スポンサーリンク

IKEA、ニトリ、無印良品で!安くて手軽で安全なオススメのミラーをピックアップしてみた

お片づけブログメディア”cataso(カタソ)”に収納マンの新しい記事が公開されましたのでお知らせします。

リビングの雰囲気を明るくするには?「鏡・カーテン・照明」がポイント! | cataso[カタソ]
家族が一緒に居る時間が長いリビングルームは、できるだけ居心地のよいインテリアになるよう工夫したいものですね。今回はリビングルームを明るくしたいとお悩みの方からご質問を頂きました。鏡・カーテン・照明を変えるとお部屋の雰囲気が変わりますよ。

先日、売場が広いアパレルショップに入りました。グルッと店内を一回りしてから棚の向こう側の売場に行こうと思ったら、どうにも向こう側に行く通路が見当たりません。「あれ?」と思ったら、棚の奥が鏡張りになっているというオチでした(笑)

最初に”売場が広いアパレルショップ”と書きましたが、それは私の目の錯覚で、実際は私が思っていた半分の広さしかなかったわけです。皆さんもそんなご経験があるのではないでしょうか。

 

今回のカタソの記事でも書いたように、鏡には奥行を広く感じさせたり、光を反射して明るく感じさせる効果があります。また、ステンレスやガラスと同様に、キラリと輝く鏡はラグジュアリー感を漂わせることもできます。自分の顔を映し出すといった実用性もあり、下手な絵を掛けるよりもよっぽどインテリアに効果的なのです。

というわけで今回は、IKEA、ニトリ、無印良品などで手軽にインテリアに活用できるオススメの鏡をいくつかピックアップしてみたいと思います。

※すべて2021/05/20現在の価格に修正

 

IKEA「SKOGSVÅGミラー」

IKEA(イケア)には期待通り安い鏡もあれば、IKEAのくせに意外と高価なものまでピンキリです。もちろんその価格差はカジュアルなものから本格的なものまで鏡そのものの品質が大きく影響しているんだと思いますけど、私自身は鏡の精度にまったくこだわらないので気になりません。

そんな私がIKEAの鏡でオススメするのは、「SKOGSVÅG(スコグスヴォーグ)ミラー」です。IKEAでの価格は税込2,999円とカジュアルなほうですので、鏡そのものの品質はウルサイ方には満足できないかもしれません。しかし、SKOGSVÅGミラーはこのお値段で天然木を使っているんです。

SKOGSVÅGミラーは天然木と言っても一部にビーチ(ブナ)突板が使われているだけですが、安い鏡の枠で天然木を使っていることは稀で、比較的よく使われるのがパイン材。しかしパイン材は反りやすく、鏡との間にすき間が生じやすいんですね。下手に無垢(集成材)を使わずに突板を使うことで反る心配がなく、質感も良い感じにしてくれています。

2019/09/09追記:SKOGSVÅGミラーはいつの間にやら廃番になってしまったようです。現在同じ価格(2,999円)で販売されている「NISSEDAL(ニッセダール)ミラー」は天然木突板ではなくフォイル仕上げ。残念です。

IKEA「PLOMBOミラー2枚セット」

IKEAのスコグスヴォーグが廃番になってしまったので、代わりにちょっと変わり種を紹介したいと思います。「PLOMBO(プロムボ)ミラー2枚セット」は円形のミラーで、ネジ1本で壁に直接取り付けるようになっています。そのため、鏡がズレる心配がありません。

プロムボは横から見るとキノコのような構造になっており、ハンガーなどを掛けることができます。そのため、上写真のように洋服を掛けると、観光地の顔ハメ看板のようにコーディネートを確認することができますが、たぶん普通に鏡の前で洋服を片手で持って見るほうがやりやすいです。

価格は2枚セットで税込1,299円。手頃な価格も相まって、インテリアとしては遊び心があって良いと思います。

 

ニトリ「ウォールミラー(ソレイユ)」

壁に鏡を掛けるとき、紐が緩んでしまわないか心配になりませんか?また、紐なら長さを調整しやすい反面、どれくらいの長さにするのが良いか分かりにくく、フックの位置を決めにくいです。

ニトリの「ウォールミラー(ソレイユ30120)」ならそんな不安はありません。こちらは紐ではなくスチールワイヤーが付属しているので、結び目がほどけないか心配する必要がないのです。

フレームレスゆえ、ぶつけて欠けたりしないかという心配もあるでしょうけど、その代わりに存在感がなくお部屋に自然に溶け込む感じが良いと思います。また、ガラス製であるにもかかわらず約3.46kgと軽量で、価格も税込2,085円とお手頃です。

