スポンサーリンク

サイドオープンもあるシンク下用ゴミ箱!天馬「シンプルダストボックス」

10年以上も前になるでしょうか。カタログ通販でシンク下引出し用のゴミ箱を見つけたとき、私は「こんなのはほとんど需要がないだろう」と思っていました。

海外のキッチンでは見かけますが、日本の狭いキッチンでは鍋などの収納スペースにも事欠くくらいなので、ゴミ箱を収める余裕などありません。また、臭いを気にする方も多いですから、日本人には向かないだろうと考えていました。

しかしながら、調理器具も調味料も出しっぱなしで、システムキッチンに収めるモノが特にないというお宅もあります。そんなお宅にとってはシンク下はゴミ箱を収めるには格好の場所なのでしょう。山崎実業のtower(タワー)シリーズの「シンク下蓋付きゴミ箱」(下写真)が存在感を示しています。

ヒット商品が出れば他のメーカーから類似品が登場するのが世の常です。天馬からもソックリな商品が発売されましたよ。

※この記事は2023年1月24日時点の情報に基づいています

 

天馬・シンプルダストボックス

このたび天馬から発売されたのは「シンプルダストボックス」という商品です。3タイプ用意されているのですが、いずれもPP(ポリプロピレン)シートを組み立ててフタを被せる構造です。それなのに、3千円以上もします。

最初は「もっと頑丈なゴミ箱がもっと安くで買えるのに、こんなものを買う人っているの!?」と思いました。でも、よく考えたらtowerのシンク下蓋付きゴミ箱も同じ構造で、やはり3千円くらいするわけです。ほかの零細メーカーならともかく、大手の天馬なら売れる見込みは十分あります。

天馬独自のワイドオープンタイプ

しかも、天馬のシンプルダストボックスにはワイドオープンタイプ(上写真)もあります。こんな風に収納しちゃったら奥のほうが使いにくいんじゃないかと思いましたが、排水管が邪魔になる場合などはこのほうが良いのかもしれません。

グレーもあり

towerシリーズは基本的にホワイトとブラックの2色展開です。一方で、天馬のシンプルダストボックスにはホワイトとブラックに加え、グレーも用意されています。

ただし、3タイプのうち「スリムオープン35L」だけは白と黒の2色のみです。

PPシートだからサイズ調整も可能?

山崎実業(Yamazaki) シンク下蓋付きゴミ箱 ホワイト 約W19XD40XH35cm タワー 折り畳んで運べる 5333

※シンク下蓋付きゴミ箱の場合

天馬のシンプルダストボックスは基本的にtowerのものと構造が同じです。towerのシンク下蓋付きゴミ箱はPPシートをカットすることで高さ調整ができるということですから、同じ構造である天馬のほうも同様にして高さを調整することが可能だと思われます。

シンク下と一言で言ってもスペースはマチマチなので、サイズ調整可能という点ではPPシート製であることはメリットと言えそうですね。

towerシリーズとの比較

天馬・シンプルダストボックス
商品名容量サイズ(cm)税込価格
ハーフオープン20L20×40×313,280円
ワイドオープン20L40×20×313,280円
スリムオープン35L20×40×504,380円

※価格はテンマフィッツワールドの場合

山崎実業・tower
商品名容量サイズ(cm)税込価格
シンク下蓋付きゴミ箱22L19×40×352,970円
スリム蓋付きゴミ箱35L19×40×543,300円

※価格はamazonの場合

天馬のシンプルダストボックスをtowerシリーズのものと比較すると、価格はtowerのほうが最大25%も安いです。一方で、天馬のほうが高さが低いので、シンク下に収めやすいサイズと言えるでしょう。

あと、シンク下蓋付きゴミ箱towerのほうが開口部が広く、シンプルダストボックスのほうが引出しを奥まで引き出さなくてもゴミを捨てやすい開口部の大きさと言えそうです。このあたりはニーズ次第でしょうか。

 

というわけで、天馬のシンプルダストボックスは山崎実業towerシリーズの商品によく似ていると感じますが、かと言って独自性がないわけではありません。状況によってはtowerシリーズよりも収まりが良いこともあると思います。

また、ホワイトとブラックの2色だけでなく、グレーもあるというのもポイントではないでしょうか。類似品とは言え、シンク下用のゴミ箱は山崎実業が特許を持っているわけでもないので、その点でもグレーだと主張しているように感じます(笑)

関連記事

天馬が紙袋を発売!?「ショッパーダストバッグ」はPP製のオシャレなゴミ箱
天馬の新商品「ショッパーダストバッグ」はポリプロピレン製のオシャレなゴミ箱です。デスクやテーブルの上に置いたり、フックに掛けられるサイズ感。持ち手が革なのでとてもオシャレで自然な感じに見えます。普通に収納ボックスとして使っても良いでしょう。
オシャレなのに機能的!山崎実業「米びつTOWER・シンク下&袋ごと」
山崎実業の「シンク下米びつTOWER」と「袋ごと米びつTOWER」はシンプルでスタイリッシュなのに機能的なライスストッカーです。前者は最後までお米をすくいやすく、後者は米袋をそのまま収納できます。また、いずれもパッキン付きで密閉が可能ですが、フタが閉めにくいうえに壊れやすそうです。
山崎実業「マグネット&シンク扉ゴミ箱TOWER」に上手にポリ袋をセットする方法
山崎実業の「マグネット&シンク扉ゴミ箱TOWER(タワー)」(ホワイト:4268、ブラック:4269)は洗面脱衣所やキッチンの扉に引っ掛けて使えるので便利です。しかし、ポリ袋を上手にセットするのが難しく、フタを開けると袋が外れてしまう欠陥品でもあります。私はセリアでPPシートを買ってきてひと工夫することで解決しました。
収納マンの初KEYUCAは新商品!「arrotsダストボックスpush」
KEYUCA(ケユカ)の新商品「arrotsダストボックスpush」を購入しました。従来品はペダル式ですが、こちらはプッシュオープン。袋留めの形状が変わり最大2分別に。また、キャスターは別売となっています。カチッと開閉できるのが最高に気持ち良いです!
収納グッズ・家具キッチン天馬
収納マンをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
New!収納教える.コム

コメント