スポンサーリンク

ダイソー「イージーロック®ジップバッグ」はマジックテープ式の保存袋

チャック付き保存袋(フリーザーバッグ、ジップロック、食品保存袋)イメージ

ジップロックなどのチャック付き保存袋は現代の必須アイテムのひとつです。食品を入れて冷凍したり、お菓子を詰めるだけでなく、水濡れを防ぐために使ったり、細かな部品を紛失しないように収納する用途でも使われます。

とても便利で、かつ安価なため多用されるわけですが、チャックの部分がうまく閉まらなくてちょっとイラッとすることってありませんか?

そんな方に朗報です。ダイソーでマジックテープ式の保存袋が新商品として発売されましたので、今回はそのレビューをお届けしたいと思います。

※この記事は2023年1月24日時点の情報に基づいています

 

ダイソー・イージーロック®ジップバッグ

ダイソー・イージーロック®ジップバッグ11×13cm 4枚入り 4550480194257

JANコード4550480194257
品番クリアギフトバッグ4257
サイズ11×13cm
入数4枚
材質ポリエチレン、PET
耐冷温度-20℃
製造国日本
税込価格110円

ダイソーの新商品「イージーロック®ジップバッグ」は普通ならチャックになっているところがマジックテープ(面ファスナー)になっている保存袋です。

袋の大きさは11×13cm、封入可能な面積はおよそ9.5×8.5cm程度(収納マン実測)です。ほかにもう一回り小さい8×11cm(5枚入り)もあります。

本当にマジックテープ

ダイソー・イージーロック®ジップバッグはマジックテープで封をする

一般的なチャック付き保存袋は封をするところが凸と凹を噛み合わせるライン状ですが、こちらはマジックテープです。そのため、キレイにラインを合わせなくても指全体で押すだけで袋を綴じることができます。

なお、一般的なマジックテープは片面がループ状でもう片方が「J」の字でループに引っ掛かる構造になっていると思いますが、こちらは両面ともナイロンタイを植毛してギリギリまで刈り取ったような感じです。

Easylock by Aplix®

パッケージに「Easylock®」という表示があったので調べたところ、フランスのAplix(アプリックス)という企業が持つ商標であることが分かりました。アプリックスは面ファスナー専門のメーカーです。

アプリックスは日本に工場を持っていないので、ライセンスを得て日本のメーカーが作っているのだと思います。

粉ものはNG

ダイソー・イージーロック®ジップバッグは粉ものNG

動画では粉ものを保存するにも最適であるように紹介されているので、試しにインスタントコーヒーの粉をイージーロック®ジップバッグに封入してみました。しかしながら、何度も振っているうちに粉が袋の外に出てきてしまいました。基本的に粉ものには向かないと考えたほうが良さそうです。

なお、イージーロック®ジップバッグの使用上の注意には”直接食べ物に触れさせないでください”と記載されています。本家アプリックス製は別として、こちらは食品衛生基準を満たしていないということなのだと思います。

液体もNG

ダイソー・イージーロック®ジップバッグは液体もNG

マジックテープなのでおそらくそうだろうなとは思いましたが、水道水を入れたうえで封をしてもダダ洩れでした。液体はNGです。当然、空気も通すので、湿気が入り込む余地もあります。

ネジを入れてみた

ダイソー・イージーロック®ジップバッグにネジを入れてみた

空気を通すということはつまり、封をした後で空気を抜く手間がないということです。それをメリットと考えれば、たとえばネジなどの細かい部品を保管するのに便利かもしれません。クリップや大きめのビーズなどを収めても良いでしょう。

ちなみに、使用上の注意には”尖ったものや鋭利なものを入れないでください”とも書かれています。その点で言うと、木ネジはNGということになります。ボルトやナットなら問題ないでしょう。

 

以上、ダイソーのイージーロック®ジップバッグを使った感想としては、”プチッと閉じて気持ちいい”とか”クセになる閉め心地”というのはちょっと分からないんですけど、一般的なジップバックと比べてラインずれによる封印ミスが少ないという点でメリットがあると感じます。子供や年配者でも扱いやすいと思います。

ほか、前述の通り空気を通すので、空気を押し出すのが簡単というのもメリットと言えるでしょう。完全に密封されるわけではないというところが用途開発の肝になりそうです。

私が調べた限り、現状ではイージーロック®の保存袋は日本ではまだダイソー以外で売られていないようです。サイズも小さな2つのみ。もうちょっと大きな袋じゃないと用途が広がらないように思います。

また、使用上の注意には”本来の用途以外に使用しないでください”とも書かれているのですが、そもそも本来の用途が何かが明示されていません(苦笑)そういったところも含め、販売方法にはまだ改善の余地がありそうです。

ダイソーをはじめ100円ショップで一般的なチャック付き保存袋は同じくらいのサイズで40~50枚入り、かわいいデザインのものでも10枚前後は入っています。その点で言うとイージーロック®ジップバッグはかなり割高感がありますが、使い方次第では面白そうな商品であることは間違いないと思います。

関連記事

食品以外の収納専用!?「ジップロック(R)スタイル」がネット先行発売
食品以外、日用品の収納に最適化された「ジップロック(R)スタイル」が2019年5月22日からネットショップで先行発売されます。これまでのラインナップにはなかったA3サイズに近いXLを用意したことが最大の特徴。100均のものと比較するとちょっと割高感はありますが、品質重視で使いやすいのではないでしょうか。
100均「注ぎ口付き袋クリップ」なら調味料を袋のまま詰め替えずに使える
100均セリアでスルガの「注ぎ口付き袋クリップ」を購入しました。食塩などに適した計量タイプと、砂糖やマカロニなどに適した広口タイプがあります。小久保工業所のミニフタックルと比較するとミニフタックルのほうが湿気の心配が少なくて良さそうです。
パスタが約1.5kgも保存できる!ダイソー「密封フードストッカー」
ダイソーの「密封フードストッカー・クリア」1.5Lサイズはパスタを収納するケースとして最適です。完全に密封されているかどうかは怪しいですが、一般的な100均のパスタケースよりは安心だと思います。
袋止めクリップよりも密封性が高い!クラレ「エニーロック」
以前から気になっていたクラレの「Anylock (エニーロック)」を使ってみました。一般的な袋止めクリップよりも確実に密封できて液体や粉が漏れないのがメリットです。半面、サイズを選ぶ必要がある、袋の厚みによっては綴じられないことがあるのがデメリット。
収納グッズ・家具キッチンリビングダイニングダイソー
収納マンをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
New!収納教える.コム

コメント