 

無印良品「壁に付けられる家具・ミラー」

鏡を掛ける際に紐の結び方や長さで困ったり、フックを用意するのが面倒だったり、どんなフックを使えば良いのか迷ってしまったり。鏡を壁に掛ける際は意外と様々な不安が付きまとうものです。実際、私は壁に鏡を掛けるためだけにクライアントに呼ばれたことがあります。

その点、無印良品の「壁に付けられる家具・ミラー」なら不安なく取り付けできます。「壁に付けられる家具・ミラー」には東洋工芸の「かけまくり」が付属しており、石膏ボード壁であれば紐を使わずにしっかりと、しかも簡単に掛けることができます。紐を使わないので鏡が傾くこともありません。ちなみにこの鏡は縦にも横にも掛けられます。

幅32.5×奥行2×高さ100cmの中サイズで税込6,990円というのは、無印良品にしては、もしくは無印良品らしく割高に感じますけど、枠がオーク無垢のウレタン塗装で、フックも付属していることを考えれば、妥当、もしくは割安な価格ではないかと思います。ただし、残念ながら壁に付けられる家具・ミラーは2021年春夏カタログにも掲載されているもののすべての店舗に在庫がなく、廃番になるのかもしれません。

 

ミラリスト「かがみのカタチ・クリスタル角」

無印良品の壁に付けられる家具よりもっと安定しているのが、ミラリストの「かがみのカタチ・クリスタル角」です。こちらは石膏ボード壁にピンでMDFの板を取り付け、そこにガッチリとハメこむ構造になっています。そのため、体がぶつかっても揺れません。

鏡の中央付近で壁と平行になるように取り付けるので、鏡が傾いていないのもポイント。シンプルですが、自然に自分の姿を見ることができます。

価格は9,990円と決して安くありませんが、サイズや形状が多数用意されているので、ちょっとこだわりたい方には良いと思います。

 

東プレ「割れない鏡・ニューはるピタ」

もっと簡単に壁に取り付けできて、しかももっとも安全なのが、東プレの「割れない鏡・ニューはるピタ」です。私も自宅で使っていますが、壁紙に吸着させるだけでOKで、しかもガラスではなくPETフィルムと耐衝撃性スチロール樹脂でできているので割れません。子供が家の中で走り回っても全然問題ないです。

ただし、ちゃんとした鏡ではなく樹脂でできたものですので、多少のゆがみは生じます。アマゾンでのレビューを見ると散々です(苦笑)私は全然気にならないんですけどね。むしろ実物よりも男前に映っているように思いますが(笑)

 

以上、IKEA、ニトリ、無印良品などで、安くて手軽で安全なオススメのミラーをピックアップしてみました。本当に鏡が好きな人には到底満足できるようなシロモノではありませんが、手軽に鏡のある生活を始めるにはもってこいのものばかりだと思います。まずこれらの手軽なものから試してみて、納得してからいろいろとこだわってみても良いのではないでしょうか。

関連記事

割れない!壁紙に貼り付けるだけ!の鏡、「ニューはるピタ」
お客様から、「姿見(鏡)を置きたい」というご相談をよく頂戴しますが、小さなお子さんがいるので危ないという話になることも多く、意外と簡単なようでそんなに簡単でもありません。ところが先日、興味深い商品を見つけました。割れないミラー「ニューはるピ
壁に付けられる家具のミラーより秀逸!「かがみのカタチ・クリスタル角」
ミラリスby松村鏡店のウォールミラー「かがみのカタチ・クリスタル角」を購入しました。無印良品の「壁に付けられる家具・ミラー・中」のように石膏ボード壁に掛けられることが特徴のひとつですが、こちらのほうがガッチリ取り付けできます。また、国産で品質が良いと思います。
床タイル、鏡、フックまで!?貼って剥がせるニトムズの「デコルファ」がスゴイ
貼って剥がせるニトムズの「デコルファ」がスゴイことになっています。床タイル、鏡、フックまで、ラインナップが豊富に。柄も豊富です。
インテリアは照明が命!無印良品・ニトリ・イケアの「収納に活かせる照明器具」のオススメ
モデルルームのインテリアが素敵に見えるのはなぜでしょう?設備が新しいから?家具がオシャレだから?洗練されたファブリックを使っているから?もちろんそれらはインテリアの要素のひとつですが、一番重要なのはやっぱり照明です。 逆に考え...

コメント