYパーツには他にも多くのラインナップがあり、そこにシルバーのものが混じっていて、それで初めて「あれ?ラブリコ・アイアンじゃない!」と気付いた次第です。



ラブリコ・アイアンとの違い

平安伸銅工業・LABRICO DIY収納パーツ 2×4アジャスター ブラック IXK-1

前述のクミモクとラブリコ・アイアンの2×4用アジャスターを比較すると、いくつか違いがあることが分かります。まず、クミモクは真上からネジで固定するのに対し、ラブリコは横からネジで固定するようになっています。こういうのは前後左右方向に力が加わる可能性が高いことを考えると、真上からネジで留めるというのは割れやすくていけないですね。

また、2×4材は長手方向、つまり天地で突っ張る場合は天地方向に木目があるわけですから、木目と同じ向きにネジを留めると割れやすくなります。前後左右に力が加わると一瞬で割れる可能性があるので、残念ながらクミモクは構造からして欠陥品と言わざるを得ません。これはDIYブランドとしてのクミモクの地位を揺るがしかねない致命的ミスです。

それでいて、ラブリコのほうがちょっと価格が高い程度ですから、普通に考えてクミモクを買う理由はないでしょう。ただし、クミモクは日本製、ラブリコは中国製です。

クミモク2×4用パーツのラインナップ

商品名税込価格
2×4用アジャスター980円
1×4用アジャスター880円
ジョイント金具980円
Lアングル498円
水平棚受980円
2本連結金具498円
3本連結金具598円
スベリ止めシート2×4用178円
スベリ止めシート1×4用128円

クミモクには1×4用アジャスターもあり、こちらも同じように真上からネジ2本で留めるかたちです。横方向からの力に耐えるのは絶対に無理で、完全なる欠陥品です。

ジョイント金具は2本のバイフォー材を1本に繋ぐもの。Lアングルは棚受けとしても使えるもので、水平棚受はそれよりも簡単に水平を確保しやすい形状の棚受金具となっています。

2本連結金具や3本連結金具はコンセプト的には和気産業の「ウォリスト」みたいな感じですね。価格は安くて良いですけど、2~3本のバイフォー材を束ねつつ棚受け金具にもなるウォリストのほうが合理的なようにも思います。

スベリ止めシートはEVA発泡シートで割りとツルツルしており、果たしてこれで滑り止め効果があるのかしらと思ってしまいます。天井の壁紙を傷める心配は少なそうですけどね。

ちなみに、スベリ止めシート以外はすべて、ブラック、ホワイト、シルバーの3色展開です。

 

というわけで色々とケチをつけてしまいましたが(苦笑)、とにかくクミモクのアジャスターの構造は普通に考えてあり得ないです。20kgという最大耐荷重を前提にすればそこまでシビアに考える必要はないということなのかもしれませんけど、それにしても木材の特性というものを無視し過ぎていると感じます。

ちなみに、ウォリストの「突っぱりジャッキ」も2×4材の上から被せる構造です。どう考えたって、平安伸銅工業や和気産業のほうがDIYパーツを扱うメーカーとしてマトモ。対してカインズはこの商品でかなり下手を打ったと思います。

関連記事

待ってました!「ラブリコ・アイアン」に伸縮アイアンロッドが登場
平安伸銅工業の「LABRICO IRON(ラブリコアイアン)」シリーズに加わった新パーツ「伸縮アイアンロッド」は、突っ張り式ではないけれど、長さを調節できる専用のハンガーパイプです。
ラブリコに手軽に棚を追加できる!平安伸銅工業「シェルフサポート棚受」
平安伸銅工業の「シェルフサポート棚受」は「LABRICO(ラブリコ)」に手軽に棚を追加できる棚受パーツです。従来品は支柱を通すため棚板の追加が大変でしたが、新商品は手軽に後付けできます。また、コンパクトで見た目がスッキリしているのがメリットです。
ディアウォールよりいいぞ!2×4材を使って突っ張るDIYパーツ「LABRICO(ラブリコ)」
平安伸銅工業の「LABRICO(ラブリコ)」は、若井産業のディアウォールのように2×4(ツーバイフォー)材を使って天井と床の間を突っ張ることができるDIYパーツです。ネジでジャッキアップする仕組みなのでシッカリ安定します。
ディアウォールやラブリコとは違う!2×4材を束ねて板にする和気産業の「ウォリスト」
前回は和気産業にお邪魔したお話をしましたが、今回はその続きで新商品の「Walist(ウォリスト)」を紹介したいと思います。 上の写真はウォリストを使ってDIYした実例です。この壁面収納家具は、主に2×4材(ツーバイフォー材)と...

コメント